宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

マカロンと自尊心 2015.12.15

あめのみなかぬしさま、お助けいただきまして、ありがとうございます!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓



昨日はセッションの後、ちょっと寄り道してホテルに戻り、シャワーを浴びてからベッドに横になった瞬間、意識がなくなっていました。マラソンや自転車の長距離で、カロリー不足の低血糖で身体が動かなくなることを「ハンガーノック」と言うのだけど、それに似たような状況かと。


9時には寝て、目が覚めたのは夜中の2時。あ、そうだ、キン肉マンだ。週プレで更新されてるのを思い出し、それが今回はまた興奮回だったので、しばらく眠れず。それでも朝まではぐっすりまた寝たんだけどね。12時のチェックアウトまでゆっくりして、夕方の飛行機で福岡に帰ってきました。


それにしても、今回もまたものすごい出張だったな。アトムカンフーさんの東京デビュー。彼は来年もさらに活動の幅を広げるようで、1月にはある整体師さんとのコラボ。そして私とのコラボはですね、、、3月25日(金)の夜、沖縄は那覇で決まりました。と言うのも、アトムさんも私の沖縄ツアーに参加するので、そのついでにと。


そうそう、毎年この時期に行っている沖縄ツアー(久高島など)はすでに締切りになってしまいました。今回は一般募集をせずに、フェイスブックグループと雑談だけで埋まってしまった。しかも人数を拡大しての満員なので、これ以上の追加は不可能。


もし今後、同様の先行案内を希望される場合、私主催のツアーか合宿にまずはご参加くださいませ。1月末は「熱海合宿ワークス(ひーこーさんとのコラボ)」がその対象になりますが、一昨日の懇親会でHappyさんが乱入されるような「幸運」を与る可能性の高いグループです。それ以外にも結婚や付き合いなどが多発する激ヤバ、激レアな場なんですね。


さて、今回の「水ブロトークライブ」のご感想が次々と上がってきたようです。100万円ゲット報告の続く文三さんのブログがまた詳しいです。


水ブロ&Qさん♪ トークライブ行ってまいりましたぁー!/文三のブログ


実は今回、アトムさんの話を聞いてから、それにつながる話をしようと思ってたので、特に何も用意せずにのぞみました。アトムさんは水垢離の話と、自尊心の話をされてたので、主にその二つからスタート。

とりわけ「自尊心」の話は印象に残ったようです。文三さんのブログから拝借しますと、自尊心を上げる秘訣は三つ。


<自尊心を高めるための方法>

その1.人間関係を切る!
   心地良くない人との交流を切ること。
   自分が次のステージに行く準備ができ、
   レベルが上がると、こちらから働きかけなくても、
   相手が勝手に離れていく。

その2.他人を褒める!
   目玉をひんむいて本気で褒めること!
   褒めることによって相手が喜ぶ。
   すると同時にあなたの自尊心も上がる!

その3.甘やかす♪
   自分を甘やかす。
   ”快” になることをすると自尊心が上がる!
   女性ならちょっと高級なケーキなどを
   「美味しい~♪」と食べながら,
   ”いい気分”へと自分を接待する感じ。
   間違っても、一人部屋でカップラーメンをすすってちゃダメ(笑)。
    (注:半分冗談です(^_-)-☆)


これは元々、とある本に書かれてあったのを自分流にアレンジしてお届けしたもの。もしも大金が欲しければ自尊心を上げること。自尊心のキャパでしか、お金は入ってきませんので。そのために必要なのが上記。


まあ、自分でしゃべったことなんですが、本当にそうだな~っと。この3つについてしゃべるだけで30分以上は費やしたかな~と思うのですが、ワークとかも挟みながらね、たくさん笑っていただけたようです。


オレはこれからも「お笑い」を軸に置くわけじゃないですが、腹がよじれるようなトークライブを高めていこうと思ってます。世界一アツくて笑えてタメになる講師として。


で、特にウケたのが3番目の「自分を甘やかす」。これって苦手な人、割といますよね。極端な話だけど、美味しいものを前にして「アフリカの飢餓の人たちのこと思うと素直に食べられない」なんて言うような奴。

すみません、もう、最悪。


以前、とあるセミナーに参加したとき、自己紹介かなんかのタイムのとき、「戦争や飢餓で苦しむ子どもたちのことが・・・」といきなり泣き出したオッサンがいました。講師はアメリカ人だったと思うのですが、「ユーはなんてスウィートなガイなんだ」みたいに承認するんです。


でも、きっとその人は戦争や飢餓で苦しむ子どもたちのことなんか、本気には思ってないですよね。そんな「いい人」を演じることで、その場での承認を得られたいだけだから。


この手のセミナーやコーチングなんかでよく出される質問にこんなのがあります。


「もしも、なんでもできる無限の力があったら何をしますか?」


「10億円あったら何をしますか」、とかでもいいです。この質問をすることで、一切の制限を取っ払って考えることができ、そこに「本当にやりたいこと」が出てくる、、、みたいな意図だと思うのです。


だけど、考えてみて欲しい。

「なんでもできる無限の力」とか「10億円」とかって、普通の人ならば永遠に手に入らないものですよね。10億円ならなんとかなったとしても、「なんでもできる無限の力」なんてのは、絶対に手にできない。


なんでもできる力を得たら「戦争や飢餓を救います」なんて答えようものなら、論理的に考えると、永遠に救われないことになりますよね。だって、永遠に得られない「なんでもできる力」を手にしないと、「戦争や飢餓」が救えないのだから。


他にもボランティア、親孝行、世界一周、世界中の美女とやる、宇宙に行く、、、とかいろんなことを言う人いるでしょうが、「永遠に得られないもの」が前提なんだから、結局、この質問の答えって人生において「どうでもいいこと」なんですよ。


もしも本当にやりたいことがあるなら、無限の力や10億円を得られずとも、すでにやってることなんじゃないかな。その意味では、ほとんどすべての人が「今」やってることこそが、本当にやりたいことなんです

オレだったらブログ、滝行、セミナー、旅、人と会う、読書、音楽、、、などすべてやってることだし、これ以上にやりたいことは今の段階ではなかったりするもんね。


そうやって「ないもの」を求めるのこそが、自尊心が低いんです。セミナーの自己紹介タイムで、戦争や飢餓に苦しむ子どもたちのことをしゃべって涙するとか、面と向かって批判しにくいことだけど、ここで言わんでもいいことですよね。

もし本気でそう思ってるなら、40万円もする自己啓発セミナーなんて受けずに、寄付なり、NGO活動なり、青年協力隊なり、ボランティアなりすればいいんです。


同じように、目の前に美味しいものがあるのに、「貧しい人たちのことを考えると素直に楽しめない」なんてのは、もう、完全に自尊心低いわけ。今は美味いものを食う場と時間だし、そんなこと言って救えるわけでもなし。

戦争や飢餓を救う活動は別のところで人生をかけてやればいい。


話が脱線しましたが、「自分を甘やかす」ってのは、その時その場で本当にやりたいことを味わい尽くすってこと。美味しいものを食べるなら、全力で美味しい~って楽しむこと。


その意味では、、、女性はインスタントラーメンなんか食べてはダメ。それが好きで好きでたまらないならまだしも、女性が暗い部屋でインスタントラーメンをすする姿って美しくないじゃないですか。それじゃあ自尊心は上がらない。


では、何を食べればいいのか。それが、そう、マカロンなんです。

マカロンって多くの男にとっては意味不明の食いもの。だって、高いし、小さいし、甘いだけだし、色はケミカルだし、食感は気持ち悪いし、なんであんなものが存在するのか、本当にわからないんですよ。


だけども、女性にとってはマカロンはとても可愛くて大好きなお菓子になる。そしてマカロンを食べる女の子もまたとっても可愛い。


従って、女性限定の話ですが、「マカロンを食べる女は自尊心が高い、よってモテるし、恵まれる」みたいな話をしたんです。反論は受け付けませんが、そういうこと。
b0002156_21390.jpg


女性が自尊心を上げて、女らしく豊かになるには、、、マカロンを食べること!!!


って言うネタなんですが、ウケはよかったです。実は真理を突いてますよね。

と言うわけで、すべては自尊心。そのためには、マカロン。ただし、女性限定で。オレは食わないし、買いもしないけどね。ギャグでプレゼントしていただけれれば、ありがたくもらいますが(笑)


てなとこで、今年最後の出張が無事に終わりました。素晴らしい一年になりましたね。来年は1月に東京に2回、大阪に1回の予定です。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■12月27日(日)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾10~最高の2016年に向けて!~(15:00開場、15:30~18:00、福岡市天神)

■1月30日(土)・31日(日)/熱海/宇宙とkokokaraコラボワークス2016

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
by katamich | 2015-12-15 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン