商売上手であれ! 2015.2.17

 昨日は思いっきり夜更かしをしてしまったためか、今朝はかなりの朝寝坊で寝すぎほど寝ました。ま、いくつか資料を提出できた安心感からかな。4月24日(金)のバンコクセミナーも昨日お知らせした感じでいいとのことで。2015年4月って、私にとって大きな節目。ちょうど会社を辞めて10年になるのだから。つくづくよくやってきたと思います。世の中、フリーランスで自分の好きなように仕事したいって人はめちゃくちゃ多いですね。ただ、脅すつもりも、希望をなくすつもりもありませんが、そんな仕事ができる人は世の中の1割もいません。1割もいると言うこともできるしょうが、私の周りには割と多い実感はあります。

―――――――――
フリーで稼げる条件
―――――――――


 では、どんな人がフリーランスで十分に稼いでいけるのか。もう、つまるところ一つしかないんです。それは「集客」ができること。この一点です。もう一度言います。集客ができること。これ以上でも以下でもありません。例えばコーチやセラピストで独立したいって人は、私の周りにはすごく多いのですが、ほとんどの人が失敗しています。食えていません。その人たちの多くは重大な間違いをしていて、それを指摘されても正そうとしない。それは、コーチ・セラピーの技術が上がれば集客につながる、という幻想。確かに絶対的に間違いではありません。先駆者と天才はそれでいいですから。

 だけど、例えば「○○式セラピー」などを学んでる人は、すでに〇〇さんという先駆者がいますので、その人が引退してるならまだしも、その人を完璧に超えることなくして技術だけで集客することはできません。具体的には私は棚田克彦さんからセラピーを学びましたが、技術面で言えば、当然、棚田さんにはまったく及びもつきません。だけど、それでも自信ある部分はあります。それは、私自身が自分のポジションをある程度自覚していること。棚田さんのアイデンティティはおそらく研究者であり医者であり教育者であろう。それに対して、私はそのいずれでもありません。私は実践者であり啓発者であると思ってますから。

――――――――――
集客のポジショニング
――――――――――


 なので、棚田さんのセミナーには定期的に顔を出して、技術面のフォローと更新をしつつ、私は私で「実践」するポジションを固めてるのです。例えば3月8日(日)・9日(月)でそれぞれグループセッションと個人セッションをしますが、参加される方の雰囲気は棚田さんのところとはまったく違います。何がどう違うかはブログ上には書きにくいですが、例えば私のテーマは「願望実現」であって「治療」ではありません。もちろん治療的なニーズで来られる方もいて、それはそれできちんと対応はできますが、テーマはあくまで「願望実現」であり、具体的には収入アップと恋愛成就です。

 そしてその2点(収入・恋愛)に対して、すでにかなりの結果を出してきた自負があります。ただ、いずれのテーマでもいわゆる「セラピー」のアプローチだけでは不十分なところもあり、その場合はコーチング他いろいろな技術での対応もできます。それこそスピリチュアルなども。先日ご紹介した願望実現の方程式。


Y=aX+b


ですが、セラピーで扱うのは主に「a=方向性」の部分。ここがマイナスだとどんなに頑張っても思い通りの結果に結び付かないので、セラピーでプラスにチェンジします。その上で、「X=行動・エネルギー」がなければ収入アップも恋愛成就もありません。もっとも、最初からX(行動)をしっかりしてて、a(方向性)がマイナスの場合はセラピーだけで180度生まれ変わることはあります。しかし、多くの場合、決定的にXが不足してるケースが大半であり、私はそこを刺激することができます。そのためには私自身が向こう見ずなほどに行動的かつエネルギッシュでなければならず、日々、心がけてるところです。滝行もボクシングも、私にとっては「エネルギー」の源。もちろんたくさんの人に会うこと、そして旅もそれに含まれます。

 そう言えば昨日、「丹田」について書きましたが、最近、ボクシングでも意識するようにしています。特にマススパーリングのときなどは、やたら動いてるとスタミナを消耗するだけ。そこで、丹田を意識して、動きを最小限にしつつ、相手をしっかり見ます。重心は下に下に。すると、スタミナ消耗も抑えられ、かつ相手の攻撃もよく見えてきます。これまではまともに右ローキックを受けていたのが、最近は無意識的にカットすることも多くなってきたし。そう言えば、以前、クラリネットを習ってるときも、先生から「重心は下に」と言われてましたが、それもまさに丹田に集中しろってことなんですね。
 
 まあ、私の場合は、そんな話も交えつつ、様々なリソースを動員しながらのセッションになるので、見てても面白いと思います。最近はめっきり回数も減ってきましたが、8日(日)は久々に東京でグループセッションもやりますので、興味ある方は是非ご参加ください。オブザーバーでもいいですが、実際にセッションを受ける価値は2.5倍どころではありませんから。

――――――――――――――――――
商売下手はサラリーマンでいた方がいい
――――――――――――――――――


 話を戻しますが、フリーランスでやっていくのは、今言ったようなポジショニングは必要。そのためには自分を見る、そして業界を見る。そしてそれを含めたところでの「集客」の力をしっかり身に付ける。では、どうすれば集客できるのか。それこそ方法は無数にあって、人それぞれに合うやり方があるでしょう。なので、そこは投入できる時間・費用の8割を使って勉強していくしかありません。ときには、集客のために広告を使うのも方法の一つです。いずれにせよ、コーチなりセラピストなり、「集客」ができなければ絶対に失敗しますし、逆にそっちをしっかりしていれば、まず間違いなく成功するのです。

 「私、商売下手だから」を言い訳のようにする人、今まで何人も見てきましたが、正直、それが事実ならサラリーマンでいる方がいいです。商売、つまり「営業」ができないなら、フリーランスは不可能です。世の中、なぜか「商売上手」と言うと、揶揄的なニュアンスが含まれているようですが、それでも「商売上手」でなければフリーは無理です。天才以外について、それだけは断言できるし、少なくとも私が見てきたこの10年間、そのことに例外はありません。

―――――――――
商売あるところに・・
―――――――――


 そして「商売上手」ってアイデンティティ、何も起業や経営に限ったことじゃなく、人生をよりよく生きる上で必須の姿勢です。一部には「商売=悪」って刷り込みがあるように思いますが、「商売」ほど素晴らしい営みはありません。商売あるところに交流あり。交流あるところに活力あり。活力あるところに笑顔あり。確かに世の中には悪い商売をする人もいますが、99.9%は良い商売しかしていません。だから、こんなにも社会が豊かになったのです。

 例えば、セラピーを売る。この言葉だけ切り取ると抵抗ある人いるかもしれないけど、もしもセラピーに価値があるなら、それを売らないことこそが「悪」と言えるでしょう。価値あるものを表に出さない。そのことでどんなメリットがあるのか。ようは、「商売下手」って言う人は、失敗が怖いだけ。自分を守りたいだけ。自分を守りたいがために、本来、与えられるはずの価値を生み出していない。それを「悪」と言わずしてなんと言う。

 フリーランスを目指す人に限らず、社会に生きる人はどんどん「商売上手」になるべきです。しっかり稼いで、楽しく使いましょう。10年前はお金もなかったので、海外に行ったりセミナー受けたり自由にできなかった。でも今は当時よりはるかに自由。少しは「商売上手」になったから。その結果、めちゃくちゃ楽しいし、以前とは比べものにならないくらい感謝されています。正直、私がセミナーやセラピーをやらなったら、ずっと楽しくないままの人生を送ってる人がたくさんいるんですよ。それくらいの思いでやってますし、その思いが「商売」にもつながるのです。

b0002156_0124516.jpg と言うわけで、これからもますます「商売上手」を高めたいと思います。明日から一週間、滝行、頑張ります。ちなみに写真は斎藤一人さんの「金持札」。これを見るとご利益あります、見せた人もご利益あります。いつも財布の中にあります。ありがとうございました。


■3月8日(日)/東京/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション

■3月9日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(残2名)

■3月12日(木)/那覇/夢なに・Q&Aセミナー ~願望実現の方程式~
Commented by いわした かずこ at 2015-02-18 11:58 x
ひとの人生を変えてしまえる『商売』-----こんな稀有な『商売』---あるでしょうか。 それはとりもなおさず、金銭と言う現象会の領域を超えた『商売』ゆえに、必ずその『商売』を成し遂げた人だけが持ちうる、<財>--という物理現象を必然的に生み出せる妙味です。その、『稀有な商売』をなしえている人、それが石田さんです。
Commented by katamich at 2015-02-22 20:54
■ いわした かずこさん!
ありがとうございます!!!
by katamich | 2015-02-17 23:39 | ■ビジネス・事業 | Comments(2)