一歩を前進し続ける! 2015.5.19

クリックするとすべての良きことが雪崩のごとくおきます!
 ↓ ↓


 今日はもっぱら事務作業、代金支払いの一日でした。自動車税や会議室代など請求書がたくさん来ていまして、それらを一気に支払い。そう言えば今月は決算なので、納税もありますね。そして夕方から久々にボクシング。シャドウ、サンドバックからトレーナーさん相手に軽めのマススパー、そしてミット打ち、最後に15分間ランニングマシン。6月から11月までのジム代金も支払ってきました。これでまた半年間、週2で通うことになります。また半年後にはどんなことになってるかなあ。

-----
オレの義務
-----


 今、部屋の壁に貼っている「2015年の目標」の一覧を見てみると、いろいろ叶ってます。仙台セミナー、一回100万円の仕事、パナリ、モテメシ、キューピッド、韓国語翻訳決定、花粉症克服などなど。特に一回100万円、花粉症克服は大きいですね。自分自身のステージを大きく引き上げる意味で。今年はまだ半年経ってませんが、すでに大きな成果を手にしたようです。が、これからです。これから本の出版もあるし、様々なイベントが待ち受けています。

 私には義務があります。それは「いつまでも成長し続ける」という義務。なぜなら私はセミナー講師であり、実践者だから。講師として伝えるのは、「過去の経験、ノウハウ」では決してありません。私の場合はまさに「現在進行形で成長し続けるエネルギー」を共有すること。そのためにはどんなアホなことでもやりたい。やりたいこと全部やりたい。思えばボクシングだって20代の頃からやりたかった。だけど、年々そんなこと考えられなくなる。自転車もそうだ。ましてや海外とか40代、50代のオッサンのすることじゃない。だけども、人生は元には戻らない。

「物事を始めるのにベストな時期は10年前だ、その次は『今』だ」

 つまり、どんなことでも10年前、20年前にやっておけばよかった。しかし、それを望むのは愚の骨頂。単なる夢想家でしかない。だとすれば、やっぱり「今」しかない。今決断すること。それ以外に進むことはできないんです。英語だってそうだよね。10代の頃から海外留学とかして、しゃべれるようになっておけばよかった。確かにその通りなんだけど、もう10代には戻れない。20代にも30代にも戻れない。だとすれば、42歳の今から始めるしかない。まずはトイックを受験してみよう。6月は締切ってたので、7月に受験する。そうやって、どんなことでも一つ一つ成長していくしかないんですね。地道だけど、この地道が大きな結果につながるわけで。

---------
一ミリの前進しかない
---------


 最近よく久々の人とお会いします。仙台でも2年前の人、先日の東京でも5年前の人とお会いしました。決まって言われるのは、「Qさんの成長が著しい」って言葉。確かにそうかもしれない。2年前、5年前と比べると今は随分と違う。収入はもちろん、見た目まで変わってきた。昔よりシャープになってると思う。しかし、急にそうなったのではなく、毎日一ミリずつ前進してるその結果でしかない。今日はどんな前進をしようか。それしか考えない。もちろん目標や願望はあるけども、一気に進むなど自分にはできない。オレができることは「一ミリの前進」だけ。それでも停滞するよりはマシだ。一日一ミリでも、100日で10センチ、1,000日で1メートル。3,000日、つまり10年もやれば3メートルで自分の身長をはるかに超えてしまう。イメージしにくい喩えとは思うけど、ようは毎日目に見えない誤差程度でも前進すれば、それが大差になるってこと。悩んでる暇はない。とにかく進むこと。毎日、毎日、一歩、半歩、いや、足を上げるだけでもいい。何かやってると何かなる。ただそれだけ。

---------
衝撃を受けに行きます
---------


b0002156_1112978.png そんなとこで、その一歩の実践として、気になるセミナーに参加することにしました。6月6日に名古屋で土井英司さんのセミナーに参加。麻井克幸さんの主催ですが、これは何かあると言わざるを得ない。土井さんのセミナーは以前、福岡で栢野さん主催で受けたのですが、そのときの衝撃たるや。この人にはかなわないから、素直に学ぶのが吉だ。しかも、今回のテーマは今一番関心のあるマーケティング。ワクワクしてきた。そしてせっかくなので、7日に名古屋で自分のセミナーを開催することにしました。急な募集となりますが、2~3日中に受付開始します。

 それから、先日の東京セミナーのサンクスメールを送ったのですが、例のアファメーションの情報と、7月のQ州ツアーのご案内をさせていただきました。そう、7月11日(土)~13日(月)で今年2回目のQ州ツアーをするのです。昨年も6月と7月にそれぞれ開催しましたが、今年もどんな人がどんなことになるのか楽しみです。こちらも近々ご案内させていただきます。それから6月末の「年収10億円・謎のH氏」のセミナーはメルマガでのみご案内させていただきます。こちらも近々。ただ、簡単な参加審査をさせていただく予定です。内容が内容だけに。

-----------
セミナー主催のメリット
-----------


 と言うわけで、4月のオーストラリア・タイ、5月の東京・仙台自転車のイベントも終わり、いよいよ本格的に新たな本に向けて進んでいきます。あ、そうそう、クアラルンプールでのセミナーの話ですが、いったんはお流れになりました。最近、しばしば「セミナーの主催をしたい」と申し出ていただくことがありますが、主催の条件として「講師が誰であれ、自分が呼びかければ30人は集まる」という方に限定させていただいています。仙台の小池さんは言うまでもなく素晴らしかったです。私自身もセミナー主催をすることがありますが、ほとんどの場合、講師の方に集客をお願いすることはありません。私が単独で呼びかけてだいたい満員になりますから。

 もちろん、誰もがそういうわけにはいきませんので、ご主催いただく場合は私も集客協力はします。しかしそれでも、どの都市であれ、自力で最低30名は集めていただくことが必要。そうでないとエネルギーが産まれないから。千人規模の講演をする植松努さんなんかも、主催者が手抜きの場合、座談会規模になることもあるようで、最近では学校講演を除いてかなり厳しくなってるとのこと。講師の名前なんて知れてるんです。逆に主催者のエネルギー次第で地方都市で800人集まることもあります。大切なのはエネルギー。

 ただ、セミナー主催をするのは、主催者さんにとってもものすごい利益があります。一つはリーダーシップを実践で学べる。もちろん営業スキルも高まります。そして講師と懇意な関係になり、生涯のお付き合いができる。それでビジネスも飛躍する。なにより「参加する側(お金は払う側)」から「仕掛ける側(お金をもらう側)」へと移り、それまでの世界が激変する。このパラダイム転換は極めて大きい。おまけとして、主催することで直接収入を得ることができる。

 など、いろんなメリットがあり、私自身が講師として登壇することが多い中、私自身も年に2~3回は何らかの主催をすることがあります。そんなわけで、もしセミナー主催をお申し出いただく場合、「自力で最低30名」を目安にお願いします。それもまた大きな「一歩」になりますから。

 ところで、明日から一週間の滝行に入ります。かなり温かくなってきたので、その辺はストレスが小さいですね。その分、他に自分を律する何かが必要で、今回は「半断食」を取り入れてみようと思います。が、あまり厳格に過ぎても仕事に支障があるので、「朝:スムージー」、「昼:なし」、「夜:おかずのみ」、「お菓子は一切禁止」でいきましょう。「断食」とは言えないですが、そのうち本格的な断食もしてみましょう。ここ数日、飲み食いが激しかったですしね。それではまた明日。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング


■5月29日(金)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾 ~願望入れ食い状態~
by katamich | 2015-05-19 23:39 | ■人生哲学