宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

ノリで人生は変わる 2015.6.19

クリックするとすべての良きことが雪崩のごとくおきます!
 ↓ ↓


 今日もエキサイティングしました。福岡での月イチのセミナー。今日で5回目となりましたが、回を重ねるごとに人数も増え、そして会場も広くなっています。そのうち毎回100名超えになると楽しいなあ。ただ、そうなるとアフターの飲み会がやりにくくなるかもだけど、そのときはそのときに考えよう。とにかくも、すみません。今日はずっとヘラヘラヘラヘラしてました。参加者の中にもそんな人がチラホラでして、なんでしょうね。いろいろわかっちゃったんです。たとえば「お金」を引き寄せる完璧な方法とかって。ただ、その方法を知ったところで実践しなければ意味がないけど。

 「r(資本収益率)>g(経済成長率)」って、トマ・ピケティが証明した定式がありますが、平たく言えば「お金はお金のあるところにくる」って感覚的にはわかるとことを経済学的に証明してしまって、それで昨年末辺りからセンセーションを巻き起こしてるわけですね。個人的な話として、本日、16,500円の(臨時)収入を得ました。それはあるところに60万円ほど預けてたのですが、その分配として入ってきたお金。もちろん元本はそのままで分配だけされる。先日購入した投資信託も年に一回は分配金が支払われる。銀行に預けても利息は雀の涙だけど、きちんとしかるべき対策をすれば、勝手に増えていくもんなんですね。

 さらには「複利」って原理を用いると、元本の額にも寄るけども、普通に「億」を突破してしまう。つまり、誰だって「億」の資産を持つことができるわけ。違いはどこにあるのか。それは「情報」の有無。では、その「情報」を得るにはどうすればいいか。一言で言うと「ノリ」ですね。「やりたいことが見つからないのホリエモンの回答が秀逸!」って音声を聞いて笑ってしまった。ホリエモンと岡田斗司夫の討論会なんだけど、質疑の際にある参加者が「やりたいことが見つからない」と言ったのに対し、二人でけちょんけちょん。

 その中でホリエモンがその方に「あなたは東大連の阿波踊りに4日間、行きなさい(オレも行くけど)」と言ったのだけど、「うん」と言わなかった。だからダメだと。わかる!わかる!わかる!わかる。ホリエモンと岡田斗司夫に質問して、それが最高かどうかわからないけど、一つの具体的な提案をいただいた。阿波踊りに行ったところで、確かにどうなるか、どうにもならないか。だけども、「阿波踊り」って一つのアンサーをもらったんだから、ノリででも「行きます!」と言うしかないわけですよ。この場合。

b0002156_18575480.jpg 人生はノリが大切。ノリで人生は変わる。ホリエモンの言う通り。別の例としては、女の子と付き合うとき、だいたいにおいて最初からどストライクとは限らない。だけどまあ、嫌いじゃないし、やらしてくれるからいいか~ってノリで付き合うでしょって。そんなきっかけでもよくて、そこから「やっぱ、最高の女じゃん」って思って結婚することもあれば、別れることもある。そんなノリでいいわけ。最初から完璧などストライクにこだわって、それじゃなきゃダメって言ってたら何も進まないから。

 以前、ある人から相談を受けました。人生を変えたいと。そこで「2分と2,000円で確実に人生変わる方法があるのだけど、聞きたいですか?」と言うと、「聞きたい!」と答える。「R1ぐらんぷり」に出てください。ネタがなければ、ステージで2分間、踊ってるか、何もしないでジッとしてればいいんです。もちろん、それでその人の人生が思ったように変わるとは限らない。だけど、失うものってほとんどないでしょ。あ、これ来年やろう、オレ。次回のR1ではネタを作らずにステージで何かやる。これも一つのチャレンジだね。

 ともかく、そうやって具体的な提案をして、しかもリスクもコストもほとんどないのに、「いや~、それはボクのキャラじゃないので・・・」と言って否定する。いやいや、ちょっと待って欲しい。人生を変える、つまり「ボクのキャラ」を変えたくて相談したんですよね。なのに、なぜに「ボクのキャラ」を守ろうとするのか!

 「ボクのキャラ」と違う提案をされたら、だからこそノリで受けるしかないわけ。お金も時間もかからない。何も失うものはない。なんだけど、「ボクのキャラ」で判断する。結局これ。多くの人は「ボクのキャラ」を変えずに、周囲だけ変えようとする。そんなのあり得ないに決まってるじゃん。人生なんてノリで変わるんですよ。オレだって大阪の東川さんから「石田さんもR1出たらよろしいやん」って言われて、ノリで出場した。それで何が変わったかわからない。だけど、確実に言えるのは、オレ自身の「安全領域」が広がった。それってすごいこと。そっからもう何でもありになって、間違いなく加速した。たった2分と2,000円で。

 結局、ノリなんですよ。話を戻しますと、今日の参加者さんの中に先日のQ州ツアーに参加した人がいたのだけど、もう50万円でも安いと言われた。単に気持ちの問題じゃない。Q州ツアーに参加したことで具体的な出会いと情報があった。その会に限らず、毎回、何らかの出来事がある。たとえば去年にしても、Q州ツアーをきっかけに付き合い始めた男女がいて、もうすぐ一年。それってお金出しても得られないじゃん、普通。それがたったの7万3千円で出会ったのだから、つくづくプライスレスなわけ。恋愛結婚だけじゃなく、ツアーをきっかけに大金を手にした人もいる。だからと言って、全員が全員そうなるとも限らない。だから聞かないで欲しい。ツアーに参加したらお金持ちになれますか?、とか。

 そんなこと知るわけないじゃん。確かにツアーで出会ったりいいことあったり、いろんなケースを見てきましたよ。だけど、その特定個人がどうなるかとかわかるはずない。だから、聞くくらいなら参加しない方がいい。少しでも「確実」な答えを求めて、リスクから逃げたいだけでしょ。リスクを取らずに加速しようとかあり得ませんから。しばしば「この事業が成功したらお返しします」と言ってくる人がいて、それもまたあり得ない。1~2度、それで協力したことがあって、オレ経由で50万円ほどの売上を立てて、最初はよかったのだろうけど、やっぱり続かなくて今は完全に消えてしまってる。当たり前。リスク取ってないんだから。

 Q州ツアーに参加するにしても、リスクとしては参加費と3日間の時間。あと、気が合わない人がいたらとか、そもそも楽しくなかったらとかある。絶対にそうならないって保証もない。だけども、ノリで参加するか~!ってスタンスで実際に参加すると、、、毎回のようにものすごいことが起こる。だから50万円でも絶対に安いわけ。月末にH氏とコラボセミナーするけども、それだってどうなるかわからない。主催者のオレだってわからない。このセミナーを主催したこと自体がノリで、おそらく参加者の多くもノリだろう。中にはやっぱり聞いてくる人がいる。そのセミナー参加したらどうなるか、とか。当たり前だけどわからない。そもそも私はその人のことをほとんど知らないし。だから、聞いてこられる方については基本的にはお断りの方向です。参加費をもっと別の用途に充てた方がいいから。

 なんだけども、ノリで参加して、あり得ないくらいの利益を手にする人だっているわけで、そんな人をこれまでたくさん見てきたからこそ、いつだってノリで始められちゃう。この世に「絶対確実(=リスクゼロ)」なんてものはない。それに近いものはあるかもしれないけど、それって面白くないわけですよ。不確実(=リスク)であるからこそ、面白いし、もしかしたらあり得ないリターンを得るかもしれない。そこに飛び込んでいくのに必要なのが、ノリ。

 と言うわけで、先日のQ州ツアーだって「ノリ」で参加して、そしてものすごいことが起こった人もいる。そんなこと本人もオレもわからない。だけども、ノリさえあればどんなことあっても乗り越えられるし、何よりも人生楽しいでしょ。今日のセミナーでは、、、予告通りそれなりに激しくやりましたし、頭がパンパンなほど濃密な情報を提供させていただいたと思います。また激しくやりましょう。

 セミナー後は7名で飲み。いつもよりは少ないけど、2時間半くらいまた濃密な飲み会になりましたね。この飲み会だって公での呼びかけはしてないけど、ノリで参加しちゃっていいんです。部屋に残ってたら声かけますし、声かけてください。ある意味、アフターの飲みこそが本番だったりすることもあってね。濃密さの点では。気が付けば12時。そこから先月発掘したスコッチ専門のバーへ。ここがまたマニアックで、しかも良心的。毎回ここで飲みたい。その後、2時になってたのだけど、ラーメンの話からノリで「八ちゃんラーメン」に行くことに。その時点で4名。日本一毒々しいラーメンとして地元ファンは多い。そんな時間でも行列ができてますもん。
b0002156_18582311.jpg

 あまりにこってりしたラーメンだけに、にわかに覚醒しちゃいまして、サッパリしたくてさらに4次会はワイン。気が付けば3時回ってましたね。明日は休みだからいいや。ノリって最高。これからもノリで生きて行こう。7月のQ州ツアーもまだ席はありますので、ノリでどうぞご参加お待ちしています。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■6月30日(火)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション

■7月11日(土)・12(日)・13日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2015 in Q州<vol.2>
by katamich | 2015-06-19 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン