沖縄ツアー三日目 〜間違いなく何かが起こる〜 2015.3.16

 昨年の久高では夜中の3時くらいまで飲んでいたけど、今年はお酒の用意も少なかったし、珍しく他にもお客さんがいて気をつかうため、早めに海辺に行って、早めに就寝。男性4名一室でして、電灯を消してからもしばらく話をしていました。私のツアーにはしばしば恐るべき知識や技能を持っている人が参加されるのですが、ある参加者からいろんな面白い話を聞きました。たとえば、、、「モスバーガーはマクドナルドよりも身体に悪い」など、世間一般に言われる常識を覆す話などなど。しかもなるほどと納得できる理由で、我々はいかにイメージに操作されてるかってことですね。そんな話をしてたのですが、ある瞬間から記憶がなくなりました。ほぼ同時に4人とも寝入ったようで、それほど心地よい疲れに包まれていたのでしょう。

 今だから言いますが、昨年の8月から9月の半ばまで、心療内科の戸を叩くことを考えていました。そう言うと大げさに聞こえますが、実は睡眠薬が欲しかったのです。出版後、いろんなことがあり、ずっとずっと交感神経が優位になってて、眠れない日が続いていました。テンション上がりっぱなしってやつで。2~3日まったく眠れない日もあり、布団に入ると余計に目が冴え、暇なのでスマホとか見てるとさらに眠れなくなる。これはさすがに体力もエネルギーもヤバいってことで、睡眠薬に手を出そうと思っていたのです。だけど、そんな時間もなく、アイスランドに行く日がやってきました。

 旅行中もこの状態が続くと本格的にヤバい。けどどうしよううもない。しかし、アイスランドに行くとそんなこと吹っ飛んでしまいました。不眠を解消するには「日光を浴びること」だと聞いたことあるんですが、その通りですね。昼の時間に思いっきり日光を浴びると、夜はそのままバタンと寝てしまう。身体のなんとかがそうさせるようです。昨日はひたすら太陽の下を歩きまくってましたので、身体は寝よう寝ようとする。なんだか「自然」に戻れた気がします。そして朝は日の出のエネルギーを身体いっぱいに浴びました。またしても言葉にならない。
b0002156_08271731.jpg

 朝食後はパッパッパとブログを更新して、遙拝所にお礼参り、そして新たな願い、懺悔、感謝。そしてノートに記帳。昨年のツアーの後に結婚された方の記帳も見つけました。ツアー後に出会いがあってすぐに結婚されたんだと。そのお礼参りの記帳ですね。素晴らしい縁結びです。私も「本」を産み、そのお礼。そして今年も新たな出版(出産)を迎えますので、そのお願いをします。多くの人が私の書いた本を読み、幸せになれますように。本を書く理由はそれしかない。
b0002156_08273966.jpg

 10時半には宿に集合して島を出なければなりません。それまで一人でトボトボ歩いていたのですが、何度もこみ上げるものがありました。今回で6回目の久高島ですが、なぜにいつも別れがこうも切ないのだろう。でもまた来るよ。ありがとうございました。

 11時の船で本島の港へ。そこから那覇は国際通りに向かってレンタカーを返却。これで2015年の沖縄ツアーが終了しました。数名はここで解散。時間のある方は公設市場の二階で昼食。運転から解放されてビール。ああ、最高。そして今回のツアーも本当に本当に最高だった。昨年も参加されたうちの一人の女性が言われてました。昨年の久高島が素晴らしかったので、今年も参加したけど、楽しさは300倍だったと。

 何があったのだろうか。実は今回のツアーは、始まる前から「神」が降りてきまくりでした。あくまで私の直感でしかないのですが、今年は特に「人生」と向き合っている人が多くなるだろうと感じていました。つまり、大きな願いや悩みをもって来る人がいつもより多いだろうと。久高の神様が私にそう言ってくるのです。変な言い方ですが、これは本当の話。

 久高島は呼ばれないと来れない、とよく聞きます。と言うことは、久高に来たってことは、間違いなく呼ばれている。そしてそれは意味があるから呼ばれているわけで。「久高島(くだかじま)」のことを最初に知ったのが、実はこのブログのコメントからでした。忘れもしない「ターボさん」という方からのコメントで、2006年に初めて沖縄に行ったとき、「次回は久高島に行ってください」とメッセージがあり(今も残ってると思う)、その翌年に本当に行きました。そしてその年、結婚。二年後も再び訪れ、その年、長男誕生、一冊目誕生。それから何度も行くたびに大切な何かが産まれている。

 実は私と「久高の神様」はものすごい深いご縁で結ばれているよう感じます。私の本名「久二」って字の通り、「久=Q」で結ばれているし、久高の神様から「必要な人を連れてきなさい」との役目をいただいているのです。そしてこれまででのべ80名近くの方を久高にお連れしました。もしも来年もするとなれば100名になる。そして毎年毎年、その役割を強く感じるようになるのは、間違いなく久高の神様から覚えてもらってるからでしょう。そして今回、ただ単に楽しいばかりでなく、メンバー一人ひとりに必要なメッセージが降りてきて、特に数名の人に対してはそのメッセージ性が強いように感じました。間違いなく、、、これから何かが起こります。人生をゆるがすよううな「何か」が起こります。特にあの人たちには。。。

 てなわけで、今回のツアーについては、まだまだ書きたいことがあるのですが、福岡に帰ってから改めて書きまくりたいと思います。16時の飛行機で石垣島へ。ものすごいいいお天気。そして暑い。明日は「新城島(パナリ)」に行くことが決まりました。本ツアーからは8名が参加、さらに4名が加わり12名での新たな旅が始まります。本当に何かが起こっています。ありがとうございました。


by katamich | 2015-03-17 08:25 | ■旅・ツアー | Comments(0)