12年の新たなサイクルがスタートした 2016.1.12

どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


昨晩は8時に寝てしまい、夜中の3時に起床。これはこれでこのサイクルが定着すればいいよね。子どもたちが次々登校登園しまして、私は自室で静かに本を読みます。ちょっと眠くなって寝ます。時折、連絡が入ります。しかし、フェイスブックのウォールがありません。他の方の投稿を読むこともなければ、イベントのお誘いもない。そして、気にならない。


今日は満月。先月のどんよく以降、本当にいろんなことがあった。どちらかと言うと、試練と呼べることかもしれない。しかし今日の満月を見て、すべてが終わった実感を得た。そして完全に次の次元に進んだ自分を体感している。


今日は何件、連絡をいただいただろうか。LINE@からが多いですが、フェイスブックはメッセージ機能だけは生きており、今後もそのまま使うことができます。その多くは、「Qさん、大丈夫ですか?」なる、どちらか言うと心配するようなご連絡。なぜかアトムカンフーさんにもそのようなお問い合わせや来店があったそうで、アトムさんとはずっと連絡を取っているので、きちんとご説明いただいたようです。


別に何かを隠しているとかまったくありません。めちゃめちゃ元気です。普段から情報過多に生きる私だけに、フェイスブックにまったく登場しないことに違和感を感じてる人もいらっしゃるよう。でも、それもすぐに慣れるでしょう。ただ、フェイスブックには個人のページとは別に「石田久二公式ページ」なるものがあり、そちらはまだ残っています。そして今後、ブログの更新情報はそちらから行いますので、これまで私の個人ページから受け取っていた方は「公式」に「いいね」を押してくださいませ。ただし、URLを貼って投稿するだけなので、言葉もなければメッセージを送ることもできません。コメントは付けられますが、ご返事もいたしません。無関係なコメントは通知なく削除します。


この一か月間、本当にいろんなことがありました。ブログでもリアルでも絶対に言えないこともいくつかありますし、一方で大きな学びもたくさんありました。その辺り、何をしゃべって何をしゃべらないかは選択が難しいですが、なるべく控えめにいようと思います。それとは別に、どんよく前後からのこの1~2か月、本当に多くの学びがあり、お伝えできることも多いので、よかったらこちらにご参加ください。22日の福岡、28日の東京です。福岡は珍しく日曜の昼ですが、東京は夜で比較的リーズナブル。

■1月22日(日)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾23~2017年で次元上昇する人しない人~

■1月28日(土)/東京/宇宙となかよし塾~2017年で次元上昇する人しない人~
 

そして急きょ決まった熱海での「新年会セミナー」。こちらは内容もまだ決めていませんが、人生を大きく変えるきっかけとなる楽しい二日間にしたいと思います。ただし、また急な話ですが、1月14日(日)いっぱいで受付を締め切らせていただきたいと思います。LINEでも最後の通知をします。

■1月29日(日)・30日(月)/熱海/チーム青春「新年会」~2017年を次元上昇する~


ただ、この合宿に関しては今年で7回目となり、毎回、すぐに満員になっていたのですが、なぜか出足が鈍く、さらに講師のひーこーさんのコンディション不調により中止となったもの。何かを試されているような気がする。なのでもし、14日までに規定人数に達しない場合、これ自体もまた中止になる可能性がありますこと、ご了承ください。


火曜日の個人セッションもまだ6名ほど空きがございます。
 
■1月31日(火)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)


あと、3月の沖縄ツアー(久高島)についてもお問い合わせをいただくのですが、早い段階ですでに満員となっております。4月以降のスケジュールはまったくの未定です。来月はインドはラダック。昨日も書きましたが、2005年に会社を辞めて、今年2017年は「12年サイクル」の一年目。会社を辞めたのと、フェイスブックを辞めたのが、私の中であまりにも酷似している。それ以前の「慌ただしさ」と、それ以降のこの「静寂さ」において。その翌月にラダックに行くのも共通しており、これもまた不思議な話だ。何かが起こるとしか思えない。そしてその翌月は「コズモクダカ」の結成の場となった久高島に行く。メンバーも全員いる。


2017年って、めちゃくちゃすごい一年になるに違いない。たとえば神田昌典さんが監修している「春夏秋冬理論」などによると、「12年サイクル」を意識すれば、この先になにが起こるか予想できる。私は今年、「冬3年目」のようで、これからどんどん面白くなります。ざっと「春夏秋冬」の特徴をまとめるとこう。


冬:種まき、アイデアを出す
  「霧がだんだん晴れて、方向性が見え隠れしてきます」

春:発芽、仕掛けたことが当たり始める
  「情報発信していくと、人間関係が広がってきます」

夏:成長、何もしなくても上手くいく
  「勢いもあって慢心につながりやすく、一番判断を見誤りやすい」

秋:収穫、刈り取り選別する
  「12年間の棚卸の意味で、本を書いたり、発表したりというのは非常にいいタイミング」

b0002156_1322924.jpg

逆順に見ていくと、私にとっての秋(2012年~2014年)は確かに収入が劇的にアップしたり、「夢なに」がベストセラーになったり、収穫しまくっています。「夢なに」は確かに12年間の棚卸ですべてを出し切ってますから。

夏(2009年~2011年)は一冊目を出し著者人生がスタート。長男も産まれ、人間関係も広がり、確かにちょっとイケイケだった。

春(2006年~2008年)は会社を辞めた新生活の直後で、収入も安定してないし、なにやればいいかわからずもがいていた。だけど、妙に気分はワクワクしっぱなし。

冬(2003年~2005年)はサラリーマン終盤で、将来が不安になり初めてセミナーに参加し、目標設定し、ブログも始めたのが2004年。冬3年目の2005年に会社を辞め、まったく新しい世界へと突入した。


これを今から12年で当てはめるといろいろ予想できるのかな。人生のターニングポイントは2005年で、すべてが変わった。働き方、人間関係、時間の使い方、心の状態、すべてが変わった。となると、今年も同じようなことが起こる。人間関係は早くも変わろうとしている。時間の使い方はFBを卒業したことによって大幅に変わる。働き方は未知数だけど、これまでのような感じではなくなるのだろう。


来年から「春(2018年~2019年)」に入るのだけど、新しいことがどんどん発芽して、いろんなチャンスがやってくるのだろうか。「夏(2020年~2022年)」は40代最後だけど、50代に向けてイケイケになるのか。「秋(2023年~2025年)」は50代前半で、もしかしたら自転車ユーラシアをするかもしれないし、それまでの集大成の大ベストセラーを出すかもしれない。浮き沈みはあるけども、前のサイクルではきちんと克服できたので、これからもおそらくそうだろう。


そんな新たなサイクルの出発点でラダックに行くのもまた象徴的だ。12年前に会社辞めた直後、何もすることないながら、妙にワクワクしていた。そんな気持ちを思い出した。もちろん今はたくさんあるので状況はまったく違うけど、セミナーのやり方なんかも変わってくるんだろうな。2月はラダック、3月は久高島&新城島、4月はロンドンUPWでその前にヨーロッパ4泊5日。

5月から何するかまったくの未定。去年もそうだったけど、今年の未定なのは、まったく新しい何かがやってきそうな、そんな予感の未定。とにかく、何かが始まった。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-12 23:39 | ■精神世界 | Comments(0)