本読むと興味が膨らむね 2015.7.21

「スピリチュアル」に戻ってきました!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


b0002156_15222462.jpg 今日はヨメさんの息抜きの日なので、次男たくちゃんと一日一緒にいました。おむつを替えて、ご飯やおやつをあげて、テレビを一緒に見て、遊んで、、、そんな一日もいいね。子どもって1分前まで大騒ぎしてたのが、急に静かになってそのままコロン。床の上に寝たので、なんとか布団へ。このまま一時間以上寝まして、私もいつの間にか昼寝していました。読書の方はなかなか集中できなかったのですが、なんとか一冊。

 三橋貴明さんの「ギリシャから来たソフィア」ってかなり前に出た本。半小説・半時事本。ギリシャに魅かれて読んだのだけど、ソフィアってブルガリアの首都じゃん、、、と思ったのですが、それはされおき。速読でもほぼ100%理解できました。読みやすかったのもありますが。ギリシャ問題って、世間的にはギリシャの怠慢だって言われて、確かにそうなんだけど、だからと言ってギリシャが一方的に悪いわけじゃない。今のところ、ギリシャの最大の敵はドイツなんだろうけど、ようはユーロを仕切ってるドイツに「借金負けて~」って頼んでるのを、頑なに拒否してるんですね。

 そりゃ、借りた金返すのは当然でしょ。だけども、経済は「未来」を見通さなければならない。ちょうどピケティが発言してたのですが、そもそも二度の世界大戦でドイツは戦争債務を抱えてしまって、それを免除したもらった事実があるんですね。その上での経済発展なので、ドイツとギリシャとでは債務の質が違うと言えど、地域の、世界の「未来」を見たとき、果たして免除を頑なに拒否するのが吉とは必ずしも言えないのでは。

 また、これもドイツが「悪い」ってわけじゃないけど、原因があるものとして、ユーロ圏内では自由に関税がかけられません。つまり生産性の高いドイツと、低いギリシャとで、まともに貿易し合う必要があるんですね。すると当然のこと、「安くて高品質」なドイツの車がユーロ圏内でバカバカ売れて、それはギリシャも例外ではない。現にギリシャで走ってる車のほとんどがドイツ車とのこと。そうなると、ドイツは貿易黒字、ギリシャは貿易赤字が累積し、借金するしかなくなる。

 これがもしユーロでなければ、ドイツ車に関税をかけてある程度コントロールすることができたわけです。その代わりにギリシャも頑張って自国製品を作って、品質は多少悪くても安く自国に流して、それで経済や産業を成長させることができるんです。だけども、ユーロに入って自由に関税がかけられなくなって、そりゃ安くていいものはどんどん売れますよ。結果、ギリシャの産業も育たなくなって衰退の一途をたどるのみ。

 つまり、生産性が高いことを「絶対善」と考えるのがグローバリズムであるけど、世の中ってそんなももんじゃないでしょってのが本書の主張。三橋さんって人は一貫して「反グローバリズム」で、TPPに対しても大反対。最終的にはバランスが大切なんだろうけど、グローバリズムを突き詰めると、世界はアメリカしかなくってしまう。文化や歴史も根こそぎ刈り取られ、そんな世の中って楽しいでしょうか。実際の話、今、ギリシャのエーゲ海の島々は外国資本から買われまくってるそうです。このまま進めば、国土はギリシャであっても、所有者がほとんど外国人になってしまう。もちろん法規制はかけるのだけど、グローバリズムが進んで規制が取っ払われると、今のエーゲ海の美しい島々でなくなってしまうかもしれない。

 まあ、そんなわけで、今、ギリシャにめちゃくちゃ興味あるので、一気に読んでしまいました。30分はかかったけど、理解度はほぼ100%。いいね。こうやって世界を広げると、今度行くアルバニアとかにも興味がわいてくる。ほんと、楽しみだ。


 で、今日は夜にボクシングに行きました。久々にマスボクシングをしたのだけど、極度にヘロヘロに。スタミナ落ちてるのを実感。とにかく「水を飲め」って脳内に指令がきました。そして先ほど、ようやく7月25日(土)の東京セミナーの案内文を仕上げました。3時間なので、この辺が限度かな。時間的に。一般席はまだ空きがありますので、どうぞよろしくお願いいたします


こんにちは、石田久二です。このたび、「人生を劇的に変える、アファメーションの秘術」と称して、ライブセミナーを開催することになりました。テーマはアファメーション。極論ではなく、私はアファメーションだけで人生を変えてきました。忘れもしない、私の人生は31歳と3か月でオセロが一気に裏返るように、変わっていきました

そのきっかけとなったのがまさにアファメーションであり、そのときの言葉は「ツイてる!」でした。ご存知の方も多いと思いますが、「銀座まるかん」の創設者・斎藤一人氏の著書に書かれてあったこと。人は「ツイてる」と言っていれば、本当にツイてくる(運がよくなる)から。

それまでの31年間はとにかく失敗の連続。大学受験にも2度失敗し、大学卒業後も就職できずにニート。28歳でなんとか契約社員となるも長時間低賃金労働を続け、これからの人生は真っ暗。このままだと収入もどんどん下がり、結婚もできず、もちろん好きな海外旅行にも行けずに、細々と不満の多い人生を送るしかない。

そんな「どん底」の状況だったからこそ、「ツイてる!」を藁にもすがるように実践した。すると間もなく、、、本当に運が良くなってきた。会社の企画も通り、やりたい仕事ができるようになり、報奨金ももらい、人間関係もめちゃくちゃよくなる。客先にも恵まれ、さらにプライベートでも充実してきた。

何が起こったんだろう。その一年後には会社を辞め、あれから10年。今では年収3,000万円に迫る収入を稼ぎだし、時間さえあれば海外旅行。そして欲しいものもほとんどすべて買い、やりたいこともやり尽くしている。人間関係にも恵まれ、愛する家族といつも一緒。そしてこれからもどんどんやりたい放題。

もう、原因はハッキリしている。それは「言葉」を変えたから。この世の中は「言葉」で出来ています。「はじめに言葉ありき」と言いますが、実際ははじめから最後まで言葉であり、人生は寸分たがわず「言葉」なのです

「ツイてる!」で言葉の効果を体感した私は、それからどんどん自由自在に「言葉」を編み出すようになり、本当にず理想通りの現実に生きるようになりました。もう一度言います。人生は言葉です。本セミナーでは、そんなシンプルな「真実」をいかにして自分のものにするか、そんな3時間を過ごしていただきます!


Ⅰ.言葉はいかにして世界を創るのか!

 言葉は寸分たがわず自分自身の世界を創っています。どんなに望んでいなくとも、それが現実であれば、その人はその通りの「言葉」を発しているのです。「言葉=現実」の真実を理解すれば、これからの人生は冗談抜きで思い通りだ!

●どこまでも「言葉」が「現実」であることを体感・理解する!
●言葉が限界を作っている!限界を突破する方法!
●アファメーションがまったく効果ない人の理由!
●絶対に外れないアファメーショントレーニング!


Ⅱ.真言密教のなかのアファメーション!

 真言密教では「三密(身口意)」により悟りへと到達する。現代の「三密」とは「行動・言葉・思考」であり、それが「現実(願望実現)」の根底にある!その根底を支えるのがまさに「言葉」!いかにして「言葉」にエネルギーを宿らせるかが「実現」の秘訣!

●真のアファメーションは3か月に一回でいい!
●あめのみ、、のうぼう、、おん、、これらは効く!
●21日間で100%思い通りの人生に舵を切る方法!
●男と女のアファメーションは違う!


Ⅲ.お金はアファメーションに弱い!

 ハッキリ言って「数字」ほどアファメーション効果の高いものはない!その代表が「お金」だ!10万円単位なら数日から数週間、100万円単位なら数週間から数か月、1,000万円単位なら数か月から10年以内に実現できる!その方法とは!

●あのアファメーションを公開すべきか?
●「〇〇〇」から来る願望にはお金は寄り付かない!
●財布からお金が減らなくなる呪文がある?
●奇跡の成功法則「マイダス・システム」の秘密!

「私はゼロから出発して11週間で( )円を儲ける。しかしながら、そのために11時間以上は働かない」

さて、どうしましょうか。まずは、当日、会場でお会いできるのを楽しみにしています!



 と言うとこで、また明日。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■7月24日(金)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション

■7月25日(土)/東京/「人生を劇的に変える、アファメーションの秘術」ライブセミナー

■8月9日(日)/大阪/「夢がかなうとき、『超意識』が動き出している!」ライブセミナー

■8月29日(土)・30日(日)/河口湖/合宿セミナー(予定)
by katamich | 2015-07-21 23:39 | ■時事問題 | Comments(0)