宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

「因果関係=心理学」で考える 2017.2.25

とりあえずインタグラムもアカウントはもってて、たま~に気が向いたときに投稿してるわけですが、この写真がいきなり拡散している。
b0002156_2374561.jpg


三男、おにぎり怪人。普段はスプーンで食べさせるのだけど、手が離せないときは一口サイズのおにぎりにして、お皿に出して与えることがある。おそらくそのお皿を持ち上げて、ダイレクトに食べようとしてこうなったんだろうけど、本人は大真面目な顔だけに笑った。面白がってインスタに投稿したら、外国人にも大ウケして拡散している。


なるほど、これがインスタの破壊力なのか。ツイッターやフェイスブックと違って、「画像」だけで直感的に拡散されるから、その速度も速いし、なにより言葉が要らないからワールドワイド。今、一番勢いのあるSNSってのもわかる気がする。フェイスブックはかなり減速してるようで、もしかしたら今はインスタとLINEの二強時代なのかな。また新しいのは登場すると思うけど。


ところで5月の「夢なにチャリンコトークライブ」は若干路線を変更し、こうしました。

7日(日):新潟市(ライブ)[新潟県]
8日(月):新潟市→魚沼市88㎞
9日(火):魚沼市→飯山市78㎞[長野県]
10日(水):飯山市→長野市30㎞(ライブ)
11日(木):長野市
12日(金):長野市→前橋市118㎞[群馬県]
13日(土):前橋市→日光市84㎞[栃木県]
14日(日):日光市→加須市74㎞[埼玉県]
15日(月):加須市→新宿54㎞(ライブ)[東京都]

b0002156_239267.jpg

5月7日(日)の「福岡→新潟」の飛行機は購入していますので、その日に新潟でトークライブし、8日からチャリをスタートするのは決まり。10日に長野市でライブをして、11日はゆっきーはじめチャダルメンバーが来るようなので、終日、観光。


後半は高崎市ライブは中止にして、群馬県、栃木県、埼玉県でそれぞれ一泊することに。と言うのも、47都道府県全泊するのを目標にしていて、この機会にと思いましてね。これを達成すると、まだ泊まってない都道府県は高知県、岡山県、鳥取県、山形県だけになるのかな。


こう見ると自転車に乗る日は7日間しかなくて、ちょっと物足りない気もする。これからもどんどんやってきますけどね。自転車でのトークライブは、ある意味、地方でセミナーをするためのいい手段と思っています。いずれ47都道府県すべてを自転車で周りながらトークライブしたい。一か所で千人規模のホールにて。きっとできるだろう。2020年以降くらいに。


そんなこんな、インドの旅が終わってすぐに次の旅を考えてしまうのですが、ワクワクするものだから仕方がない。3月は沖縄(久高島・パナリ)、4月はロンドン・マルタ、5月は自転車。そして6月は「八重山(石垣・西表・新城)」のツアーをしようかと考えていて、7月は河口湖でザ・ストリートビーツのドラマー牟田昌広さんとセロトニン合宿。8月はQ州ツアーをしようかと考えてますが、9月のエジプトは今年は却下で来年2月になるかと。でももしかしたらニューヨークに「仕事」で行くことになりそう。あと、韓国も「仕事」で行きたいな。そうなったら釜山からソウルまでは自転車。


そうやって「旅」のことを考えているとワクワクしてきて、この「ワクワク」がさらなるワクワクな現実を引き寄せるってのが「引き寄せの法則」の醍醐味なんですね。ところで今回のチャダルでつくづく思ったのが、価値観の合うグループでの旅の素晴らしさ。


何が素晴らしいかって、一つは「語り」にあります。食事は毎回テントでして、寒いし、他にすることないしで、かなりディープに語りました。寝るときも二人テントで遅くまで語りました。
b0002156_2412563.jpg


そこで語った内容こそが、帰国してから最も生きてくるところ。あるテントではウィリアム・マクニールの『世界史』が必読だってことを力説しました。もし彼が帰国後に『世界史』をしっかり読んでいたなら、人生は間違いなく変わる。


なぜそんな話になったのか。それは物事の「因果関係」の大切さ。相関関係ではなく「因果関係」で物事を考えることが、たとえばビジネスにおいても不可欠って話。マクニールの『世界史』は単なる事実の羅列ではなく、歴史を「読み物」としてしっかり読ませてくれる上、「~史観」のようなイデオロギー臭さがあまりない。どちらかと言うと唯物論的な「因果関係」から歴史を紐解いているところが面白く、これは未来を「因果関係」で予測する上で非常に役に立つ。


そう考えたのは、成功とか幸せにも「因果関係」が重要だって話から。それは私自身を振り返って見ることから考えさせられた。12年前、無一文で独立して、今は曲がりなりにも月収100万円を切ることがなくなり、本も6冊出しており、子ども3人に家族も仲良く健康。その上で好き勝手させてもらっている。


そのような「現実」を作った背景には、間違いなく「因果関係」があり、それは単にブログを書くとか、滝行をするとか、本を読むとか、そんな表面的なことじゃない。その根本になるのが「考え方」であり、それを裏付ける「心理学」にある。


つまり「因果関係=心理学」であって、これをきちんと定式化、つまり「メソッド化」できればかなり面白いことになる。昨年6月にコラボをした脳科学コンサルの杉本氏は、その辺のメソッド化のプロであり、今回のチャダルメンバーの一人に杉本氏の愛弟子がいた。


だからこそか、今回のチャダルでは、私自身をモデルにした再現性ある、因果関係の明確な「メソッド」を確立する必要性を認識したのでした。


少なくとも私にはエビデンス(証拠)があります。12年前はゼロだったことは、12年前のブログを読めばわかるし、今の状況は少なくともアマゾンで「石田久二」と検索すればおよそ推測できる。曲がりなりにも本を六冊だして、これからも出し続けるようになるには、それなりの背景が必要ってことだから。


そんなわけで、最近のテーマは「心理学」で、その意味では3.11の薄井先生との「超心理学⇒超意識メソッド」のセミナーは、私にとっても大いに役立つ内容と言えるでしょう。これまでの12年間の「因果関係=心理学」をこれから確立する。それがチャダルで改めて受け取ったミッションなんです。


そして3月12日には私単独のセミナーを予定しています、これもテーマは「因果関係=心理学」で、今現在伝えられる限りのメソッドをお伝えしようと考えています。こちらは週明けにもご案内しますのでお楽しみに!そんなとこで、いろんなことが始まります。ありがとうございました。

 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-02-25 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン