「人生を変える3つの習慣」より 2016.1.4

クリックするとすべての良きことが雪崩のごとくおきます!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今朝7時30分に2回目のLINEメッセージを配信しました。すると程なくしてご返信をたくさんいただくではないですか。これはブログやメルマガにもない手ごたえ。LINEってもちろん知ってはいたけど、フェイスブックもあるし必然性を感じなかった。だけども、多くの人がやってるのなら、それだけでやる意義は高いわけだ。これからも素直になろう。


まあ、このLINEメッセージが今後、どのように展開するかは未知数だし、登録数も900弱とまだまだ少ない。これが10,000くらいまで増えると、また世界が変わってくるのかな。ちなみに種明かしすると、今日のLINEメッセージでは「人生を変える3つの習慣」って話をしまして、これはことあるごとに言ってるし、中学校での講演でも言ったこと。


それはつまり、「読書」、「旅」、「出会い」なんです。ちょうど堀紘一さんの読書に関する新刊を読んだばかりでもあるけど、そこには世の中は学歴などまったく関係なくて、いい人生を送るには「学習歴」こそが重要だと言われてます。その「学習歴」を高めるのがまさに「読書」である、と。


本当にそうだな~って思う。実際の話、40数年生きてきて見たところ、日本においては「学歴」は幸福度とまったく関係ないように思います。そして収入においてもそう。もちろん公務員や大企業なんかは「出世≒学歴」って要素はまだまだ残るけど、通常の民間企業、ましてや「起業」の世界にいたっては学歴はまったく不要。


ちなみに今の自分は幸せかどうかで言うと、ちょっと考えられないくらい幸せ。収入、時間、健康、家族にもほぼ100%の満足度だし、やりたいことをやる自由もある。だからと言って、学歴が高いわけじゃない。確かに大学院なんて行きましたが、文系の大学院なんかは研究者にでもならない限り無意味。あれは放浪するためのモラトリアムとして行っただけで、その点、親にはご迷惑をおかけしました。


そして大学院に行った直接的なメリットはほぼゼロに近い。もちろんその間の経験や出会いは後々の自分の糧とはなっているけど、就職やキャリアに有利どころか、むしろ逆だったとさえ言えます。実際の話、初めて社会人になったのは28歳だったし、それでいて実社会に役立つスキルは何一つ身についてない。


なので、曲がりなりにも院卒にもかかわらず、最初の月収は12万円で、新卒で入った22~3歳の新入社員の7割の待遇だったわけです。最初のボーナスなんかも寸志ではあれ、税込み2万円。他の新入社員は5万円あったところ。そして結局、勤めている間は手取りで20万円、ボーナス10万円を超えることはなかった。


それが今から11年前の32歳。もしこのまま10年間、ここに勤めてどうなるなか~って考えたとき、ビジョンは真っ暗だった。それでいて超長時間労働。そんな現実的な問題もあって、会社を辞めるって選択をしたわけ。


その後のことはご存知の通りかと思うけど、やっぱり「読書」に救われた側面は強い。どうすればお金を稼げるか。そんなことばかり考えて、そのためのヒントは本に転がりまくってたわけなんです。そう言えばアトムカンフーさんも投資ニート時代に大量に本を読んでいたらしく、それと今の状況は無関係ではないでしょう。


ただし、読書と言っても、「似たような本」ばかりを読むのは逆効果だと思います。たとえばスピリチュアル系なんか、確かに読むとホッコリ、スッキリすることはある。「そのままでいい」と言われて現状を肯定されて、それで心は安らぐだろう。


だけども、それで収入が上がることもなければ、恋人ができるわけでもない。もちろん収入や恋人なんかよりも、ただ単に「現状を安心し続ければいい」との選択も可能。それはそれで否定しない。だけども、もし今より収入を上げて、良き仲間、伴侶にも恵まれ、もっとワクワクしながら生きていきたなら、読む本を変える必要はあるかもしれない。


私自身、確かにスピリチャル・自己啓発本を書いてはいるけど、普段読んでるのは時事、政治経済、歴史、哲学系が中心だったりします。なぜならその方が儲かるから。なので、実のところ私が書いた『運なに』も『夢なに』も、一見、スピな装いがありながらも、中身は硬派なビジネス書だったりしますからね。


ただ一方で、普段から固めのビジネス書ばかり読んでる人には、ときにはスピリチュアルもおススメ。つまりですね、大切なのは世界を広げることなんです。常に常に、違った世界を見に行くこと。手っ取り早いのが読書。数千円、図書館だったら無料で「世界」を広げることができるわけでしょ。


その延長に、文字通りの「旅」があり、そしていろんな人との「出会い」があるのです。「旅」は確かにお金がかかりますけど、直接的な広がりがハンパない。そして「出会い」についても、間違いなく自分とは異質な世界に出会えるわけでしょ。


その意味では私がやってる「ツアー・合宿」はその3つを同時に満たすって意図があるんです。直接的な読書はしないけど、私としゃべってること自体が読書の意味もあって、なぜかと言うと、普段から時事問題や稼ぐ話ばかりしてるからね。スピな話もするけど、現実的な話の方が面白いから。そもそもきっかけもブログだったり本だったりしますし。


それに加えて、変なとこばかり行くし(アルバニア、アイスランド、ラダック、離島、滝行など)、参加するメンバーも面白い人ばかり。なので、今年もガンガンやって、どんどん世界を広げていってもらうと思ってます。その一つとして月末の「熱海合宿ワークス」はまたとない機会。ここに参加したことがきっかけで生涯のパートナーを見つけて結婚された人もいますしね。そして収入も上がりますから、いいこと尽くめです。


ともかくも、始めたばかりですが、週2回のLINEメッセージでも、ガンガンに世界を広げて、収入も上がって、思い通りの人生な話をしていきますので、これからもどうぞお楽しみに。質問などもいただけると、音声でその返答をさせていただくかもしれませんので、ご気軽にどうぞ。


ところで今日の午後は久々に栢野克己さんの事務所に遊びに行ってきました。久々の再会もあり、とても有意義な時間でした。フェイスブックより栢野さんのご投稿。

ヤバいお茶会。福岡の研修会社クリアビジョンで営業に頑張る松本彩加ちゃん、ミス日本のメンタルカウンセラーも務める常富さん、「夢なに」「運なに」がベストセラーの石田さん、10年の交際後に結婚出産1歳半のママ山本操さん。・・は、結婚後も対外的な性を変えてない。のはかなりヤバい。私の妻もそうだったw が、♪人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ咲き乱れるの~♪ 歌ってスゴい。今日のテーマは結婚、離婚、再婚、未婚、非婚、出産、子育て・・あの人がまさか!えっ、この人も!ぶっちゃけオンパレード。誰かが幸せになろうが不幸になろうが、他人にはほぼ関係ない。スグ忘れる。が、これだけは言える。やりたいことやっちゃう人生の方がオモシロイ。やっちゃえNISSAN!とほざく矢沢は離婚再婚大正解。相性ってあるのだ。調子に乗ってる石田さんはヤバいかもと思ったが、パートナーは石田さんへの不満やストレス貯めずにガンガン言うらしい。意外に奥さんの手のひらで踊ってる。のが一番いい(逆も)。所詮、男は女に敵わない。他の某さんも「OOOだけ済ませれば・・」と驚愕の発言。私がいつでもお務めします。マジで。今日は公に言えない書けない本音爆発の会話ばかり。こういうクローズドな接近戦はスゴくいい。来社あざっす!

b0002156_1256059.jpg


確かにヤバい話でしたね。栢野さんの身の上の話に始まり、いろいろ。出版、講師業界も含めて、いろんな人生ドラマがあるんだな~って話。離婚の原因は9割以上男が悪い、など。奥さんは何年も我慢していて、旦那はそれに気づかず調子乗ってると、ある日爆発する、てな話も。

その意味で「調子に乗ってる石田さんはヤバい」と思われつつ、その辺、しっかり反省いたします。ただ、うちのヨメさんは割と言いたいことをハッキリ言う性格で、家では私の方が大人しかったりしますからね。その意味では突然爆発のリスクは小さいと分析されながらも、いろいろ考えさせられる話でした。


あと、今日の話の中で決めました。今年、東京に移転します。ただし、電話と住所だけ。対外的な仕事が増えつつある中、事務所機能だけでも東京に移した方がメリットは大きいとの判断でね。身体を移すのはまだ先の話。でもいずれは、子どもも大きくなったら、福岡と東京が半々になる可能性はあるかと思います

そんなこんな、ものすごく刺激的な2時間半でありました。栢野さんの事務所に行くと、いろんな気づきをいただけるなあ。できる限り恩返しをしよう。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ

友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-01-04 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)