白紙のカレンダー 2015.10.10

クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


3連休が始まりました。フリーになると連休が苦手。子どもたちとたっぷりいられるのはいいですが、忙しかったりすると落ち着きませんものね。

ところで今日、Amazonから2016年の年間カレンダーが届き壁に貼りました。今のところは1月くらいしかハッキリした計画はないですが、この「白紙」に「おもろいこと」がたくさん書き込まれて行くんだろうな~。こんな感じで右が今年、左が来年。

b0002156_14191662.jpg


去年の今頃の段階で、何となくも含めて決まってたのが4月のDWD、バンコクセミナー、『夢なに』の続編(運なに)、、、くらいじゃねーか!!!

それ以外のいろんなイベント、海外(アルバニア等)、その他諸々、なにも決まってなかった。『運なに』だってなんとなくのレベルだったし。もちろんセミナーとかは定期的にやって行きますが、突然、決まることの方が多い。だから面白い。現時点において、今年は42年間の人生で最高だったことは間違いないのですが、きっと来年も更新するだろうな。そうやってあの世に行く直前がピークって感じで生きたいよね。


ところで、『運なに』のCDは聞いていただけたでしょうか?CDの評判が思った以上にいいのですが、今のところ「誰もが10年以内に10億円を手にする方法」の感想が熱い。常識的にこの音声が魔法かなにかで10億円をゲットする話じゃないことは分かると思いますが、それでも「誰もが10年以内に10億円」にウソはありません。

その話、かなり深いと思ってるのですが、実は上記の「白紙のカレンダー」にも関係したりします。あまり書くとネタバレになりそうですが、ようは今年より来年の方が面白いって「気持ち」が大切なんですね。


ハッピーな人生とそうでない人生と、なにが違うのか。それは「気分」の違い。「いま、ここ」における「気分」の違い。ハッピーだと思ってたらハッピーだし、そうじゃないと思ってたらそうじゃない。そして究極の世界では誰もがハッピー。それに例外はない。


ただ、オレたちが生きているのはあくまで3次元であって、生前でも死後でも悟りの世界でもない。生き生きとした生々しい現実世界。どうしても物理環境に影響され、脳が「快」であれば幸せだけど、そうじゃなかったら幸せとは言えない。

では、どうすれば脳を「快」にできるのか。最も手ごろなのが麻薬。物理的に脳を「快」にするホルモンを放出させますからね。

だけど、麻薬は違法だし、それ以前に心身を蝕む極めて危険なものであるため、人生レベルでの長期的な幸せからはほど遠くなる。


では、どうすればいいのか。次に手っ取り早くて副作用もないのが『運なに』を読んでCDを聴くことだけど、まあ手前味噌はさておき、やっぱり未来に希望を持つことしかないんですね。


なぜ今もなお日本は不景気なのか。それは未来に希望を持てないから。景気なんてのは「気分」の集合体であり、世間の人たちがいい気分でいれば勝手に景気はよくなるもんなのです。アベノミクスだって突き詰めるところ「気分」をよくするための施策に過ぎず、株価の上昇なんてのは政策的などうこう以前に、社会や企業に対する「期待」の反映なわけでしょ。

もちろん世間が「気分」だけで流されるのは危険であり、それは70年前の失敗を見ても明らか。だけど、結局はバランス。


フィリピンなど開発国は平均年齢も若くまだ20代前半。そして実際に経済も右肩上がりで、多くの人たちが未来に希望を持っている。今年、バンコクの経営者の方から聞いたのだけど、タイやインドネシアでは「利益」を伸ばすには人を雇えばいいって発想を先にする。

日本だと「利益」を確保するのに人員削減など経費節減に走ってしまう。ベクトルがまったく逆。それじゃあ、いい「気分」になんかなれないよね。


消費増税がアップになり、おそらくこの先もさらなるアップが予定されてるんだろうけど、それ自体、企業にとっても家計にとってなんのメリットもない。昨年だったか商工会議所でセミナーをしたとき、その「消費増税」に関連する予算からのご依頼だった。


そのとき、消費増税のメリットはなにかと考えたとき、一つだけあることがわかりました。それは増税は自分だけじゃないってこと。日本全体がくまなく増税されて、確かに企業経営者としても痛いですよ。

オレだって来年は消費税を払わなければならず、仮に1,000万円の課税所得に対してだと、5%なら50万円、8%なら80万円で実に30万円も多く払う必要がある。嬉しいはずはない。


だけどそれは自分に限った話じゃなくて、みんなそう。ってことは、社会全体の「気分」が沈んでしまうとき、もし自分だけが無理やりでも「気分」を上げたらどうなります?

絶対的に勝てるに決まってます。


そして人は「気分」の良いところにお金を落とします。全体的に「気分」が下がってるなら、それが仮に無理やりにせよ「気分」を上げていけば、お金はこっちに吸い寄せられるに決まっている。

その結果、消費税が上がろうと売り上げが上がり、納税額は増えたとしても、残るお金も増える。そっちの方がいいに決まってるじゃないですか!ね!


これは個人も同じ。社会、環境がどうであろうと、未来に希望を持つ。今年よりも来年の方が面白いに決まってる。なにやろうかな~。そうやって「白紙のカレンダー」を眺めるんです。その「気分」はその白紙にどんどん面白いことを書きこみにやってきます!


たったそれだけのこと。なので『運なに』も『夢なに』も、実はそんな意図があって書いたのですよね。本当に。『夢なに』では未来の願いにフォーカスする。『運なに』はエネルギーを高め、「気分」を上げる。みんなでハッピーになりたいじゃないですか!おもろくいきたいじゃないですか!


そんな「気分」で「白紙のカレンダー」を眺めるのでありました。もちろんニヤニヤ妄想しながら。みんなもやってみよう!ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■10月15日(木)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション

■10月23日(金)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾8 ~運がいいとき、「なに」が起こっているのか?~

■10月29日(木)/名古屋/『運がいいとき、「なに」が起こっているのか?』出版記念トークライブ

■11月12日(木)/東京/『運がいいとき、「なに」が起こっているのか?』出版記念トークライブ

■11月15日(日)/大阪/『運がいいとき、「なに」が起こっているのか?』出版記念トークライブ
by katamich | 2015-10-10 23:39 | ■人生哲学