「確信」に勝る力なし 2016.7.3

クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


最近、なんだか風邪が流行ってるみたいですね。仕事関係の人たち、そして私の家族もなんか風邪気味。実は私自身もここ最近、風邪をひいたばかり。Q州ツアー後、1~2日ほど熱が出てましたが、それ以降もちょっとした咳込みは続いています。冷房の影響が大きいと思うけど。


この一週間ほど、いわゆる「火星逆行」とか「新月」とかあって、よくわかりませんが、その辺に影響を受けやすい人が周りに多いってことなのかな。オレも昔、コズミックダイヤリーやってる人から、「Qさんの行動は月の動きと驚くほどシンクロしてる!」って言われたことがあり、よくわからない世界ながら、やっぱり何かあるのかな~って思うことも。


なので、今日は家族でお買い物に行く予定だったのが、お休みにしてお家で遊ぶことに。長男二男を連れてスーパーにお菓子や果物を買いには行きましたが。そして夜はキックボクシングの試合。
b0002156_13294436.jpg


私のよく知るお世話になってる選手たちについては2勝2敗。毎日厳しい練習を繰り返し、試合前もそれ以上に厳しい減量に挑戦し、そしてギリギリのところでリングに立つ。どんな世界でも、プロのレベルになると「心技体」のうち「技体」はほとんど差はないように思う。階級やランクで試合相手が決まるボクシングの競技ならなおのこと。


今日の大会はほとんどが「3分3ラウンド」。最終的に勝つ選手と負ける選手とどこが違うのか。どのような「心の動き」を見せるのか。そんな観点からも試合を観戦していました。たとえば最初の段階でボコボコにされて血を流す。普通ならここで心が折れてしまい、逆に相手はどんどんテンションが上がって、そこからリカバリーすることは難しい。


だけど、そこはプロの世界。どんな逆境におかれようと、リカバリーする人はして、逆転勝利なんてことも珍しくない。だから、最後までやってみないとわからないし、それも見どころだ。だけど、今日の試合に関しては、初っ端の試合運びがそのまま勝敗に結び付いてしまってて、その意味では順当とは言え、もう一つ興奮が足りない試合だったかも。いわゆる「しょっぱい試合してごめんなさい」の世界で。


もっとも、そんな偉そうなことを言う立場でもないのですが、プロは観客を楽しませてナンボとも言えるので、それは当人たちが一番良く分かっているでしょう。だけど、やっぱり感動しました。ギリギリの、ある意味、生死をかけて闘う男たちの姿。何度見ても感動しますね。オレも頑張ろうって気になります。


ところで今日の大会では、東京からベテランと若い選手4人によるエキシビジョンマッチが行われました。中でも注目は、「天才」の名を欲しいままににし、プロデビュー以来無敗で世界チャンピオンになった17歳の那須川天心選手。本名とのことですが、名前からしてスター性がある。

那須川選手は今後、地上波でも活躍するでしょうが、業界では100年に1人の逸材と言われているそうで。もう、完全に他の選手とレベルが違ってて、先日、試合前に負傷したとかで、かなりコンディション的に厳しい状況ながらも、短時間で圧勝したそうな。


今日はエキシビジョンなので、いわゆる本気の試合ではないですが、それでも「格違い」なのは素人目にもすぐにわかる。スピード、打撃力、身体のキレ。素晴らしいものを見せていただいた気分です(笑)


それにしても、どの道でも「達人」ってのはオーラが違いますよね。なんなんでしょうね、これは。そう言えば、2年ほど前からの友人であるキックボクシング現役日本チャンプの薩摩サザ波さんは、那須川選手と同じジムに所属していますが、日本チャンプになる前と後とでは、オーラが完全に違ってましたもんね。


オーラがあってチャンプになる、チャンプになったからオーラが出る。

どっちかな。オレは前者だと思う。やっぱりチャンプとか達人とか成功者って、そうなる前から独特のオーラがあって、そうならないことをまったく疑わせない。もちろんそのオーラは「技術」や「体力」によって高められるものではあれ、最終的には「心」がそうさせる。


「オレはチャンプだ。」


そのようなアイデンティティが実際のチャンプを作る。


「オレはプロだ。」


これも同様。


「オレは喜びそのものだ。」


昨日も書いたけど、これもそう。だからこそ、


「苦しい、つらい。」


も自分のアイデンティティになって、それが実現される。


「私、素人なんです。」


と、人から仕事でお金をとっておきながら、こんな風に言う人をときどき見るけど、これはやっぱり絶対的に良くない。ウソでもハッタリでも、「オレはプロだ!」と言っておけば、いずれそうなる。


最初はぎこちなくても、言っていればそのうちに確信になり、現実になる。「確信」に勝る力なし。


やっぱり言葉なんだろう。初めに言葉ありき。言葉が現実を創る。

実はこの数日、いろんなことがあったけど、つくづく「言葉」の力と、そして怖さを思い知る日々を送っています。逆に言うと、「言葉」さえ自分の都合のよいものになれば、人生は無敵だと思うのよね。実際そうだし。初監訳本のこの本でも「ノー」って言葉の重要性を力説しています!

■ジェームズ&クローディア・アルタッカー著『人生がうまくいく人の断る力』


そんなとこで、ハッピーニュームーン!いろいろあるけど、楽しく過ごそう!ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
■7月24日(日)/東京/まゆちん&Qの「タロットで読み解く潜在意識の不思議な世界」(残2)
 
■7月30日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾17~あの話をします~
 
■8月6日(土)・7日(日)・8日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2016 in Q州vol.2(Q州ツアー2) (残5)
 
■8月23日(火)/名古屋/第19回限界突破セミナー※ゲスト講師:石田久二氏
 
■8月26日(金)/大阪/青春を謳歌する極意セミナーin大阪【石田×了戒コラボ】
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2016-07-03 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)