宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

世界に行くとするか! 2016.11.18

どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


そろそろ「新語・流行語大賞」の季節がやってきまして、今年は文集関係、熊本関係、君の名は、オリンピック、ポケモンGO、EU、都知事選、トランプとかなりにぎやかな一年になったと思います。芸能関係はそうでもないかと思いきや、「PPAP/ピコ太郎」なる大本命がやってきて、ほぼ決定のような雰囲気ですね。
b0002156_11501256.jpg


ピコ太郎、こと古坂大魔王。よほどお笑いマニアでなければ知らない名前、と思う。知ってたとしても、その他大勢の一人として、そんなにマークされる人ではなかったはず。藤沢あゆみ先生のブログを読んで、なるほど~と思いました。

PPAP世界をビックリさせる方法ピコ太郎さん大ブレイクの秘密 


古坂大魔王って人は25年のキャリアで、いわば無名のベテラン。所属はエーベックス。芸人仲間ではその腕を買われてて、「さんまさんより面白い?」との評価もあった。YouTubeが世に定着する前から動画での活動を始めていて、いろんな意味で今につながる準備を着々と進めていたわけか。


「アイハバペーン、アイハバアポー・・・(略)」、、、こんなんオレでもできるわ。素人の大阪人が言いそうなセリフだけど、今まで誰も「こんなん」をやってこなかった。むしろ「オレでもできるわ」と言わせるところにヒットの原因がある。


ジャズがなぜに流行らないのか。あらゆるポップミュージックの基礎にあり、芸術性も大衆性もともに高いジャズが流行らないのがおかしい。なんて思うことも実はなくて、ジャズの流行らなさの原因はその難解さ。ジャズは「テーマ→アドリブ→テーマ」って感じで進むのだけど、たとえばディズニーの「星に願いを」などはジャズのスタンダードでありながら、ジャズの人はなんであの美しいメロディを崩すのか、さらにアドリブになるとめちゃくちゃなことするのか。普通にテーマを演奏してくれればいいの。


もちろんジャズの面白さはメロディを崩すところとか、アドリブソロにあるのだけど、一定のルールや慣れがなければジャズはわからない。もちろんわかってしまえばどっぷりハマってしまうのだけど、誰もがハマれるものじゃない。


それに比べると、PPAPはなんとシンプルなことか。古坂は狙ってやってたのか。もちろんそれなりに面白いとは思ってたろうけど、まさか「世界」に出て行くなど絶対思ってないはず。

・・・と思いたいのだけど、実は狙ってたと思うのよね。「マネーの虎」で「ロンドンでロックバンドとして成功したい」と言ったことが、少し形こそ違えど、現実になってしまった。ロンドンどころか世界が相手。一度口に出したことは、それ以降、どうしても意識してしまう。古坂がこれまでどんな活動をしていたのか知りませんが、PPAPみたいなことは続けてたと思うのですね。そもそも動画スキルだって決して低くないわけで。


そして毎回、毎回、「今度はどうかな?」と期待を込めていた。だけど、案の定、外れる。それでも続ける。今回も10万円で作った動画で、「たった10万円」と思うかもしれないけど、では素人の諸君が10万円で動画を作るかと言うと、決してそんなことはない。ヒカキンはじめプロユーチューバーであれば、キャッシュポイントも確立してるし10万円は安いかもしれない。けど、その時点ですでにプロなんです。古坂も、どうなるかわからない動画に10万円かけるのは、それ自体がすでにプロの仕事であり、「いけるかも」と思ってないとできないんです。


プロと素人の違いはここ。プロは常に「いけるかも」と思って、実際に行動に移す、お金もかける。素人は「いけるかも」と思っても、行動には移さない。自分が思ったようなことを誰かがやって売れたりしたら、「これは先に自分が考えてた」などと言ったりする。考えるのは誰でもできるし、同じようなことはすでにその数100倍も誰かが考えている。結局、やるかやらないか。


古坂が狙ってたと思うもう一つの理由は、本当に「世界」に出ながら、古坂は割と平然としてるように見えること。身近ではどうかわからないけど、メディアに出てくる古坂はこれまでとほとんど変わらないよう。つまり、古坂の中にはすでに「世界」があり、ずっとイメージングしていた。その通りになっただけのこと。


自分の話に変わるけど、オレも「世界」を狙っている。50歳になったら自転車で世界一周をし、そしてニューヨークで英語で講演をする。世界的ベストセラーを出す。「世界のQ」になる。しかしもし、今急にニューヨークでの講演や、NYタイムスの取材が来たりしたら、おそらく平然とはしていられないはず。それが違いだ。


古坂は「世界」を狙って、虎視眈々と行動を積み重ねてきた。そしてそのイメージの世界に自分を置いてきた。だからこそのミラクルなんだろう。


オレは今、3週間後の1,200人のトークライブで頭がいっぱいだし、軽くプレッシャーにもなっている。滝行をしてセロトニン、メラトニンが出ているおかげでぐっすり眠れるが、寝過ぎとの自覚もある。かなりのストレスかもしれないし、はやく終わってほしいのが正直なところ。来年2月はインド、3月は沖縄、4月はロンドン、5月以降はまた自転車もやる。そのことを考えると、にわかに現実逃避できるけど、決して目をそらしてはならない。


「世界」に出るヤツが1,200人でビビってちゃダメだよね。だけど、みんなそうなんだ。オレだって10年前、「15名満員御礼」で喜んでいた。それが「80名満員御礼」になったとき、血が逆流しそうになった。そして100人を突破し、それくらいが仕事としてはちょうどいいスケール感になった。実際そうなんですよ。3時間1万円のセミナーに100名集める。これが一番効率いい。100人くらいなら資料とかパワポとか、その他の機材なども必要ない。身一つで3時間100万円。これを続けるのが最も効率良いし、やり方もわかる。


だけど、それじゃあ面白くない。未知なる世界に憧れてしまう。これはオレの性分だ。だから世界を旅したがるし、そして「世界」を夢見てしまう。その布石として今回の1,200人があるし、これに関わる人たち、参加される人たち、丸ごと次の次元に誘いたいと思っている。


1,200人。今のオレにはまだプレッシャーだ。だけど、これを超えたら次は1万人か。そして10万人、100万人。数を増やすことが目的じゃないけども、「未知の世界」には変わりないし、オレはそれを見たい。さて、今日もまた一歩進むとするか。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
■11月25日(金)/名古屋/どんどん良くなる人生を謳歌するための「青春」の目覚めセミナー~石田久二×了戒翔太コラボセミナー~
 
■11月26日(土)/東京/福田孝史&石田久二 CRAZY TALK LIVE & WORKS~すべては宇宙~
 
■11月27日(日)/東京/タマオキアヤ&石田久二 コラボトークライブ~次世代スピリチュアルへの幕開け~
 
■11月29日(火)/福岡/[月イチ]宇宙よなかよし塾21~まさにボルテックス上昇~
 
■12月10日(土)/東京/「どんよくTalk Live」 in 世田谷区民会館(1,200人講演会&ライブ)
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-11-18 23:39 | ■願望実現
ブログトップ | ログイン