宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

「宇宙とkokokaraコラボワークス2016 in 熱海」のご案内

こんにちは、Qです!

2016年も新年早々にやります!!!

整体師・スポーツトレーナーとして沖縄を中心に全国で活動している
「ひーこーさん」こと照喜名弘彦さんを講師にお招きしての合宿ワークス!

4回目となる今回のテーマは、、、ズバリ!

「運が良くなるカラダの使い方」


実は拙著『運がいいとき、「なに」が起こっているのか?』の内容についても、
前回の合宿ワークスにて学んだことが軸となっている部分があります!


なんだかんだ、やっぱり「運」です!

そして「運」は身体から創ることができる!

そんな秘術をたっぷりと伝授していただきましょう!


そしてこれまた毎年恒例となる「女性限定」のシークレットワークも健在です!

その名も、

「子宮力を高めるツボ講座」

今年はどうやら、ちょっとだけ「大人」の領域に踏み入るようでして、
もちろん決して怪しい内容ではなく、理論と再現性に基づいたしっかりしたもの!

言うまでもなく、「子宮系」の何某とも無関係です(笑)


女性のための、女性だけの限定ワーク!

これでさらに女子力を高めて、仕事も恋愛もますます豊かに楽しみましょう!!


講師のひーこーさんは整体師・スポーツトレーナーであり、カラダのプロフェッショナル、
「元氣サポートルームkokokara」を主催されています。

ブログ「こころとからだ」も毎日更新で大人気!


それでは、合宿ワークスの内容について、ひーこーさんからご説明頂きましょう!



~~~~~

「運が良くなるカラダ」とは、

「超意識のサインに従って行動するためのエネルギーが湧いてくるカラダ」

です。


このカラダの状態をつくることができれば、運が良くなるしかありません!


「超意識と繋がる」というのは、


「超意識に願望を届けることができる:顕在意識⇒超意識」

「超意識からのサインをキャッチできる:超意識⇒顕在意識」



この2つのうちどちらかだけではなくどちらも可能な状態、
「双方向のコミュニケーションがとれる状態」のことをいいます。


顕在意識が抱いた願望を超意識に届けることができると、
その願望を叶えるために超意識が動き始めます。


そして自分では想像も出来なかったようなシンクロニシティ・ミラクルが起こりはじめます。



また、超意識からのサインをキャッチできるということは、
宇宙の智慧を自身の専属コンサルタントにつけられるようなものです。


やはり、顕在意識では想像も出来ないようなすごいアイディアが送られてきます。


その「顕在意識⇔超意識」の繋がりを分断してしまうのが、「潜在意識」です。


潜在意識の役割は、「安心・安全」を守ること。

超意識は「変化・成長・ワクワク」を求めているのに対して、
潜在意識は安心・安全を守るために「現状維持」を好みます。



超意識と繋がられてしまうと、現状維持が出来なくなる。変化は恐い。

だから潜在意識は「顕在意識⇔超意識」の繋がりを分断するような働きをしてしまうのです。



では、その潜在意識による分断を、どうやって解除すればいいのか?


潜在意識の警戒は「筋肉の緊張・コリ」としてカラダに出てきます。

逆に、筋肉のコリが緩むと、潜在意識の警戒心も緩み、
顕在意識と超意識が繋がりやすくなるんですね。


では、筋肉のコリを緩めるのは、どうしたらいいのか?

マッサージやストレッチ?

もちろんそれもコリを緩めることだけを考えれば、有効な方法です。


が!

マッサージやストレッチなどの効果は、ほとんどの場合、一時的なものです。


なぜか?

それは、「筋肉のコリが緩んだ状態のままでカラダを使うことを学習していないから」です。



私たちは普段、カラダを使って生きています。

その「カラダの使い方」が問題なのです。


多くの方は「筋肉がこわばってしまうようなカラダの使い方」をしてしまっています。

「筋肉が緩んだままでカラダを使う学習」が出来ておらず、
無意識レベルで力んだまま生活をしてしまうからです。


そういうカラダの使い方で生活をすると、そのうちまた筋肉はこってきます。

逆に「筋肉を力ませないカラダの使い方」を学習し実践できるようになると、
筋肉が緩んだままで生活ができるようになってきます



そのカラダの状態だと超意識と繋がりやすくなり、
行動のためのエネルギーが内側から湧いて出てくるようになります。


「筋肉のコリ」の代表に「肩こり」がありますが、
経験上肩こりの人は「手の指」が無意識レベルで力んでしまっています

日常生活で手を使う機会は多いと思いますが、手を使う度に指を力ませてしまっていると、
自分で自分の肩のコリを作ってしまっているようなものです。

では、指を力ませないで手を使うには、どうしたらいいのか?


手のひらの真ん中に「労宮(ろうきゅう)」という自律神経の働きに深く関わるツボがあります。

その労宮を柔らかく使うことで、
指を力ませることなく(肩コリの原因をつくらず)、手を使うことができます。


また、自律神経のバランスが調い活性化することで、
昼はエネルギッシュに活動し、夜はぐっすり熟睡できるようになってきます。


足の使い方も同様で、足の場合は「リスフラン関節」という関節を使う意識を持つことで
力みから解放され、大地のエネルギーを吸収できるグラウンディングされたカラダをつくることができます。


また、骨盤底筋群という骨盤の底にある筋肉群や、
腸腰筋という踏ん張ったり脚を前に踏み出したりするときに使う筋肉をうまく使えるようになることでも、
筋肉のコリから解放されたカラダの使い方ができるようになります。



東洋医学の「五行論」でいう「火」のエネルギーは「陽」のエネルギーの代表で、
「笑い」のエネルギーでもあります。

その「火」のエネルギーを高めることが「陽気」なカラダをつくるためには必須で、
ポイントは「背中」と「下丹田」です。

背中と下丹田を活性化することで、自然に陽気な「とにかく明るいカラダ」になっていきます


他にも筋肉を力ませないカラダの使い方ができるようになるポイントはたくさんあるので、
熱海ではそれらを時間の許す限りご紹介していきますね。



この「筋肉を力ませないカラダの使い方」のことを、「動的瞑想」と呼んでいます。


全身の筋肉は、何層かに重なっていることが多いのですが、
深層の筋肉を「インナーマッスル」、表層の方を「アウターマッスル」と呼びます。


働きとして、インナーマッスルは「スタビリティ」という「カラダを支える」役割がメインで、
アウターマッスルは「モビリティ」という「カラダを動かす」役割がメインです。



ですので、本来はインナーマッスルでカラダを支えるという「土台」があった上で、
アウターマッスルで動くというバランスが発揮できているのが理想なのですが、

インナーマッスルの働きが弱り、アウターマッスルに「動く」に合わせて
「支える」という本来苦手とする役割まで担わせてしまっていることが多いのです。


そうなるとアウターマッスルに負担がかかりすぎてしまい、筋肉のコリが発生し、
ガチガチになり、余計な力が入りすぎてしまう分、動きも硬く、鈍くなってしまいます。


それが、行動のブレーキになってしまいます。

アウターで「動く」と「支える」を両方やるということは、
「アクセル」と「ブレーキ」を同時に踏んでいるようなものなんですね。


逆にインナーマッスルにスイッチが入ると、
「支える」方の役割は得意なインナーマッスルの方が担当してくれるようになり、

アウターマッスルは本来の「動く」ことに専念できるようになるため、余計な力みが抜け、
しなやかでパワフルに動くことができ、ブレーキもないので動いても疲れにくいカラダになります。



瞑想は、身体的にいうと「(外側の)緊張が解放され、意識が内側に向いた状態」
つまり「インナーモード」の状態です。

意識が内側に向くとは決して内向的(閉鎖的)という意味ではなく、
外側のバリアが緩み自他が一体化された意識の状態です。


逆にアウターモードの方が殻にこもった内向的(閉鎖的)な状態になります。


「内なる声を感じ、殻が破れ解放・一体化された意識」
それが瞑想状態だと解釈しています。


瞑想は、座った状態で行うのが一般的だと思います。
身体的な動きがない瞑想。それは「静的瞑想」です。

もちろん静的瞑想でベースをつくることは大事です。


が、わたしたちは日常生活でカラダを動かします。

日常生活の中で瞑想状態を保ちながらカラダを動かす、それが「動的瞑想」です。


オリジナリティ豊かでバイタリティに溢れている人は、
自覚の有無にかかわらず、動的瞑想状態に入っていることが多いです。


オリジナリティというのは、自分らしさです。

内側に意識が向いていると、内なる声からの智慧とともに自分らしさが自然に発揮されてくるんですね。

バイタリティは「生命力」とか「活力」という意味だと思いますが、
インナーモードだとまさにそのバイタリティが内側から湧き出て生命力が発揮されてくるようになります。

オリジナリティ・バイタリティと共に生きることが、「天命を生きる」ことだと思っています。


「動的瞑想」は「天命を生きる」こと、

「動的瞑想」とは、「スピリチュアルを現実に反映させる生き方」です。


今回の熱海では、この「動的瞑想」の身体感覚を徹敵的にカラダに覚え込ませ、
腑に落とし、日常生活の中で実践できるようになっていただきます。


運がよくなるだけではなく、副産物としてカラダの不調も改善してきますよ。

そして、ご自身のカラダに秘められた想像以上の潜在能力に驚嘆することになるでしょう。

無敵のカラダを手に入れたい方のご参加を、お待ちしております。


~内容~

①動的瞑想とインナーモード
 ・なぜ「動的瞑想」状態は「無敵」なのか~女性性と男性性~
 ・「頑張らないとうまくいく」をカラダで実感する~「何もしない」と「頑張らない」の違い~
 ・手の使い方が運気を左右する~指の力み、肩こりと運気の関係~

②内なるエネルギーを呼び覚ます
 ・トップアスリートや武術の達人が活用する「内なるエネルギー」の威力
  ~なぜ指一本で人を倒すことができるのか~
 ・筋トレの誤解を解消しよう!~「内なるエネルギー」を呼び覚ます「無敵筋トレ」のポイント~
 ・効率的にエネルギーチャージするための睡眠法

③「運がいいカラダ」を身に付ければ、願いはすべて叶う!
 ・3つの丹田~知性・愛情・生命力~
 ・本物の「願い」の見つけ方~カラダのサインで自分の本音に気付く~
 ・とにかく明るいカラダとは?~下丹田&背中を活性化すると陽気になる~



<女性限定>夜のシークレットワーク

「子宮力を高めるツボ講座」

子宮力を高め、さらに女性らしさ、自分らしさを発揮するための、
ツボを使ったセルフケア法をお伝えします。

お灸を使うのもあり、指圧や経絡(氣の巡り)に沿って優しく撫でるのもあり。

家庭で実践・継続できる子宮力アップ法を、東洋医学の視点からお伝えします。

テーマがテーマですし夜なのでちょっと下ネタも入るかもしれませんが、
安心してください。ちゃんと上品な下ネタにします(笑)

~内容~
①ツボとは何か?~経穴と経絡~
 ツボのことを専門的には経穴(けいけつ)と呼びます。
 そして経絡(けいらく)とは、気が巡るルートのことです。
 東洋医学では気の滞りがカラダの不調に繋がると考えます。
 そして経穴は、経絡上の気が滞りやすいポイントにあります。
 経絡がイメージできると、ツボケアの効果も格段に上がります。

②子宮エネルギーを高める経絡
 経絡は「正経」と呼ばれる基本の経絡だけで12種類あります。
 その中でも特に子宮エネルギーと関わる「肝経・脾経・腎経」の3つの経絡と、
 その経絡にアプローチするための経穴をご紹介します。

③子宮力を高めるエクササイズ
 ツボからの経絡アプローチに合わせてエクササイズを入れると、
 さらに子宮力 UP の効果が期待できます。
 子宮力 UP のエクササイズで「小股の切れ上がったいい女」になりましょう!

④おまけ  夜の相性が合う男性を探す方法

b0002156_1742797.jpg


[照喜名弘彦氏プロフィール]

整体師・スポーツトレーナー。
整体手技と運動指導を中心に、「筋肉・骨格・内臓・メンタル・スピリチュアル」
・・・カラダを構成する5つの要素にアプローチし、理想のカラダに近づくためのサポートをしています。
幼少期からの重度のアトピー性皮膚炎の経験も踏まえ、人間の「元氣」を引き出すための本質的なアプローチ法を日々追求しています。
特に「メンタルとフィジカルの繋がり」を重要視し、表面的ではない、より根本に近い問題の解決をサポートしています。
(より詳しいプロフィールはこちら


※あわせてこちらの記事もお読みください!(←2013年用の記事ですが参考までに)
   ①肩こり・腰痛などを放置すると、具体的にどのような疾病に結びつくのか?
   ②生理痛・生理不順の主たる原因は?
   ③ダイエットできない主たる理由は?
   ④慢性的な頭痛の治し方は?
   ⑤骨盤の歪みを正すには?  など

~~~~~

それでは、受付を開始したいと思います!

先着30名となっておりますので、満員となりましたら締切御免にてご了承ください。

2016年も最高の一年にするためにも、しっかり「こころとからだ(心と身体)」を整えておきましょう!

皆さまとお会いできることを心より楽しみにしております!



日程:2016年1月30日(土)・1月31日(日)
場所:熱海市の某ホテル(駅より車で10分 ※参加者のみにお伝えします)


【30日(土)】
 12:30 熱海駅に集合(ホテルに直行でもOK)
 13:00 ホテルチェックイン、会議室にてワークⅠ
 17:00 ワーク終了、各部屋にチェックイン、温泉、その他
 18:30 大宴会!
 21:00 女子限定ワーク
 22:00 就寝まで語り合い

【31日(日)】
 7:30 起床、朝食
 10:00 会議室にてワークⅡ
 12:00 ランチ(お弁当)
 13:30 会議室にてワークⅢ 
 16:00 終了予定、バスで熱海駅へ


参加費:56,000円(税込)
 <参加費に含まれるもの>
  ワーク参加費、宿泊・食費(夕飲み付・朝・昼)
 <参加費に含まれないもの>
  会場までの各自移動費、各自食事以外の飲食費、その他雑費等


【参加方法】
エントリーフォームよりお申込み
・返信メールに記載の口座に参加費の振込
・参加者掲示板での事前交流(自己紹介、事務連絡など)
・当日に集合

募集人数:30名
by katamich | 2015-12-17 17:21 | ■セミナー・研修・講演
ブログトップ | ログイン