宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

いつかきっとかなう 2015.3.2

 毎日、ミドリムシレポートばかりですみません。今日もとても楽な一日でした。マジで質問だけど、今って花粉、ホントに飛んでるんですかね。今日はボクシングの日だったのですが、前回のトレーニングではラウンドごとに鼻をかんでたのが、今日は最初から最後までまったくの無症状。こんなことって、ここ20年ほどなかったぞ。マジでミドリムシ、ハンパないかもしれない。花粉症に無縁の人にはわからないと思うけど、長年、付き合ってる身としては、もうこの季節に「花粉」って聞くだけで鼻がムズムズしてたんですよ。それがこんなに楽なんて。だけど、マスクを外して外出する勇気はまだない。とにかく週末の東京出張を乗り越えたら沖縄だ。そこではしばらく完全開放で、このままの感じでシーズンが終えると、念願だった年末の成果報告である「花粉症を克服」に〇を付けることができる。ダイエットとかよりも難しいと思われてた花粉症。一週間でたった千円のサプリを飲むだけでこんなに楽になるなんて。しかも花粉だけでなく、何かと体調もいいし、体重も減っている。素晴らしい。ユーグレナの株買おうかな。

--------
珍しく丁寧にご返信
--------


 とにかくもまあ、毎年毎年、正月の目標設定(願望)には「花粉症克服」を書いておいて、ヨーグルトとか心理療法とかいろいろ試してみたものの、ここまでの改善には至らず。けども、今回は劇的です。何度も言うけど、私はミドリムシの回し者ではありません。これはかなり深い話なんです。まあ、花粉症と言っても、生命にかかわる話じゃないし、せいぜいこの季節の一か月くらいのこと。だけれども、作業効率は落ちるし、やっぱり克服したかった。具体的にどう努力すればいいかわからないけども、とにかく毎年書き続ける。花粉症克服、と。ここ10年ほど、毎年書き続けていた。

 先日、女性の読者さんからメールをいただきました。内容はここには書けませんが、非常に厄介と思えるトラブルを抱えていらっしゃいました。面識のない方ではありますが、私にしてはかなり長めの返信をさせていただきました。「秘伝ノートやってますが、息が続きません」みたいな質問(多い)に対しては、「息継ぎしてください」とだけ返信するのですが、その方に対しては珍しく丁寧に返信をしてしまいました。そこで、私が返した文言の一部。

とても悩んでおられるのが理解できます。もし私の方で現実的なアドバイスをするならば、「人生をかけた課題として諦めずに取り組むこと」以外にないと思います。そのために何をすればいいかは私にはわかりませんが、諦めずに取り組んでいけばいつかは解決します。


 もちろんもう少し具体的な返信もしたのですが、この言葉はすべてに通じると確信しています。医学的な話などは私にはわかりませんし、それ以前にその方は問題解決のためにあらゆる手を尽くしたと言われます。それでも思ったように改善に至らない。そんなとき、「夢がかなうとき~」をたまたま手に取り、秘伝ノートも実践。その上で私のような人間に対して相談のメールをされるくらいですので、よほどお悩みだったのでしょう。もう、痛いほどそれが伝わってきたのです。ですが、私が言えることは先ほどのようなことくらい。だけども、それは真実の言葉として出てきました。

------------
とにかく、あきらめたら終わり
------------


 実際、私自身にとっても、例えばフリーで生活するとか、年収アップだとか、いろんなテーマでしつこく願い続けてきました。正直な話、何でもかんでも100日でかなうなんて保証はありません。「秘伝」では100日と書きましたが、それはもちろん一般的な日数であって、個別ケースに当てはまるものではありません。なので、実際の話、2日でかなったって人もいれば、半年から一年でかなう人もいます。セオリーから言えば「忘れた頃にかなう」のであって、それでも個別ケースでは時期はそれぞれ。ただ、どんなことであれ、ずっとずっと本気で願い続ければいつかはかなう。これは事実かどうかはわかりませんが、少なくとも揺るぎない信念です。

b0002156_016184.png その意味では、2005年に「年収2,000万円」と書いたのも昨年には実現したし、ダイエットの願いもかなった。そして花粉症も、もしかしたらミドリムシとの出会いによってかないつつある実感がある。無理だろうな、難しいだろうな、、、と半ば思いながらも、それでも願い続ける。少なくとも年に一回はその願望を紙に書く。たとえば「秘伝」で100日書いてかなわなかったとしても、そこで「かなわなかった」と結論付けてしまうと、今度はそれが現実になる。現実にかなってなくとも、常に「かないつつある」と思い、ときには言葉に出して、絶対にあきらめない。まさに、あきらめたらそこで試合終了なんです。
 
 大実業家の滝口長太郎氏は次のような言葉を残しています。

「打つ手は無限」

 すばらしい名画よりも、
 とてもすてきな宝石よりも、
 もっともっと大切なものを私は持っている。
 
 どんな時でも、どんな苦しい場合でも、
 愚痴を言わない。
 参ったと泣き言を言わない。
 
 何か方法はないだろうか、
 何か方法はあるはずだ、
 周囲を見回してみよう。
 
 いろんな角度から眺めてみよう。
 人の知恵も借りてみよう。
 必ず何とかなるものである。
 
 何故なら打つ手は常に無限であるからだ。


 正直、苦しいかもしれないけど、世の中にはいろんな可能性があり、そして技術や方法があるのです。どっかにあるのです。私の花粉症なんて小さな話かもしれないけど、少なくとも今、ミドリムシでここまで楽になってることに脅威を感じています。こればかりは花粉症の人間にしかわからない。けども、私にはわからない問題を抱えている人も世の中にたくさんいます。だけども、すべての問題は必ず解決します。そう信じて生きるしかないんです。何よりもまずは信じること。これが基本中の基本なんです。

-------
メロン味みかん
-------


 と言うわけで、もうそろそろミドリムシの話も飽きてきて、そうそう、「はまさき」です。覚えている人はいるかわかりませんが、2年ほど前、「メロンの味がするみかん」の話をしたように思います。最近、いわゆる普通のみかん(この辺では温州みかん)のシーズンが終わり、ポンカン、デコポンなどが出回ってます。とにかく、新種改良ってのは恐ろしいほどにすごいですね。JAからつが開発した「はまさき」ってみかん。恐ろしい。皮が薄くて、まるで桃のようにむける。そして重量感があり水分があふれ出る。その上、味がメロンなんです。通常のみかんが好きな人には違和感があるでしょうが(うちのヨメはそう)、美味いかどうかで言うと、間違いなく美味い。しかし、もはやこれはみかんではない、、、と言う意見もうなずけます。興味ある方は一度ご賞味あれ。もちろん私は「はまさき」の回し者ではありません。そんなとこで、また明日。ありがとうございました。


■3月8日(日)/東京/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション

■3月9日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(満員)

■3月12日(木)/那覇/夢なに・Q&Aセミナー ~願望実現の方程式~

■3月20日(金)/福岡/(予定)イブニングセミナー

■4月4日(日)/大阪/(予定)1dayセミナー

■4月5日(日)/大阪/ビリーフチェンジ個人セッション

■4月24日(金)/バンコク/ビジネス力を飛躍させるための「ビリーフシステム」の構築法!
by katamich | 2015-03-02 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン