男女別アプローチの話 2015.5.7

クリックするとすべての良きことが雪崩のごとくおきます!は斎藤一人さんの言葉です(注釈)
 ↓ ↓


 連休明けて再び出動だ!

------
音楽の話から
------


b0002156_1232974.jpg  先日のDWDでオレが唯一聴くロックミュージシャンであるヴァン・モリソンの曲がかかってて、それがすごくよかったので、最近またヴァン・モリソンばかり聴いています。今年はモーツァルトにまたハマって、しばらくまたジャズに帰ったと思ったら、ここ数日はヴァン・モリソン、ビリー・ジョエル、あとはDWDにかかってた曲などを聴いています。やっぱ、上がりますね~。10日のセミナーもノリノリで行こう。あばれたいんだから~。

 それにしてもヴァン・モリソン最高ですね。近所のTSUTAYAには一枚もCDがなくって、日本ではマイナーなのかなあ。ヴァン・ヘイレンはいっぱいあるのにね。オレがヴァン・モリソンのことを知ったのは24歳のとき。確かパキスタンの安宿で写真の人から教えてもらったかな。お互いおススメCDを教えましょうって話で、ジャズとアイルランドが好きって情報からヴァン・モリソンが絶対のおススメ。最初は「ムーン・ダンス」がいいですよと言われて、帰国してすぐ買ったのですが、バッチリだった。対するオレは彼にはジョン・コルトレーンの「セルフレスネス」をおススメしたのでした。理由は覚えていませんが。

----
苦情覚悟
----


 まあ、とにかく10日は大暴れするってことです。今朝9時にさっそく会場に増席の件で確認すると、机を取っ払ってイスだけにすると90名くらいは大丈夫かもってことで。いや、むしろその方が好都合だ。机とかあったらお勉強じゃないですか。頭じゃなくて身体、つまり、意識じゃなくて潜在意識。3時間の短いセミナーではありますが、ぶっ通しでグラグラさせちゃいますので、ひとりでも多くの人が人生をもっと楽しめるようなきっかけを作りたいわけです。で、増席したんですが、またあっという間にお申込みが増えまして、現時点で残り4名。これから寝るつもりだけど、その間にいっぱいになりそうなだ。まあ、人数があぶれたら、それはそれで立見でもいいや。何度も言うけど、お勉強じゃありませんから。100㎡なので、そこまで狭くもないですが、でも100名近くになると一人当たりの専有面積は1㎡か。そう考えると、ちょっと狭いかも。

 ただ、快適なだけならマッサージにでも行った方がよくて、それなりに強烈な空間、体験であればあるほど、人生の変化は加速しますからね。いずれにせよ、10日はすべてが新ネタでもあるし、すごいことになりそうだ。もしかしたら、あまりに過激すぎて会場から苦情が来るかも。前に使っていた両国の会場だったら100%苦情で出入り禁止も必至。とりあえず「両国の会場だったら出入り禁止」レベルのセミナーにはなりますので、お楽しみに。私も近い将来、完全防音のライブハウスかホテルの会議室を本拠地にする必要があるかもですね。私もやり方をどんどん進化させていかなければ。

-------
とにかく一歩前進
-------


 そして前日の9日は「婚活・恋活グループセッション」でして、2年ぶりに開催。実はまだセッション枠が2名ほど空いていまして、オブザーバーの方もセッションに変更は大丈夫です。オブザーバーでもかなりの効果があるグループセッションではありますが、実際にセッションを受ける方が10倍以上は効果があります。もちろん値段以上の価値はあるでしょう。

 今回のテーマは結婚・恋愛に向けて「一歩前進」すること。結婚・恋愛って相手のあることだから、どうすればいいかわからない人って多いですよね。ちょうど2年前、セッションを受けられたSさんって女性がそう言われてました。「何をすればいいのかわからない」って。しかし、それ以降、どんどん成長しちゃいまして、今はしっかり彼氏もいて、結婚も近いかもね。どうすればいいかわからないってのも一種のビリーフですから。その突破口を開くのが今回の一番の目的かな。心のブレーキを外して前進する。セッションを受けられたら、それは確実に進みますからね。いろいろ奇跡的な報告も聞いていますし。

-----------
女性は頑張ってはいけない
-----------


 あと、頑張ってるけど上手く行かないって女性も少なくないと思います。ここでの理由は明白で、原因は「頑張っていること」にあります。アンソニー・ロビンズが言ってました。「頑張り」とは男性性である、と。やっぱ、何だかんだ言って男性・女性ってあるんですよ。そして「男性性/女性性」ってのは、両性に備わっていて、オレにも「女性性」はあるけど、おそらくは「男性性」もしっかり確立されているだろう。モテない女性の多くは男性性が優位、モテない男性の多くは女性性が優位。単純すぎますが、実は単純なのです。

 となると、「男性性の強い女性と女性性の強い男性」だったらベストマッチじゃないですか、と言う人もいた。一見そうかもしれないけど、やっぱ何だかんだ言って、女性が男性に求めるのは男性性であり、男性が女性に求めるのは女性性なんですよね。その辺をきちんと調和して、お互いが自然な姿に戻れば上手く行くことは多いです。

-------------
男性と女性はアプローチが違う
-------------


 ただ、これは師匠の棚田さんも言われてたのですが、女性がセラピーを受けて上手くいくケースはよくあるけど、その逆は難しい場合もあるって。つまり、セラピーに関して言うなら、男性より女性の方が効果が高いと言えるのでしょうか。その真意はしっかり聞いてなかったのですが、思うに、モテない女性が「頑張り過ぎているから」とすれば、その頑張りを弱めればいい。だけど、頑張ってない男性を頑張らせるって、かなり厄介ですもんね。だって、頑張らない方が楽だから。

 でも、アンソニーが言ってた解釈なんですが、「背水の陣」が効くのは男性に限ると。女性を追い込んでもどうにもなりません。窮地に立たされると潜在能力が開花するってのは男性に限ることで、同じことを女性に求めても失敗します。その辺、過去に私も不勉強なところがあって、自分の経験則もあってか、「背水の陣」でのぞむことで突破口が開ける的なアプローチをしていたことがあります。だけど、男性と女性って根本が違うんですね。男性は追い込むことで能力が高まることがありますが、女性に対してはとことん心地よい感覚を与える方がいい

 例えば、セラピストとか何かで独立したい女性がいたとします。その場合、男性的なビジネス戦略を当てはめては失敗しやすい。もっとも、「男性性」を武器に成功する女性も少なくないので、それはそれでいいとの見方もあるけど、そうなると女性としての幸せと両立できないかもしれない。

 ようは、「成功」ってのはそもそも「男性性」と相性がよくて、男性も女性も男性性を高めることでビジネス的に成功することはできる。そして、男性の場合はさらに女にもモテる。ですが、女性はヒモみたいなのは来るかもしれないけど、その扱いは女性としてでないことが多い。じゃあ、女性がビジネスと恋愛を両立させることは不可能なのか。決してそうじゃないことは、多くのケースから明らか。

 例えば明日お会いする柴崎さんにしても、金子さんにしても、仕事は人並み以上に成果を出しながら、女性としてもしっかり魅力的。もちろん女性性をすごく感じる。実際にモテる(と思う)。つまり、女性が仕事の成果を上げるには、切った張ったではなく、ふわっとした方が感じの方がいいのです。心地よい感覚で仕事する方がはるかに効果的。なので、もし女性を相手に仕事するなら、決して議論はしない。否定、批判をしない。すべてを受け入れた上で、それをリソースにして発展させるくらいの方が絶対に上手く行く。でも、同じことを男性にするとつけあがるし甘える。

 もちろんすべては「バランス」なんですが、男女でアプローチは同じでないことは知ってた方がいいかと思います。と言うわけで、9日の女性限定グループセッションもまた面白いことになると思います。

■5月9日(日)/東京/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ・グループセッション(女性限定)

 さあ、いよいよ明日です。8時には自転車で出て福岡空港で輪行バックに入れて預けます。そして羽田空港か浜松町辺りで自転車を組み立てて神田のホテル。幸い明日は福岡も東京も天気はいいみたい。楽しみだけど、なんかドキドキするなあ。もう少し仕事してから寝ます。明日は自転車に乗りっぱなしじゃなく、飛行機で寝れるからいいね。ではまた。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング



■5月10日(日)/東京/「夢がかなうとき、『超意識』が動き出している!」ライブセミナー(再び満席御礼)

■5月17日(日)/仙台/「愛とお金の宇宙の仕組み♪」セミナー『夜活!!宴』(主催:インゴット仙台)

■5月29日(金)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾 ~願望入れ食い状態~

■5月30日(土)・31(日)・6月1日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2015 in Q州(Q州ツアー)(満席御礼)
Commented by どさんこ at 2015-05-08 04:33 x
いつもブログ楽しみに拝見してます!
9日のセッション行きたいです、10日も!でも北海道なのでなかなか‥
そのうちブログでどんな様子だったのか伝えてもらえたら嬉しいです
Commented by katamich at 2015-05-14 00:26
■どさんこさん!
いずれ札幌でもやりますので、そのときにお待ちしております!
by katamich | 2015-05-07 23:39 | ■恋愛・結婚 | Comments(2)