はじめに金額ありき 2017.1.28

今年最初の東京出張。順調に羽田に着きまして、新宿の宿にチェックイン。そして夜は「宇宙となかよし塾」なるイブニングセミナー。例によって2時間半、ぶっ通し!参加者さんからいろんなご質問に答えながら、一気に進めます。今日は(も)かなりキワドイ話があったかもですね。
b0002156_1823778.jpg


ところで「お金」に関する質問もいただいたのですが、「天使企画」でも「月収100万円」の多いことですが、その返答として「手段」からのアプローチがあります。たとえばインターネットを使ったビジネス、セミナー、コーチ、コンサル、営業、販売、文筆など諸々。そのような「手段」による積上げがなければ現実的には「月収100万円」など達成できませんが、逆説的にも「手段」ばかり考えているとなかなか達成しないことがあります。


たとえば、「アクセサリー販売」を手段とした場合、普通に計算すると月商100万円に到達するには、1万円のアクセサリーなら100個、10万円なら10個、千円なら千個売る必要があります。つまり「値付け」と「マーケティング」による戦略が重要で、普通はこのように考えます。


しかし、「月収100万円」を到達するための究極の方法ってのがありまして、それはただ単に「月収100万円になりました」と毎日唱えるだけ。ただし、初日だけは15分間集中して唱える必要があり、それ以降は一日一回以上、思い出したときに唱えればいいのです。


もちろん唱えたからと言って、天から降ってくるわけではありません。私の場合もですし、実際に「月収100万円」になった人の多くは、始めに「月収100万円」を設定して、後から手段が付いてくるようなのです。最初はどうやって月収100万円になるかわからない。それでもまずは金額(数字)だけ決めておいて、あとはアファメーションです。


すると現実自体がその「数字」に帳尻を合わせようと働き、手段が後から付いてくるのです。私の場合だと12年前に会社を辞めて、まずは「月収100万円になりました」とノートに10回書きました。『夢がかなうとき~』に出てくる「アレ」ですね。その結果、月収100万円までの道のりとして、加賀田晃DVDがやってきて、いわゆるグッズ販売がやってきて、そしてセミナーに出会った。それを補強するために出会いがあったり、本の出版があったりもした。


もちろん最初に「私は税理士で月収100万円になる」と決めてもいいですが、わからない人が大半だと思うので、仕事や手段はさておき、最初に「金額(数字)」を決めて唱えていればいい。または書いてもいいし、その方が効果的とも思うのですが、「唱える」は場所も時間も道具も選びませんので簡単。


はじめに金額ありき、なのです。この話は実は秘訣中の秘訣なんですよね。普通は手段からアプローチしますし、その方が考えやすいのも確かですが、でも、本当は金額から。実際、お金は数字に弱いものですし、驚くほどピッタリと入ってくるものなんです。そのことが腑に落ちたら、「あらゆる願望の中でお金が一番簡単」と言えることでしょう。そうなったら楽勝モードだね。この話はまたLINEとかでもしっかりお話したいと思います。


と言うわけで、終了後はコズモクダカメンバーもいたし、ちょっと飲みにいくつもりが、バーで話し込んでしまいまして、気が付くともう朝方か。。。あ、それから3月の久高島ツアー、若干名の欠員が出ましたので再募集します。フォームが空いていたら受付中です。ありがとうございました。

 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-28 23:39 | ■お金 | Comments(0)