もう、戻れない・・・ 2015.7.3

クリックするとすべての良きことが雪崩のごとくおきます!
 ↓ ↓


 明日から一週間の滝行に入ります。今年7回目なので、ちょうど月に一回のペースですね。そして10日までに新刊の宿題を提出せねばならず、この滝行週間が勝負となります。2004年8月に始めた滝行も、今年で12年目。当時はまだサラリーマンでしたが、よく続いてるものだ。当時から50代、60代、70代の方がいらっしゃいましたが、見た目もほとんど変わってなくて、滝行をやってると年を取らないのかな、とまで思わせられます。私は私で若返ったと言われますしね。当時はスピリチュアルの文脈で滝行をやっていましたが、今では単なる習慣。もし、滝行をやってなかったら今の私はないでしょう。

 ちなみに滝行の効用、メカニズムをあえて解説するとこんな感じ。まず、滝に打たれると(特に冬)、冷たさや痛さを緩和するためにドーパミンが分泌されます。いわゆる脳内快楽ホルモンですね。なので、滝から出た直後ってのは、何とも言えない多幸感が味わえます。その前に身体が慣れた辺りもたまらないものがある。さらにドーパミンはいわゆる情報の関所と言われる「視床」の働きを弱めます

 この「視床」は嗅覚以外の感覚(情報)を前頭葉に送り込む際、かなり抑え込んでいます。それが「視床」の働きが弱くなるってのは、「まんまの感覚」が前頭葉に向かって行くことになる。平たく言うと、インスピレーションが拡大して思考へと送り込まれるんですね。この瞬間を「ヒラメキ」と言ったりします。なので、私は人知れず困ったことがあると、滝に打たれてインスピレーションを降ろし、その通りに実行して問題解決してるんです。ただ打たれるのではなく、何らかの「意図」をもって打たれると、そのまんまに返ってくるもんです。簡単、簡単。

 なので、来週のQ州ツアーでも、ぜひ、滝行による問題解決を体験して欲しいと思っています。手順はこう。

1.解決したい問題、実現したい願望を思い浮かべ、「どうすれば~?」と問いかける
2.滝に入り、ただ息を吐いてリラックスする
3.気合いを入れて出て、多幸感を味わいつつ「どうすれば~?」の答えに耳を傾ける
4.なんらかのヒラメキが降りてくれば完了


 こんな簡単に行くかどうかはコツの問題かもしれませんが、逆にそこで得られたインスピレーションはすべて正解とも言えますので、ぜひ、大切にされたらいいと思います。来週から雨が降るようなので、当日は水量も増え、かなり気合の入った滝行になることでしょう。こんな感じに。
b0002156_3115352.jpg

 まあ、いつのこと、私のツアーは毎回「晴れる」ので、最もよいコンディションで滝に打たれられる。3月の沖縄も、前回のQ州も、天気予報では「雨」となってても、当日になるとなぜか晴れるんです。楽しみですね。ただ今、参加者さんによる事前の「掲示板」が始まっており、その中の一人がこんなコメントを残されています。

「Q州に行った後はもう行く前には戻れないんだろうなと思います」

 なかなか意味深な発言です。そうなんです、Q州に限らず、私のツアーに参加してしまうと、それ以前の自分には戻れない。それは参加者さんが一番よく知ってるわけで、3日間の「体感」こそがビリーフチェンジなんですね。しかも今回は初日の夜に、かなりディープな「お金」のセミナーをしたいと思っていますので、お金に関するビリーフも書き換え、見事にプロニートへの道に進んじゃいます。もう、元には戻れません。

 てなわけで、今日は短いですが、明日は早朝から北九州で滝行なのでこの辺にしておきます。もう、戻れない。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■7月11日(土)・12(日)・13日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2015 in Q州<vol.2>(残3)

■7月16日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾6 ~お金の魔法~(残6)

■7月25日(土)/東京/セミナー(未定)

■8月9日(日)/大阪/「夢がかなうとき、『超意識』が動き出している!」ライブセミナー

■8月29日(土)・30日(日)/河口湖/合宿セミナー(予定)
by katamich | 2015-07-03 23:39 | ■精神世界