7月の終わり、節目だった 2016.7.31

まずは16位を目指して、今日も清き一票をお願いいたします!
 ↓ ↓


年に2~3回は高熱が出ます。だけど寝れば熱が下がります。そうでないときは喉の問題。今回は多少は喉も痛かったけど、やっぱり疲れだったのかな~と。先週の9ステップから怒涛でしたしね。けど、8月はさらに怒涛なのは昨日書いた通り。さらに9月もすぐに自転車が始まり、半ばまではいろいろと忙しい。身体にだけは気を付けよう。


今日は時事ニュースとして二つ大きな動きがありましたね。一つは小池新都知事の誕生。投票が終わった8時になった瞬間に当確。完全に圧勝だったようで。二位は増田さんだけど、三位の鳥越さんの5倍くらいの大差だったようで。こうなると桜井誠がどんだけ票を集めたのか気になります。けども、20代は鳥越より桜井の方が多いとかで、もはや憲法改正とか時間の問題じゃないでしょうか。


個人的に桜井誠には決して共感できないものの、日本全体が保守化してるのは確か。いや、保守化と言うより「脱洗脳化」と言った方がいいでしょう。戦後、GHQは自身の戦争責任を回避するため、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)」によって、徹底的に自虐史観を植え付けたわけで、つまりは洗脳。


けど、あれから70年がたち、昨年は朝日新聞が自らの悪行について懺悔したり、慰安婦問題において一応の日韓合意がなされたり、オバマ大統領が広島訪問したり、トランプ氏が「自分の国は自分で守れ」と主張して来たり、確実に時代は変わっています。


日本の国土にアメリカ軍が配置されてるのは、「日本を守る」って言うより、「日本に戦争させないため」であって、それと憲法9条をセットにすることで、確かに牙を抜くことには成功しましたよね。そもそも、欧米人にとって日本人ってのは得たいが知れないところがあって、怖い存在だとも聞きます。


戦前から欧米人にとってアジアやアフリカなんてのは、完全に見下しの対象であって、オレたちが少しはマシな国にしてやる代わりに言うこと聞けよ、みたいなスタンスでいました。だけども、なぜだか極東の日本って島国だけは、自分たちと同レベルに自力で近代化を果たしてしまった。戦前からノーベル物理学賞を取るほどに学術水準も高く、識字率もほぼ100%。さらに、世界一歴史ある王室を持ち、戦争に負けたことは過去には「白村江の戦い」くらいで、ピンチになってもなぜか神風が吹いて勝利するなどの、神秘的な怖さがあった。個人においても、身長2メートル、体重100キロもあろう大男に対して、空手の構えをするだけでビビらせるなんて話も。


そんなこんな、欧米にとって日本って国は昔から怖い存在だった。だからこそ、大空襲やら原爆やらで完膚無きまでに叩きのめす必要があったのでしょう。さらに、70年前の大戦では連合軍は勝利しましたが、油断大敵ってことで、国民に罪悪感を植え付ける洗脳教育までして、徹底的に牙を抜こうとしたわけです。そしてそれはかなりの成功をおさめ、戦後50年くらいは大人しくしていました。と同時に、その50年くらいは日本は経済的にイケイケで、世界一豊かな国であった。


ところがこの20年間、日本はどんどん落ちていきまして、一人当たりのGDPは28位くらいと、決して昔のような裕福な国ではなくなりました。となると、徐々に日本もハングリー精神が復活してきたのか、少しずつ牙を取り戻すようになり、これまでの洗脳からも解かれ始め、世間的に「保守化」と言われるような「正常化」が進みつつあるんです。


とにかく今年、日本も世界もいろんなことが起こっています。イギリスはEUからの離脱が決定し、初の女性首相が誕生した。ドイツも韓国も台湾も女性の大統領で、アメリカももしかしたらって段階。FRBやIMFもトップは女性。そしてこのたび、一国の規模を持つ東京にて初の女性知事が誕生した。これもまさに時代の象徴かと思います。


誰かが言ってたのですが、世界が本当に平和になるには、世界の国々の半分が女性トップになるんだと。論理的にはわかりませんが、感覚的にはそうかとも思う。その前に中国と北朝鮮のトップが女性になるだけで、随分と変わるだろうな~と思いますが、まあ、民主主義のない今の段階では難しいでしょう。だけど、きっと。


とにかく、世界はどんどん良くなっている。


そして今日の大きなニュースのもう一つは元横綱・千代の富士がお亡くなりになったこと。これは何気にショックですよ。フェイスブックでもそのニュースをシェアしたら、多くの人が「え!」とか「ショック!」ってコメントと付けられる。特に私と同年代かそれ以上の人たちにとっては、千代の富士って完璧なるヒーローでしたもんね。大鵬も北の海もリアルタイムには知らず、「相撲」って存在を初めて知ったとき、千代の富士がそこにいました。横綱になる前だったと思うけど、もう、圧倒的な強さとカッコよさ。
b0002156_2584446.jpg


それだけに、「体力の限界」で引退した直後は、多くの特番が組まれたもので。間違いなく相撲界、いや日本のスポーツ界では圧倒的なヒーローでしたもんね。とにかくカッコよかった。そして負ける気がしない。勝ち方がまた素晴らしかった。決して大柄ではない体躯でありながら、自分より大きな力士をどんどん投げ飛ばす。日本人の魂を感じさせる力士でした。キン肉マンに出てくる「ウルフマン(リキシマン)」のモデルとなりながらも、そこではちょっと扱いは酷かったですが。スペシャルマンほどじゃないにせよ。


なんかまた時代が変わった気がします。61歳はあまりにも早いけど、人はいずれ死ぬ。ヒーローの死。大きな意味付けをするつもりもないけど、やっぱり何かの象徴のような気がしてならない。そんな日に、初の女性都知事が誕生した。千代の富士さんには心からご冥福をお祈りするとして、それでも日本はこれからどんどん変わっていくんだ。そんな節目を感じた日でありました。オレも完全復活。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■8月6日(土)・7日(日)・8日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2016 in Q州vol.2(Q州ツアー2) (残2)
 
■8月23日(火)/名古屋/第19回限界突破セミナー※ゲスト講師:石田久二氏
 
■8月26日(金)/大阪/青春を謳歌する極意セミナーin大阪【石田×了戒コラボ】
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-31 23:39 | ■時事問題 | Comments(0)