人は「やりたいこと」をやるために生きている 2016.5.23

クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日は42回目のLINEメッセージのはずですが、昨日からどうも言葉が出てこなくて、今朝5時に起きて吹き込むつもりも、やっぱり出てこない。そうこうしてると長男、次男が起きて、登校したのだけど、まだ出てこない。もちろんご質問とかたくさんあるのだけど、そもそも言葉を発することができないんです。

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」


とりあえず午前中、一時間ほどまた寝て、昼に車の中で「今の気持ち」を吹き込みました。8分ほど。この二週間が強烈過ぎて、余韻も強烈過ぎて、そして未来も強烈過ぎて、なかなか平常運転に戻らないのです。原因はそう。昨日の「重大発表」からだ。


そしてiPhoneで吹き込んだ音声を次はmp3に変換するのだけど、どう言うわけか、昨日までできていた「右クリック→mp3に変換」が出てこない。そうこう格闘してて、結局、配信できたのが17時前でありました。


今回の音声も、そして昨日の「重大発表」もなかなかの反響がありまして、Facebookにこんなコメントをいただきました。
b0002156_1404722.jpg


フォーカスリーディングの寺田昌嗣さん、大物華僑に弟子入りした大城太さん、そして藤沢あゆみさん。起業、出版してから10年選手のベストセラー作家の「応援」のコメントは嬉しい限り。年代もほぼ同じで、余計にシンパシー感じるのかな。


さらにはhappyちゃんからもご連絡をいただき、そこからさらに進み、夜はコズモクダカのメンバーとチャットを繰り返す。いろんな意味ですごいことになりそう。ちなみにだけど、7月はバンドメンバーのまゆちんとコラボセミナー。その前、6月25日(土)はぜっきーさんと、翌日26日(日)は脳科学の杉本さんとコラボでして、今年はほんとコラボイヤーだな。よかったら、もっとコラボしたいです。


そしてその集大成が年末の1,000人規模の講演会となる。すでに1,000人を超えるイメージも完成した。プロジェクトチームも発足するし、専門ページや動画も出てくる予定。テーマソングもすでにある。いろんなことが一気に揃った。セミナー業界に入って10年。さらに一気に突き抜けるのだ!


とにかく楽しい。ハンパない。人生ってこんなに楽しくていいのかな。いいに決まってる。そうだ、今日は自分自身の人生を振り返ることがあり、Facebookにこんな投稿をしました。


---
b0002156_1444379.jpgこの人に出会ってなったら、人生はまったく違ったものになっているであろう、その最初の人物が元河合塾現代文講師の牧野剛氏。実はこの方の名は『運なに』にも登場しています。

浪人して、予備校の授業は木曜日から始まったのだけど、最初の一週間の、その最後となる水曜日の二限目。90分の講義が終わった直後、天王寺の旭屋書店に走り、中公新書の祖父江孝男著『文化人類学』を完全に立ち読みで最初から最後まで読んだ。

それまで読書経験皆無だった自分にとって、何書いてるのかまったく理解できなかったけど、それでも「読まなければならない!」との衝動から、次々と思想、哲学の分野に突き進んでいく。

おかげさまで浪人時代もまた受験勉強には身が入らず、それでも英語と小論文と現代文と倫理政経の偏差値だけはやたらと上がりながらも、テキスト以上に哲学書ばかり読んで過ごしていた。

その頃からおよそ2~3年は哲学書を読み漁り、読み耽り、将来は「哲学」で飯を食おうとさえ思うようになった。第一志望が大阪大学文学部だったけど、模擬試験で小論文だけは合格圏内ながらも、センター試験がまったく届かずその道には進めなかった。

とにかく、たった90分で人格まで変えてしまったのが、牧野剛さんだった。本当に狂った。狂わされた。ちなみに無類の旅好きになってしまった原因も河合塾の講師であり、予備校はオレにとっては人生を学ぶ場そのものだった。

その頃の夢は実は予備校講師。こんな人生を歩むんだと誓っていた。なので大学は哲学科に進み、放浪の旅もしまくるんだと。就職などしてたまるかと。

そんなオレも自身の能力のなさと現実に直面し、放浪こそしたけど、普通のサラリーマンになるのを夢とするようになったのが20代後半。

そして今、振り返ってみると、あの当時の「夢」が見事なまでに、いや、それ以上に実現してしまっている。哲学書を読みまくったのもまったく無駄ではなかった。だって、オレが書いてる本って、基本的に「哲学書」だからね。

そんな牧野剛氏、お亡くなりになられた。死ぬまでに一度はそのお姿を目にしておきたかったけど、まあ、そんなものだろう。とにかく、牧野氏がいなかったら今のオレはない。ご冥福を祈るしかない。

名物講師の牧野剛さん死去 河合塾で現代文、市民運動も

---

さらに、バンドのメンバーがFacebookに興味深い文章を書いていたので、それに続けてこんな投稿を。

---
3月の久高島ツアーに参加されたメンバーにより結成された「コズモクダカ」なるバンド。ジャンルはよくわからない。

ボーカルはクローバー出版社長の了戒さん、ギターは「肉まんアトム」店主のアトムカンフーさん、ベースは全国をリゾバで放浪中の理恵ちゃん、ピアノはプロアレンジャーでセラピストのまゆちん、そしてドラムはたまご。

なぜ「たまご」と呼ばれるかは、見た目が「たまごっぽいから」なんだけど、彼女はフェイスブックにこんな文章を書いていた。

『学生時代は勉強しないでドラムばっかりやっててどうしょもなくて、社会人になってから、ドラムやらないでもっと勉強しておけばよかったなと何度も後悔したり。だからドラムやっていたことは誰にも知られたくなかった。だけど今、こころからドラムやっててよかったなと思える。』

思ったのが、そもそも「勉強」ってなんだろう。オレは普通の人より受験勉強はしたと思うけど、だからなんなんだろう。勉強が好きならいいけど、そんなことよりも、自分のやりたいことを精一杯やってきた経験の方が人生においてははるかに役に立つ。

けど、それはいつの時代だって同じ。やりたくないことを続けるほど人生は長くもない。

たまごと初めて出会ったのは4年ほど前。確かに最初の方はちょっと自信なさげな雰囲気こそあったけど、ここ2~3年はやりたい仕事に出会い、そして文字通り、やりたいことしかやってない。

実は他のメンバーもそう。全員やりたいことしかやってない。少なくとも今は。なにより、オレもそうだけどね。

その、たまごのドラムなんだけど、初めて聞いてビックリ。ホンモノだった。メンバーでは最年少ながらも、いつの間にか音楽面でリーダーのようにイニシアティブを取り始めていた。しばらくドラムをやめていたのは、きっと基準が高すぎたんだろう。

けど、ブランクがありながらも、いざ叩いてみると、もう、笑うしかなかったね。
b0002156_1471611.jpg

久高島に行って、その前にオレとか了戒さんと出会ってしまい、なぜかドラムを再開するハメになったのけど、完全に宇宙の導きだろうな。

20歳前後のオレが哲学書にハマりまくって、その経験が今になって生きているように、たまごもまた、ドラムにハマってた経験が今、また生きようとしている。きっとこれから、とんでもない展開が待ってると思う。

とにかく、やりたいこと、とことんやればいいと思う。やりたくない仕事とか、勉強とか、どうでもいい。確かにそれで食えるかどうかは別の話。だけど、それも「忍耐」だよ。斎藤一人さんが言うように、人生は「忍耐」を学ぶためにある。

やりたいことをとことんやるにも「忍耐」が必要だけど、しっかり忍耐を学んだ先には、本当の自分の人生が待ってるんだろうな。

ともあれ、バンドのこれからが楽しみだ。やりたいことしかやってないメンバーによるバンド。大の大人が平日の昼からなにやってんだってね。これが青春なんですよ。

---

結局、人は「やりたいこと」をやるために生きている。勉強が好きなら勉強をしまくればいい。ドラムが好きならドラムを叩きまくればいい。自分の好きなことを精一杯やったのなら、「勉強しなかった」などと後悔する必要もない。もちろん、そんな時期があってもいい。だけど、やりたいことを精一杯やった人だけが、最後には自分の人生に誇りを覚えるものだ。


オレも哲学にハマってよかった。旅しまくってよかった。すべてが今に生きているし、自分の糧となり、多くの仲間とつながるための磁石となっている。これからも制限なく、やりたいことをやりまくろう。何度も言うけど、その一つの通過点に年末の「1,000人規模のソロ講演会(名称は未定)」がある。夏頃にはプロジェクトチームの結成と募集も行う予定。いろんなことが動き出す。


もう、後戻りはできなくなってしまった。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング

■5月28日(土)/福岡/舩井フォーラム2016福岡大会

■5月28日(土)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾15~一気に次元上昇する瞬間がやってきた~

■6月11日(土)・12日(日)・13日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2016 in Q州(Q州ツアー)

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-05-23 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)