ポケモンGO、どうよ! 2016.7.28

クリックありがとうございます!すこ~しずつ順位が上がってきました!1位の壁は分厚いですが、なんとかベストテンまで返り咲きたいので、清きクリックをお願いします!
 ↓ ↓


今日はヨメさんと三男が博多に買い物に行き、次男は幼稚園、長男はオレとでランチに行ったり、夕方は空手の体験に行きました。小学生になった長男、初めての通知表を見て笑った。算数も国語もとても優秀で、算数にいたっては周りの子に教えるくらい得意で、実際、計算も早い。二桁の足し算も頭で瞬時に解いてしまうので、同級生の中では進んでる方でしょうか。

しかし、体育がどうも苦手のようで、その辺、教えてない親にも責任がありますが、ま、私も得意じゃないので仕方ないですね。それでも今日の空手体験は気に入ったようで、「通う!」と積極的。優しくて強い男の子に育ちますように!


さて、世間ではポケモンGOが流行ってるようですね。私も日本オープン翌日にダウンロードして、さっそくやってみました。100mほど歩くと、近くのポケモンが登場します。スマホの画面に映るポケモンにボールをぶつけてみたのですが、うまくいかない。むき~っとなって、すぐに削除し、私のポケモン生活はこれにて終了。
b0002156_172272.jpg


そもそも私はポケモン世代からはちょうど外れていて、あまり興味はありません。これが「妖怪ウォッチ」であれば、子どもが見てるので少しは興味出たかも。さらには「キン肉マン」だったらどうか。どこそこにプリプリマンが現れたなんて情報があると、おそらく飛んでいくか。いや、やっぱりないかな。


なぜなら、リアルの方がよっぽど面白いから。街中を歩きまわってポケモンをゲットするのは楽しいかもしれませんが、普通に歩いてても楽しいものがたくさんです。いろんなお店があったり、名所があったり、オブジェがあったり。


さらには普段のルートではなく、「旅」だったらどうでしょう。行くところどころが新鮮で、モンスターどころじゃないワクワクがたくさん。私が旅だったり、自転車だったりを辞められないのもそれ。


しかも、街中のリアルモンスターは、五感を大いに刺激する。ポケモンはそれ自体はファンタジックで面白いけど、視覚にのみ頼った世界。それに対して、リアルモンスターは実際に見るのはもちろん、音を聞いて、触って、時には香りをかいで味わって。その五感の刺激こそが、潜在意識を大きく揺り動かすんです!


たとえば「滝行」なんて、やったことある人、少ないと思いますが、ただ画像で見るのでなく、五感が強度に刺激され、さらに第六感までをも開こうとする。正直、初めて滝行をするときなど、思考が一瞬、大きく吹っ飛びます。「無」とは言わないまでも、潜在意識が未知の体験の前にパニック状態となり、あらゆる情報をそのまんま受け入れようとする

と言うことは、もし滝行の中で何らかのイメージングができれば、それは潜在意識にスッと入ってしまい、そのまんまの世界が開けてくるわけです。


思えば、私自身もこれまで1,200回以上は滝に打たれていますが、どうしても叶えたい願いが出てくると、滝の中でイメージングすることもしばしば。そしてそれは、ほとんど実現してしまいます。


ポケモンGOもいいですが、リアルな体験を通してしか人は成長しないし、絶対的に楽しいもん。だから旅は辞められない。9月は自転車で仙台から札幌に行きますが、そのところどころで美味しものを食べたり、お酒を飲んだりするのも楽しみ。それもまたポケモンでは絶対に味わえない世界だし、今後、どれだけバーチャルが発達しようとも、「リアル」に勝る情報はないし、むしろバーチャルが侵食すればするほどリアルの価値が高まるもの


そんなQ州ツアーも来週になりましたが、とことんまでリアルを追求して欲しい。滝行だけでなく、徹底した「非日常」の世界で潜在意識を大きく揺り動かして欲しい。とにかくハンパない体験が待ってることだけは確かです!!

■8月6日(土)・7日(日)・8日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2016 in Q州vol.2(Q州ツアー2) (残2)


ポケモンGOの話に戻るけど、ニュースによると、すでにピークは過ぎたとか。

米国で「ポケモンGO」人気がたった1週間でピークアウトした理由


任天堂の株かも下がってるようで。でも確かにゲームの奥行自体はすごく浅そう。歩きスマホが危険とかって話よりも、そもそも壮大なる時間泥棒に思える。普通に歩くにしても、ウォーキングしながら英語のヒアリングをした方がいいし、ポッドキャストのニュース、オーディオブックなどやることはたくさんある。


たとえばポケモンで2時間、めっちゃ歩いたとしましょう。確かに運動にはなった。だけど、その間、歩きながらポケモンではなく、英語の勉強をしていたら、その分だけ英語力が上がっている。しかし、ポケモンをゲットしたところで、何が残るのだろうか。不明。むしろ「2時間分の英語上達」をポケモンが奪ったとも言える。


「時は金なり」と言うけど、最近では「時は命なり」と言う人が多い。なぜなら、時は買えないから。「命」は「時」によって規定される。我々は常に「命」を削って生きている、「命」を何かの引換に生きている。となると、その「命」に何を注ぎ込むかの視点は大切。


少なくともオレはポケモンには注ぎ込まない。英語の勉強をすることもあるけど、ただ、周りを感じながら歩くだけでもいい。感じる力って大切だ。生活がバーチャル化すると、ますます本来の「感じる力」が損なわれてるような気がする。ましてや、それが屋外であろうと、ポケモンは自然からの「感じる力」を単に奪っているだけに思える。


車や段差に気付かないほどに10数センチの小さな画面に釘付けになる。家で出来ることを、単に外でやってるだけだ。感じる力を失い、大切な命(時)を犠牲にする。いったいそこにどんな魅力があると言うのか。


だけどまあ、これはこれで存在する以上、何か役にも立ってるのでしょう。なので全否定こそしないけど、まあ、オレはアンチポケモン派だね。そのうち、ポケモンハンパない!とか言い出すとも限らないけど、今のところその可能性は皆無だね。いずれにせよ、ポケモンGOは2016年の大きな話題の一つ。人々がどのように評価するかはこれからだ。それなりに気にはしてるけど(時代を見る意味で)、オレはとことんリアルポンスター派だね!


寺山修司が『書を捨てよ、町へ出よう』と言ったけど、今なら『スマホを捨てよ、旅に出よう』じゃないかな。周囲が「10センチの小さな画面」に入り込めば込むほど、リアルに旅をする人間の価値は高まる。旅しよう。


そうそう、最後にもう一つ。土曜日は昼から福岡でご依頼のセミナーに登壇しますが、夜は「宇宙となかよし塾」です。そこには、、、参加者さんとして面白い方が来られます。先日、東京で脳のコラボをした方ですが、少しばかり絡んでいただくのも面白いね。

■7月30日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾17~あの話をします~


「あの話」ってなんだかわからんけど、面白くなりそうです。そんなとこで。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■8月23日(火)/名古屋/第19回限界突破セミナー※ゲスト講師:石田久二氏
 
■8月26日(金)/大阪/青春を謳歌する極意セミナーin大阪【石田×了戒コラボ】

 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-28 23:39 | ■時事問題 | Comments(0)