遊びは仕事のように、仕事は遊びのように 2016.5.30

クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


月曜日。いつものLINEメッセージも44回目となり、今日は「無意識を移植する方法」みたいな話をしました。超具体的な方法で再現率も100%。知ってる人は知ってますが、知らない人にとっては目鱗ですね。そんな話、これからも遠慮なく配信していきますので、あと66回しかないですが、今からでもぜひご登録くださいませ。

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」


そしてもう5月も残りわずかですが、実はこの数日でやることが山ほどあります。決算書の件で6月2日に税理士さんのところに行く、それまでに書類をすべて揃える。6月26日の脳科学コラボの案内文もだし、25日のぜっきーさんコラボの文は先ほど渡した。そして何より「作詞」ですよ。こないだからずっと格闘してて、書いては消し書いては消しの繰り返し。


テーマも情景も見えるのだけど、最もいい言葉を当てはめようとすると、もっといいのがあるとか思ってしまう。だけど、最終的には一気にできるものと思って、メンバーにコミットした6月4日までは向き合おうと思う。最後にできた詞がベストだと思って。


そんな自分、なにやってるんだろうね。作詞。これは仕事なんかじゃなく、趣味であり、遊び。だけど、タモリが言うじゃないですか。


「真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!」


って。そう、遊びこそ真剣にやらないければ、人生ってナンボって感じ。もっとも、オレの場合は仕事も遊びも同じなので、まあ、すべてが真剣に、そして手を抜いてのバランス。だけど最近、思うの。お金にならない、いわゆる「遊び」こそが真剣勝負ってこと。


こう言っちゃなんですが、お金になる「仕事」ってできるんですよ。オレの場合は、セミナーとか講演とかが主たる収入源になってるけど、それはできるんです。正直、仕事に関しては緊張もしないし、それなりに良いパフォーマンスを上げることもできる。


だけど、作詞ってどうよ。これにどんだけ時間費やしてるんだって。下手したら、夜中に目が覚めて、詞を書いて朝消すなんてことも。こんだけやって、めちゃめちゃ痛い詞になったらどうしようとか、変なプレッシャーもあるし。だけどこの遊び、誰にもさせね~よ。とりあえずあの二曲についてはオレが書く!


そして今日、アメックスのプレミアムカードが届きました。ANAの提携カードではありますが、プロパーのプラチナと同等のカード。年会費は16万2千円。こんなに払ってどんなメリットがあるのかい。ANAの国内ラウンジが使える。直接はその程度。あとは、旅行保険が充実してるとか、24時間365日対応のコンシェルジュが付くとか、いろいろあるみたいだけど、日常生活にはさほど役に立つものでもない。
b0002156_354355.jpg


これなんかも、完全に「遊び」の世界じゃないですか。そもそもアメックスってのは、トラベラーズチェックとか、旅行業の会社なんでしょ。旅行。これも遊びじゃないですか。なのに、先日ニュージーランドに行ったけど、これがまたアメックスが使えないんだ。だからVISAカードを使ってたけど、場合によっては使えないカードに年間16万円もの会費を払う。贅沢な遊びだ。


だけどね、やっぱりオレは遊びたい。遊びにお金は時間や労力を使いたい。遊んで遊んで遊び尽くしたい。リヤカーのかっちゃんだって、まあ、遊びじゃないですか。書店で売れない本は売れないわけで、取次だって困るもの。世の中の大半の本がそうじゃないですか。それを、わざわざリヤカーで日本全国で売り歩くなんて、なんて非効率な。まさに遊び。遊びに人生をかけてたんです。カッコよ過ぎるっての。


なんかさあ、オレの美学ってわけじゃないけど、仕事に一生懸命するより、遊びに命かけてる方がカッコいいと思うの。って言うか、遊びにそれだけ真剣になれるって、逆説的にも仕事がちゃんとしてないとダメだもんね。


つまりは、仕事ができるから、遊びに命をかけられる。普通はそう思いたくなるけど、逆かもしれない。オレのこの10年間を振り返ってみても、結局、遊びしかしてなくて、遊びに命を削ってきたからこそ、仕事、つまり収入がついてきた感があるわけなんです。


そもそもオレなんか、サラリーマン時代、決して仕事ができる方じゃなかった。同期に入った大内君とか堀口君とか、オレよりずっと年下だけど、ずっと仕事ができたじゃない。まあ、それでもふにゃふにゃやって、4年は勤めたけど、まあ、仕事はできなかった。


それが2005年に会社辞めて、100%遊びの世界に入ってから、なぜから当時の8倍から10倍くらいの収入になってしまってる。遊んでばかりなのに。ここで思い出したのが、加賀田晃先生の名言。


「練習は本番のように、本番は練習のように」


今ググって見ると、これは加賀田先生の言葉じゃなくて、割と昔からあるようですね。で、これをもじってこう言いたい。


「遊びは仕事のように、仕事は遊びのように」


つまり、単なる遊びであっても、いわゆる仕事のように命がけでやるのが重要で、だからこそ本来の仕事だって遊び感覚でやれちゃうわけ。では、今のオレにとっての「遊び」とは何か。一つは作詞。一つは旅。一つは自転車。一つはブログ。一つは滝行。一つはボクシング。一つは英語。一つはお酒。一つはセミナー。一つは、、、あれ?全部じゃん。


結局、よくわからないけど、目の前の「遊び」に全力尽くしてたら、それが仕事になったり、そんなことばかり。つまり、遊んでばかり。遊んで暮らしてる。人生は遊び。以上。


今日も支離滅裂なブログになったけど、これからも遊びましょう。遊んでください。6月のQ州ツアーなんかも完全に遊びから、ぜひ、一緒に遊びましょう!

■6月11日(土)・12日(日)・13日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2016 in Q州(Q州ツアー)


さあ、明日も作詞しよ。ボクシングに行こ。英語の勉強もしよ。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■6月29日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾16~いわゆる脳をコピーする話~


---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-05-30 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)