ケチよさらば 2015.6.8

クリックするとすべての良きことが雪崩のごとくおきます!
 ↓ ↓


 2泊3日の名古屋でしたが、実に濃厚すぎて随分長くいたような気がします。今日は夕方の便だったので、ホテルのチェックアウトを2時間延長してゆっくりしました。そしてコメダでブログ更新など。フェイスブックにサクッと投稿。

b0002156_15144756.jpg
コメダにいます。チリドッグとアイスコーヒーで800円。安くもないけど、欧米だと2千円はするだろう。これは欧米や国外が高くなったのではなく、日本が安いままなだけ。日本はここ20年ほど物価も賃金もほとんど変わってないのだから当然だ。たけど国外では「普通」に物価は上がってるだけで、異常なのはむしろ日本。

これは円安だからと為替の問題以上に日本って国そのものが停滞してるだけ。日本が破綻することはないだろうけど、財産を日本に預けっぱなしなのはリスクが高すぎる。

これからは先進国のものが買えなくなるし、海外旅行に行く人も激減する。現にかつては日本植民地かと思うほど日本人で賑わっていたバンコクのカオサン通りにも、日本人の姿がほとんど見えなくなっていた。現地の人と欧米人、中国人ばかり。

こんな時代だからこそ、これからも外国に行きまくろう。幸い20代に海外放浪してた経験から、外国に行くのに抵抗はない。これはささやかな財産だ。

昨年末くらいからメッセージが立て続けにやってきている。もう日本にだけ安住することはできない。日本を愛してるからこそ外に目を向けなければならない。


 実は土曜日の土井さんのセミナーでも言われてたことで、質疑応答の際、私が「大塚家具について・・・」と質問したら、ものすごくグローバルな話になりまして、またまた脳天をぶち抜かれたのですね。今年に入ってから、いや、昨年末のホリエモンの会くらいから同じようなメッセージがやってきまくる。DWDでオーストラリアとタイに行ったときもそうで、先日、プロニートの方とお会いしたときもそうだ。もう、「日本」だけで物質的な豊かさを維持するには限界がきているよう。もちろん精神的な豊かさとは別だけど、3次元においてはある程度は連動してますからね。物質を求めると精神が犠牲になるものでもない。もちろん精神を求めると物質が犠牲になるものでもない。物質と精神はある程度は連動しています。もちろん何ごとも「やり過ぎ」はNGでしょうが。

 とにかくも、まずは自分と家族を守るためにも、資産管理の視点は不可欠であり、そのためには「情報」それもグローバルな情報がますます重要となってきます。その意味でも勉強は続きますし、そのための費用を惜しんではならない。ここ数日、本を買いまくってます。スピリチュアル・自己啓発系ではなく、硬派なビジネス書を買いまくり。マーケティングを中心に歴史、世界情勢などなど。そして積極的に専門家に会いに行くようにしてるし、もちろん「旅」もしまくりたい。いや、しまくる。

 ぶっちゃけ、今の私は比較的「旅」をしにくい状況にある。それは子どもが小さいから。つまりは、ヨメさんに子どものことをすべて託す必要があり、そしてその大変さも知ってるから。だけども、それでもできる限り行きたい。すべては成長のため。ちなみにさっそく新生銀行の担当の方に面談を申し入れしました。資産運用に関する相談。そして新生銀行のネットバンクからは直接外貨が買えるので、ちょくちょく換金しています。なんだか夢のない、生々しい話になってきてますが、こういう現実的な視点は極めて重要。

 ちなみに今月末のH氏とのコラボセミナーですが、本でもネットでもほとんど手に入らない情報がシェアされると思います。それは決してフワフワした呪文のような話ではなく、極めて現実的な、かつ最重要な話。生憎と今はキャンセル待ちの状態ですが、正直、参加される人はめちゃめちゃラッキーです。中には申込をしたものの、費用的な問題から迷ってる方もいらっしゃいますが、迷ってる限りではキャンセルした方がいいかと思います。土曜日に土井英司さんから言われて、脳天ぶち抜かれた言葉の一つに、「ケチな人は成功しませんよ」ってのがあります。それは私に対して直接言われたのですが、まあ、あるレベルから見ると私はケチかもしれません。それなりに自己投資など惜しんでないつもりでしたが、コンマリさんレベルだと確かにケチかも。

 その文脈で言われたのが、「今の石田さんがウォールストリートジャーナルから取材されると思いますか?」って。これは確かにNOとしか言いようがない。ぐうの音も出ないほどの正論だけども、同時にその言葉自体が大きく私の基準を上げてくれた。目の前に「ウォールストリートジャーナル」や「ニューヨークタイムス」が立ちはだかったのですから。確かに今は恐れ多い限り。だけども、どこまでも目指していい。土井さんの言葉として、最も深く胸をえぐったのが、

「後悔するリスクほど大きなリスクはない」

ってもの。結局、やりたいことはすべてやるしかない。人間、いつ死ぬかわからない。実際に最近、土井さんの生徒さんの一人が事故でなくなったそうです。44歳の若さで。そんなことになるのなら、もっと早く出版させておけばよかった、、、土井さんご自身が後悔されてるのです。涙ぐんでさえいました。いつもお世話になっている栢野克己さんは、数年前、身近な知人が突然死んだ。その瞬間、「人間って死ぬんだな」ってことを実感し、その翌年、家族4人で世界一周に出てしまった。

 そうなんです。人間っていつか死ぬんです。それもその「いつ」かはわからない。病気もせず健康な人が、いきなり事故で死ぬことだってある。誰も予想できない。オレだってそうだ。88歳まで毎日ブログを書くと言ってるけど、それだってわからない。こればかりは神のみぞ知る。だからと言って、将来のことをまったく考えずに刹那的に生きればいいってものじゃない。それはそれで長生きしたら、「もっと節制しとけばよかった」って後悔するかもしれないし。ようは、バランスが大切。

 8年後に自転車でユーラシアを横断すると言ってて、なぜに「今」じゃないのかは、「今は子どもとの時間を大切にしたい」から。自転車で子どもや家族との時間を犠牲にする方が後悔だから。だけども、子どもも少しは大きくなって、自分である程度できるようになったら、オレの夢を追いかけたい。生命保険にもしっかり入るけど、だけどそれ以上に子どもたちに対して既に「メッセージ(本やブログ)」を残してるから、その点での後悔はない。

 とにかくも、後悔のない人生を送りたい。お金がないから、時間がないから、恥ずかしいから、、、なんて言い訳で人生を犠牲にしたくない。やりたいこと全部やる。海外に行きまくる。英語もマスターする。だから7月末はトイックも受ける。東京の会場で。ちなみにトイック試験の翌日は新刊CDのレコーディング。本もたくさん書く。会いたい人に会う。いろんな経験する。感動する。泣く。笑う。全部やる。そのためにケチは捨てる。羞恥心も捨てる。ウォールストリートジャーナルから取材されるくらいの人間になる。絶対そっちの方が楽しいだろう。誹謗中傷もたくさん受けるだろうけど、関係ない。それ以上にたくさんの素晴らしい仲間ができるだろうから

 そんなとこで、福岡に帰ってきました。水曜日から一週間の滝行に入ります。そして来週水曜日は佐世保商工会議所でセミナー。しゃべる内容はこれから詰めるけど、激震を走らせたい。やってやってやりまくる。人生を楽しみまくる。仕事は遊び、遊びも仕事。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■6月19日(金)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾5 ~お金のビリーフを激しく変える~

■6月30日(火)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション

■7月11日(土)・12(日)・13日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2015 in Q州<vol.2>
Commented by ピンクオレンジ at 2015-06-09 18:11 x
Qさん、こんにちは。
今年の初めに「本を5冊出版する」という夢を書いた者です。
その時点で3冊の出版が決まっていたのですが、残り2冊は出版スケジュールから言っても難しいと思っていたのが韓国版が出ることになって4冊になったとご報告しました。
その後、台湾版も出ることになり、都合5冊の夢がかなった…と思っていたら、なんと昨日今日と立て続けに、預けていた原稿を12月刊でいこうとご連絡がありました。
どうしてもズレは出てくるので本当に年内になるかはわかりませんが、これはQさんにお礼とご報告をしなくては、と思ってコメントいたしました。
ありがとうございました、本当に願いが叶いました!
これから心をこめてよいものを書き上げ、楽しみに待ってくれている読者さんに喜んでもらえるよう努力しますね。
本当にありがとうございました。
Commented by katamich at 2015-06-09 21:34
■ピンクオレンジさん!
おめでとうございます!
by katamich | 2015-06-08 23:39 | ■人生哲学 | Comments(2)