「すべてはうまくいっている」 2017.1.25

フェイスブックをやめてからと言うもの、今まで読んでいた友達や仲間のブログまで読めなくなっていることに気が付いた。もちろんブックマークかリーダーに入れて読みに行けばいいのですが、これまでフェイスブックのリンクからが大半でしたもんね。

ただまあ、読まなくなってみれば、それはそれでいい気もする。その分、本が読める。今日も電子を入れて3冊ほど読んだ。電子はすぐに買えちゃうのが便利である一方、その便利さゆえにどんどん買ってしまう。まあ、本代はケチらないことにしてるけどね。


そしてここ最近、新たな願望が出てきています。それは「作家」になるって願望。もちろん今の段階で6冊ほど出してるし(文庫、監訳書含むので自著として実質4冊)、今年も最低1冊、もしかしたら2~3冊は出しそうな感じだけど、もっと出したいな~って思うの。

メインは自己啓発や精神世界になるのだろうけど、いずれ長編小説も書いてみたいし、あと、紀行文とか音楽評論なども書きたい。その意味で言うと、『そらのレコード』などは精神世界、音楽、紀行、小説がミックスされた、ある意味、書きたいことの集大成であり出発点でもある。そして今後もたくさん書いていきたいと思うんです。そしてどの書店に行っても「石田久二コーナー」があるような感じに。まあ、それも普通にそうなるでしょうが。。。


と言うわけで、フェイスブックやブログを見なくなった分、また改めて本を読むようになり、英語の勉強もするようになり、すべては必要であり、必然なんだな~と思う今日のこの頃。何が必要で、何が不要か。それを明確にして、きちんと整理するだけでも人生は激変しますね。ただ、私の場合は自分で決断せずともそのように仕向けられるのですが。


今回、フェイスブックをやめたのも直前まで自分の意に反したことだったし、一年前で言うなら、三男が突然入院したおかげで、いろいろ巡り巡って藤沢あゆみ先生とお会いする機会を得て、それがきっかけで「どんよくTalk Live」が成立した。三男の入院も風邪の延長で、その後も定期的に検査するも異常なし。
b0002156_1034012.jpg


その時は「う~ん」と思うようなことがあっても、最終的には最もいい結果がもたらされる。きっとこれからもそうだろう。って言うか、それが宇宙の必然なんだよね。


しかし、世の中にはすぐにそう思えない人が大半。上手くいかないことがあるとすぐに不平不満、他人や環境のせいにして自分を不幸にする。その結果、もっと不都合なことが引き寄せられ、そうやって負のスパイラルに入ってしまう。


結局、宇宙はシンプルにできている。つまり、


「すべてはうまくいっている」


という言葉の通りに。

もちろんこれは真理である一方、「なにもしないくていい」を意味するんじゃない。目先にいろんな問題が勃発したとして、それを放置していればいいわけじゃないし、自分を高めていく努力も必要。トラブルが起こってもその時にできる最善を尽くす。場合によっては容赦なく徹底的に対応する。仕事だって頑張る。成功に向けてとことん執着する。


そんな三次元的な対処は必要だけども、どこかで「すべてはうまくいっている」、そして「どんどんよくなる/どうせよくなる」と思って、宇宙を信じる気持ちは忘れない。


それはつまりが、「宇宙とつながる」ってこと。

宇宙を絶対的に信頼する。この場合の「宇宙」とは「神」でも「ハイヤーセルフ」でもなんでもいいのだけど、ようは自分を超越した大いなる存在のこと。私の場合は、そこにときどき「亡き祖母」を重ねたりもするけど、どこかで「信じる」って根本に戻る。


生きてるといろんなことあるじゃないですか。良いこともあれば、そうでないこともある。良いことがあったら「おかげさま」と感謝して過ごす。嫌なこととか、試練なことがあったら、「これは何かある!」、「すべてはうまくいっている!」、「どうせよくなる!」に立ち返って、その場で最善を尽くす。


もう一度言うけど、それがまさしく「宇宙とつながる」ってことであり、「宇宙となかよし」なコツなんですね。


「すべてはうまくいっている」


精神世界の本とかによく出てくるフレーズだけど、忘れそうになってる人もいると思うし、自分自信に対しても含み、書いておきたいと思います。これぞまさに宇宙の真理であり、宇宙となかよしの秘訣。

さて、明日は英会話のレッスンがあり、本もたくさん読みたいし、そうだ、連載の原稿もきちんと書き上げよう。そんなとこで。ありがとうございました。


 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-25 23:39 | ■精神世界 | Comments(0)