願望実現とは文法である! 2015.8.21

クリックするとすべての良きことが雪崩のごとくおきます!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


b0002156_19325295.jpg 3日連続ボクシング、ファミレス、滝行から、夜中に無事、満行しました。2015年はちょうど8週間しましたので、100日やるには残り5週間。計算上はどっかで21日行が必要だ。できるかな。滝場では、これは珍しいミヤマクワガタがいました。どうしようかちょっと迷いましたが、一度、持って帰ってみることに。子どもたちが起きてからクワガタを見せると、最近おしゃべりになってきたたくちゃんが「くわがた かわいい」とか言ってました。季節的にもうすぐ寿命とは思うけど、それまで飼ってみようと思います。

 私も昔、カブトムシとか大好きで初めて飼ったのが小1の夏。当然、秋には死ぬわけですが、母親と泣きながら埋めにいったもの。すごく悲しかったけど、今思うと、大切な情操教育なのかな。ただ、翌年もたくさんカブトを飼ったのですが、死んだからベランダから投げるまで成長しちゃいました(笑)。そう言えば先日、ちびQはオタマジャクシを捕まえてきて、さすがにそれは飼うわけにもいかないので、田んぼに返しに行こうとすると、、、ソファに顔を伏せ始めました。オタマジャクシさんとお別れするのが悲しい、、、とか言って。なんじゃそりゃ。子どもたちは本当に可愛い。来年はもっと早くからカブトやクワガタを飼おう。

-------------------
この世に「名前」のないものは存在しない?
-------------------


 そして今日は夜、月イチの福岡セミナー。「月100万を真剣に」ってテーマですが、そのちょっと軽いタイトルとは裏腹に、かなり硬派な内容になったのではと思います。時間的に十分にワークをこなせないのですが、いつも通り2時間半、ぶっ通しでしゃべり通しました。そして自己評価的に最近では一番のセミナーができたと思っています。と言うのも、「自分を自分でモデリングする」って視点から作ったんだけど、「あ~、そうだったのか!」と自分で気づかされることも多く、やっぱりって感じ。

 つまり、現実を変えるのは簡単だってこと。今日のセミナーでは何度も何度も何度も「言葉が現実を創る!」、「私たちの世界は言語によってしか表現できない!」って言いまくっていたけど、確かにそうなんです。

「この世に『名前』のないものは存在しない」

 こう言うと、「え??たくさんありますよ!」って返してくる人が多い。しかし、このテーゼは完全に真実なんです。この世に「名前」のないものは存在しません。これ自体はそんなに斬新ではなく、むしろ哲学上は自明のことなんだけど、このことを真に理解してしまうと、現実世界はガラッと変わります。

 ちょっと解説するとですね、たとえば「産まれたばかりの赤ちゃんには名前のない人がいますよね?」とか、「完全に新種の動植物って名前がないものもありますよね」とか言いますけど、それぞれすでに名前あります。前者は「産まれたばかりの赤ちゃん」って名前で、後者は「完全に新種の動植物」って名前。なんだかよくわからないものについても「なんだかよくわからないもの」って名前があります。

 つまり、「名前」とは言葉であり認識そのものなんです。もっとわかりやすく言うと、英語で「ライス」って言うと米のことですが、日本語ではさらに「稲」、「ご飯」、「メシ」、「ライス」などたくさん訳出されます。「稲」と「米」とでは日本人なら誰もがその違いをニュアンスでわかるけど、英語では「ライス」です。つまりは文化。文化によってそこにいる人たちの「世界」は違いますが、それはすべて「言葉」によって「分節化」されるんです。

------------
すごい方法がやってきた!
------------


 もっとわかりにくくなったかな。ようは、米と稲を区別する人(文化)としない人とでは、目の前に展開される「現実」がまったく異なるってこと。ここから本題に入るのだけど、「月収100万円」を実際に得ている人と、そうでない人とも、実は使っている「言葉」が違うのです。英語圏の人が「稲」と「米」の違いをすぐに理解できないように、月収100万円の人が使っている言葉は、そうでない人には理解できないことがたくさんあります。

 今の私は月収100万円は普通にあります。なので、その世界の言葉を話しています。だけど、月収100万円に満たない人は、「その世界の言葉」を理解できないことが往々にしてある。と言うことは、「月収100万円未満」の人が、それを超えるには「月収100万円以上」の世界の言葉を理解すればいいのです。なるほどと思いました。我ながら。

 実際の話、英語をマスターするには英語が話される世界に滞在すればいいように、「月収100万円」になるには、その人たちがいる世界に滞在する、近づけばいいと言われます。英語をしゃべれない人からどんなに英語を学んでもマスターできないように、月収100万円の世界の言葉をしゃべれない人からどんなに学んでも、月収100万円にはなりません。

 そうなんです。言葉を理解することなんです。言葉をマスターすることなんです。つまり、外国語を習得するのも、収入を上げるのも同じ理屈。その世界の言葉を知らずして、その世界に生きることはできない。では、月収100万円の言葉って何か。いや、これは収入に限らず、あらゆる願望実現も同じ。このような「文法」になっています。

1.月収100万円にふさわしい人間である
2.なぜなら、〇〇のようなリソースを持っているから
3.そのリソースを活用することで、このように積算できる
4.もし月収100万円にならないなら、このような理由だ
5.しかし、その理由は〇〇によってウソだと証明される
6.月収100万円とは〇〇のような感じだ
7.それは「●●」である


 メカニズムはこう。それぞれに適切な言葉を当てはめ、文章として清書する。400字くらいか。そしてその清書した文章を、、、!!!!!

 おっと。これはすごい方法です。願望実現とは文法だ。確かにオレもそうだった。月収100万円に向けてそうだった。そこで、オレもやってみよう。次は「月収500万円」の「言語」をマスターする。そして見事に達成してみせます。自分で目から鱗でした。今日のセミナーは、どっかの世界から私自身が教えてもらうような、そんな臨場感がありました。そんなとこで、28日の「極秘セミナー」、29日・30日の「河口湖合宿セミナー」でも、この話をじっくりして、特に合宿では言語をマスターしてもらおうと思います。クワガタさんからのギフトのようだ。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■8月29日(土)・30日(日)/河口湖/宇宙となかよし合宿セミナー2015 ~Creating more Money and Abundance!~
by katamich | 2015-08-21 23:39 | ■願望実現