DWD最終日はおかげさまだよね 2015.4.22

クリックするとすべての良きことが雪崩のごとくおきます!
 ↓ ↓


 昨晩もまた0時を過ぎてしまい、さらに翌日までの宿題があり。今日がチェックアウトなので洗濯を済ます必要がある。ただ、乾燥機に入れる前に寝てしまったらヤバい。必死で起きながらブログ更新。宿題までいかず、今日の朝にやりました。9時半にチームミーティングがあり、会場に入ると別のセミナーの説明会が入ります。6日間中、かなりの時間がセールスに割かれるのですが、それはそれで面白かったりします。そしてとても勉強になります。だけど、今回はもういいかってことで、会場の外のカフェで朝食にしました。そして第四章の執筆。気分は最高だ。会場に戻ってからも中庭で瞑想、シャドウボクシング、執筆の続きなど。
b0002156_13023645.jpg

 いよいよ最終日だよな。初日、二日目辺りは長時間、濃厚が過ぎて、正直、先が思いやられたけど、後半戦に入ってからはあっという間だったなあ。学びも体験も素晴らしいものがあったけど、よく頑張ったねって思いもあり。ところどころサボりまくりながら言うのもなんですが。


 今日はトニーが出てきてから、誘導瞑想が始まったのですが、そこで、「覚えている限り一番古い記憶は何だ?」との質問があり。そこで出てきたのが、2歳くらいと思うのだけど、汗もやおむつかぶれを防ぐためのベビーパウダーをお母さんからしてもらってるシーン。最近はこのパウダー、使わないそうですね。有害であることがわかったとかで、うちでも使ったことはありません。だけど、私が子どもの頃はまだまだパウダーを使いまくってました。

 ただ、それが有害かどうかはともかく、それで肌のかぶれを防ぐことができただろうし、そうやってお母さんやお父さんの世話を受けながら育ってきたんだな~って思うと、なんだか涙が出てきてね。人間の赤ちゃんって、誰一人自力で生きていくことはできない。完全なる無防備で任せっきり。それは人間を「信頼」していないとできない。つまり、人間の本性とはアプリオリ(生まれながら)に「善」なんだろう。結局、今のオレがここにあるのは両親のおかげだし、こうやって自由にさせてもらってるのは妻やその両親、家族のおかげ。このセミナーだって、トニーはもちろんトレーナー、スタッフ、クルー、ホテルなどなど多くの人たちのおかげ。

 要約すると、人は誰しも「おかげ」の上で成り立っている。ぶっちゃけ「自力」なんて今の自分にとって「一兆分の一」もないだろう。「一兆分の999,999,999,999」以上は「おかげ」でしかない。「おかげ」がなければ「自分」なんて成り立たないんだ。仮に問題ある家庭環境に育っていたとしても、今、生きているのであれば、それもまた両親をはじめ「おかげ」のおかげ。

 「おかげ」とは「御陰」と書くそうで、つまり意識していない「陰」の部分に「存在の本質」があるわけ。普通はそんなこと気にしないけども、そんな気持ちがどんどん膨らんできて、もうね、「感謝」以外に言葉がなくなるわけよ。なので、その「感謝」をしっかり味わうために、休憩時間もしばらく手を合わせていたら、まあ、お坊さんみたいに見えたらしい。周りの人からは。

 「おかげ(御陰)」としっかりつながることができた。それだけでも、DWDに参加してよかったのかもしれない。もちろん人間関係、男性性・女性性、エネルギーなど素晴らしい体験があり、この42年間の人生における大きなブレークスルーが起こったのは間違いないだろうけど、そんなことを超越する根源的な気づきをいただいたのかもしれない。。。

 その後、長い休憩時間に4名でお酒の買い出しに。参加者の一人が借りておられるコンドミニアムで打ち上げがあるのです。ありがたい。おかげだ。夜はテイクアウトのケバブにかぶりつき、会場に戻るとまだ部屋はあいておらずしばらくは談笑していました。そして開場。この光景も今日で終わりと思うと、やっぱなんか寂しいね。しらない人はいったいなんのイベントだと思うかもしれないけど。
b0002156_13034693.jpg

 この後、トニーが登場し最後の瞑想。そして叫び。カッコいい黒人トレーナーのジョセフも登場し、トニーの奥さんセージも登場しエンディングへ。寂しい気持ちとホッとする気持ちが半々。だけど、明日からタイに行くと思えばかなりまたテンション上がるね(笑)。そして夜中も1時過ぎて打ち上げに突入。
b0002156_13055480.jpg


 まだまだ書きたいこといろいろあるけど、整理するにはもう少し身体と頭をクールにする必要がある。10年前にトニーの存在を知った。「人生を変えた贈り物」って本に感動して、当時は何度も何度も読み返し、そしていつか会いたいと思っていた。当時は100万円近くかかるセミナーなんて夢だったけど、今はそれが現実になっている。たかがセミナーかもしれないけど、この10年の重みを振り返ると、トニーに会ったこと自体が大きなブレークスルーなんだろう。明日からいよいよバンコクだ。バンコクセミナーで皆さんとお会いするのを楽しみにしています。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング

■4月24日(金)/バンコク/ビジネス力を飛躍させるための「ビリーフシステム」の構築法!
(主催:PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER THAILAND)


■4月30日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾~お金となかよし~(満席御礼)

■5月9日(日)/東京/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ・グループセッション(女性限定)

■5月10日(日)/東京/「夢がかなうとき、『超意識』が動き出している!」ライブセミナー

■5月17日(日)/仙台/「愛とお金の宇宙の仕組み♪」セミナー『夜活!!宴』(主催:インゴット仙台)

■5月30日(土)・31(日)・6月1日(月)/九州/宇宙となかよしツアー2015 in Q州(Q州ツアー)(残2)
Commented by いわした 一子 at 2015-04-23 13:43 x
『おかげさま』-----これは、スピリチュアルな世界に生きている人達の常套句-----ではありますが、やっぱり普段は忘れている------のが本当のところ。なにしろいろいろ心が忙しいですから----こういう人達は(私を含めて)。けれど、何かの折りに、『お前、このこともたまには引き出しから出して眺めろよ』-----と、宇宙は心の扉を叩きます。 そして、そうだった、そうだったと、思い出すたび、それは又強烈な感謝と感動が躍り出ます。普段は忘れているがゆえにそれもまた、新たな思いとなって、こころによみがえるし、必要な事でもありますね。そしてやっぱりありがたい。
Commented by katamich at 2015-05-02 10:53
■いわした一子さん!
スピの常套句のようですが、もはやスピですらない、当たり前のこととして。
by katamich | 2015-04-23 21:39 | ■人生哲学 | Comments(2)