普通、いいよね♪ 2015.10.6

クリックすると今日もいいこと起こります!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


 今日から一週間の滝行に入りました。今回は通常の「肉、酒、H」に加え「小麦、お菓子」も禁止事項に。米、果物はもちろんOK。一週間後に身体がどのように変化するか楽しみです。つくづく「滝行」があってよかった。これからの季節、どんどん厳しくはなるけど、その達成感も含めてやめられない。何度も言うけど、フリーランスで当初の予想以上の成果を上げているのは、まずは滝行のおかげかと。もちろん滝行だけに埋没するのではなく、仕事面でも現実的に行動してきたからでしょうが、こうやって定期的にリセットする習慣があったよかった。


 おそらくは、私なんかはフリーでやっていけるほど自分に厳しくない。一人で焦ってイライラして、だけどもどうすればいいかわからない状態で自滅してただろう。今でも考えすぎて眠りが浅くなったりなどはある。そんなとき、月に一週間でも滝行に入ることで心を落ち着かせ、フレッシュな気分で仕事に取り組めるのは本当にありがたい。ただ、私のように滝行が日常にある人は稀だと思うので、瞑想や座禅でもOKでしょう。それでも「滝行」って非日常を常に味わえるのはつくづくありがたいことです。


 そんな感じで日々冷たくなる水と一週間ほど向き合って行こうと思います。さて、来週募集している「ビリーフチェンジ個人セッション」のページを少し付け加えました。最近はセラピーの話をしてなかったので、単なる案内だけではわかりにくいかと思い。

■10月15日(木)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション


 今まで見たところ、人の悩みってほとんどが「お金」と「人間関係」にあって、「健康」を含めるとそれだけで9割以上か。「人間関係」には「恋愛・結婚」が含まれるので、私自身が受けた相談ごととしては、「お金」と「恋愛・結婚」に関する悩みが圧倒的に多い。私自身、どちらも悩みの当事者だったこともあり、それはそれはよくわかるのです。


b0002156_11351011.jpg そして多くの「悩み」をたった一つの言葉で総括すると、それは「自信がない」と言われること。


 「自信がない」、、、これまで何度も何度も聞いてきました。そもそも「自信」って何だろう。どうすれば「自信」を持てるのだろう。まず、結論から言うと、「自信がない」はあったとしても、「自信がある」は幻想だってこと。


 むしろいかにも自信ありげにギラギラしてる様子は、その根本に「自信がない」があって、それを覆い隠そうと必死な状態とも言えます。「自信がないから自信を強調する」って状態で、それは言葉や態度でギラギラと現れます。なので、たとえば「あなたは自信にあふれてますね~」なんて言われるのは、もしかしたら自信のなさの表れかもしれません。


 「自信がある」状態が仮にあるとすれば、それはどこまでも「自然」なこと。わかりにくい例かもしれませんが、私の知り合いのピアニストによると、いいプレイには3種類あって、それは「いつもよりいい」、「すごくいい」、最上級として「普通にいい」があるとのこと。ハンク・ジョーンズのピアノなんていつも同じだけど、それ以上でも以下でもなく、常に「普通にいい」の状態。そこに「自信」なんて言葉が付け入る隙もない。


 この「普通にいい」って感覚、すごくよくわかります。人が最高のパフォーマンスを発揮するのは、いつでも「普通」であること。ただし、一流の人はその「普通」の基準が高い。スポーツ選手なんかも、普段から「普通」の基準を上げて、その普通のままに本番を楽しむ。それに結果が付いてくるだけ。


 「自信がない」とは自らの「普通」を否定しているだけ。確かに「基準」を上げるのは大事だけど、いざ上げてしまったら、その瞬間にそれが「普通」になる。


 収入を例にすると、これは実体験からして不思議なんですが、ある日、私は自分の最低収入を100万にすると決めました。ただ決めただけ。そして実際に月収100万円の人たちと会う機会も増やしました。するとどうなるか。


「普通に月収100万円」


がいつの間にか実現してたのです。そこに頑張りなども必要なく、決めたからそうなっただけ。それが普通になっただけ。ただそれだけのこと。


 これはおそらく恋愛でもそうだろう。恋愛・結婚できない自分には何かが足りないと感じる。だから、頑張って足そう足そうとする。しかし、何を足したらいいのかわからなくなる。どうすれば自分は周りの人たちと同じように恋愛・結婚できるんだろうか!


 そう必死になるのだけど、わかりますよね。その人の「基準」は「恋愛・結婚できない」にあるのであって、だからこそ頑張らないとって思うわけでしょ。その人にとって結婚・恋愛は普通じゃないのです。だって、世の中を見ればわかりますが、男女問わず、恋愛・結婚に容姿とか学歴とか年収とか、ほとんど関係ないじゃないですか。もちろん求めるところが違えば変わってきますが、少なくとも「幸せな恋愛・結婚」に関して言えば、条件はほんど関係ない


 何が違うのか。それは「幸せな恋愛・結婚」することが「普通」であるかどうか。そこに「基準」があれば、そのための条件は頑張らなくても引き寄せられるのです。戻りますが、収入もそう。月収100万円を目指すなら、それが「普通」になること。仮に今、そうじゃなかったとしても、月収100万円になると決めたのなら、自然とそうなる。本当に普通に、自然とそうなる。


 実のところ、「普通」って最強なんです。


 世の中には「普通」と言われるのを嫌がったり、「普通であってはいけない」などのビリーフを持ってる人も少なからずいたりしますが、「普通」を否定してる限り、どこまで行っても頑張り続けるしかなくなる。


 私にとって毎日ブログを書くことは普通。滝行も普通。人によってはそうじゃなかったとしても、それはその人に文化であって、私にはまったく関係ない。ブログや滝行が「文化」になってる人とってはどうってことない。
 

b0002156_11395025.jpg 日本でインジェラを食ってたら、それは確かに普通とは言えないけど、そもまた文化。エチオピアではインジェラを食わない日はないし、むしろ毎日白米を食ってる日本人の方がよっぽど以上だ。つまりは、どんな「文化」に属するか。


 「幸せな恋愛・結婚」の文化とそうじゃない文化。「月収100万円」の文化とそうじゃない文化。どっちがいいかだけ。今仮に、「幸せな恋愛・結婚」の文化にいないのであれば、そっちに行けばいい。そもそも「幸せな恋愛・結婚」ってのは人類にとって「普通」のこと。「月収100万円」は一例としても、「豊かな生活」は普通のこと。だから人類は滅びずに続いてるわけでしょ。


 生き物は常に「快」を求めるわけで、それが普通のこと。幸せなのは普通のこと。豊かなのは普通のこと。「自信がない」なんてのは、「普通であってはいけない」と思い込んでるから。これから先、ありのままに普通に生きていくことがわかれば、なかった「自信」は取り戻され、その状態に立って初めてあらゆる願いはかないはじめるのだから。

 普通、いいよね。

 気楽にいきましょう。それでももし悩みに押しつぶされそうになってたら、ビリーフチェンジセラピーも少しはお役に立てると思います。そんなとこで、普通にいきましょう。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■10月23日(金)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾8 ~運がいいとき、「なに」が起こっているのか?~

■10月29日(木)/名古屋/『運がいいとき、「なに」が起こっているのか?』出版記念トークライブ

■11月12日(木)/東京/『運がいいとき、「なに」が起こっているのか?』出版記念トークライブ

■11月15日(日)/大阪/『運がいいとき、「なに」が起こっているのか?』出版記念トークライブ
by katamich | 2015-10-06 23:39 | ■願望実現 | Comments(0)