またしてもQさんと出会ってしまった! 2017.2.6

どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


昨晩から次男が急に熱を出してしまい、インフルエンザの疑いもあるので朝一番で病院に連れて行きました。昨日は39度まで急に上がったので、これはインフルだな~と思ったのですが、今朝になって37度台に下がっていた。一応検査をしたところ陰性。あの検査、めちゃめちゃ痛くてかわいそうだったなあ。その後は不動産屋に行きまして、気が付けば2時前でした。あ、「天使企画」がまだ進んでいない。インドの準備もあるし、いろいろやることあるのでして~。


いつくかご案内。


■2月9日(木)/東京/宇宙となかよし塾~宇宙の仕組み・人生の秘密~
■2月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾24(無料)~空~
■3月11日(土)/東京/薄井先生との「超心理学」のコラボセミナー
■3月12日(日)/東京/単独セミナー
■3月13日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~宇宙の仕組み・人生の秘密~


なんか変なのがありますね。まず今日急に決まったのが2月9日(木)の東京。10日に成田に飛ぶ予定にしてたんですが、福岡が雪らしく、飛ばない可能性が高くなってきた。そこで前倒しで変更したのですが、せっかくなので「宇宙となかよし塾」を東京でやろうと思いまして。場所は神田です。めっちゃスピな話ばかりしたい。

そして2月27日(月)は福岡での「宇宙となかよし塾」ですが、「月イチ」としてはちょうど二周年になりましたし、今回限りで会場を無料で借りれますので、いっそのこと「無料」にしちゃいました。もちろん今回限りですが「空」ってテーマで、ハチャメチャやります。ワンコイン時代の原点回帰で時間も普段より短め。

3月は東京で薄井先生とのコラボなど。ビリーフチェンジ個人セッションもやります。そして毎年恒例の沖縄での「宇宙となかよし塾」もやりますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


さて、今日は朝ではなく昼過ぎにLINEメッセージを配信しました。15分もの長い話となりまして、途中、「ギャンブルで大儲けする方法」みたいな雑談も挟みましたが、最終的には「先祖供養」の話で着地。

墓参りに行かずとも先祖の魂を癒す方法。それは、「ありがとう」と「ごめんなさい」を先祖に向かって言うこと。念ずるだけでもいい。


私の命をつないでくれたことに関する感謝。ありがとう。先祖の期待に十分に応えることができてない、まだまだ未完成な自分に対する懺悔。ごめんなさい。この二つの言葉で先祖の魂は癒え、そして先祖の徳を受け、嫌なことが起こりにくくなります。願いがかないやすくなります。


そんなこんな話をしたあと、一冊の本がAmazonより届きました。天明茂著『なぜ、うまくいっている会社の経営者はご先祖を大切にするのか』(致知出版社)です。先週の出張時に「先祖」の話が立て続きまして、いろいろ興味が出てきたのでタイトル買いしちゃいました。実に致知出版社らしい内容です。


いろんな話が紹介されています。一つは「内観」について。「内観」にはきちんとしたセオリーがありまして、専門の研修も昔からよくあります。元々は仏教で「一人で山中に座して飲まず食わず一週間から十日ほど、ただひたすら自分の過去を内観することによって悟りを得る修行法」だったそうです。

それが今ではこのような形で行われている。「自分の内を見つめること」ですが、具体的には

① してもらったこと
② して返したこと
③ 迷惑をかけたこと


の三つを、成長段階を追って思い出すこと。小学校低学年、高学年、中学、高校、、、それも母、父、配偶者へと続きます。具体的に思い出します。すると不意に涙があふれ出る体験があり、心が一気に浄化され、軽くなり、本当の自分として改めてスタートを切ることができる。人によっては幼少期からさらにさかのぼり、生まれる前、前世まで思い出すこともあるそうで。


今回のインドでは「歩く」「食べる」「寝る」以外にすることがないそうなんで、思いっきり内観をしたいと思っています。そして「過去生」の自分に会い、魂を癒すミッションも完遂します。


そして本書では「家系図」の話に進むのですが、とにかく素晴らしいことがたくさん起こる。問題は解決され、家のエネルギーが強くなることで、子孫も産まれ、そして財を残す。

そして「家系」もずっとずっとさかのぼれば一つに収れんされる。それを村上和雄さんの言葉を借りて「サムシング・グレート」と呼び、そこから大いなる応援が得られるようになる。先祖を敬う、家系図を作成する。そのことで自らの確かさともつながり、無限のエネルギーを手にすることができるわけだ。


そうやって「家系図」のセオリーを解説しつつ、いろんな事例が紹介されます。その中でまたまた驚くべき個所に出会います。これだ。
b0002156_4151476.jpg


薄井先生の『サイン~』でも事例として「Qさん、Q島」が出てきてるのですが、ここでも「Q社長、Qさん、Q家」が登場します。このQさんは物流業務で成長してきた会社の三代目。祖父が出資し、父が事業を育て、Qさんはそれを受け継ぎます。しかし、精神的にも実際上も、会社に「居場所」がない。会社の仲間にも溶け込めない。そんな悩みを抱えていました。


そこでこの本の著者さんと出会い、「家計分析」を始めるのですが、Qさんは幼少期のことを思い出しました。

Qさんが幼少の時に両親は離婚しており、Qさんは祖母に育てられてきた。最後に母と別れた日、タクシーで家を出たお母さんを走って追いかけたことを思い出した。必死に走ったがタクシーに追いつけるはずはなく、力尽きてその場にうずくまってしまう。祖母が迎えに来て家に戻る時の悲しさ、悔しさを昨日のように思い出したという。


Qさんは大いに涙を流すのですが、そこでこう言われます。


「お辛かったでしょうね。でも、あの時の、タクシーの中からあなたを見送っていたお母さんの気持ちを考えたことがありますか?」


Qさんは愕然とします。確かに今まで母の立場に立って考えたことは一度もなかった。小さい我が子を残して出て行ったときの母の悲しみはどんなに大きかったことか。初めて母の愛を感じ、Qさんはとめだなく涙を流すのでした。

それを機に、周りのことを自ら考えるようになり、周囲との溝も埋まり、居場所を取り戻したと言います。そして今、事業を引き継ぎ「家族愛、郷土愛」を軸にさらなる百年に向け、Q社長は新たな挑戦をが始まっているとのこと。


・・・私の両親は離婚もしていませんし、ここでのQ社長のような経験もないのですが、なぜか妙に心が打たれました。そう言えば私も「Q社長」には違いないけどね。で、Q社長はいわゆる「喪失体験」を未消化なままに大人になり、それが人間関係始め、いろんな問題の原因になっていました。それを「家計分析」によって解決したって話ですが、思い出した。


先日、薄井先生から私の前世について「チベットで修行をしていたのだけど、なぜか恩師から裏切られ、その悲しみ、悔しさが残っている」と言われました。今回のインドはその時のトラウマ、喪失体験を癒しに行くんだと。


このQ社長の話と、どこか通じているような。『サイン~』でもQさんとQ島(久高島)が出ているように、本書のQさんも私に何かを訴えかけている。やっぱり今回のインドは完全に導かれている。本書との出会いもそうだけど、必要なピースがどんどん揃いつつあるようだ。3月の久高島も含め、本当に何かが起こりそう。宇宙の息吹を感じています。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-02-06 23:39 | ■精神世界