宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

中二病をこじらせてます 2015.1.19

 福岡に帰ってきました。が、体調があまりよろしくない。いや、単に喉が痛いだけ。ビジネスホテル特有の乾燥にやられたのかな。これからの季節、喉のケアは万全に、だね。毎年のこと、正月からしばらくはテンション高い状態が続くのですが、これからどんどん寒くなり、そして花粉の季節に突入する。そうなると、一年を通じての冬眠状態となり、本格的な活動は3月中旬。毎年のこと、沖縄ツアーから「一年」が始まる感じ。2か月ほどは活動を控えて、、、と言いたいのですが、月末は熱海、3月も早くもいろいろ予定が入ってきました。そして4月はアンソニー・ロビンズのセミナーでオーストラリアに行くし、バンコクでの講演も入ってるし、早く温かくなって欲しいな~ってとこ。

--------
気になる発言のこと
--------

 ところで、、、昨日のブログで、ちょっと気になる発言をしてしまったようで、数名からメール・コメントをいただきました。「セミナー業引退」の文字ですね。もちろん「引退」は言い過ぎでして、私の活動の場は生涯ここだと自覚しています。しかし、ここ最近、どうも「2017年・44歳」が大きな転換期のような気がしてならない。2017年はセミナー業10周年、そして44歳は「44歳人生逆転(転換)説」からきます。栢野克己さんは「44歳天命説」を唱えていますが、多くの経営者・著名人は「44歳」でその道を見つけているとか。

 では私はどうか。まだ41歳で来月42歳になります。今のまま、セミナー講師、コーチ、セラピスト、作家として生きて行くことはできる。おそらくこれからも右肩上がりで活動も広がっていくのだろう。しかし、どうもザワツクんです。囁くんです。今のままではない、と。実のところ、私はかなり「シンクロニシティ」とか信じてて、と言うか、それで毎日動いてるようなものでして、今回の名古屋・東京も、逆らえない声が聞こえて行ったもの。そして何が起こるかわからない。フォアグラを食べて、R1を観戦して、コーチングして、新年会をした。それだけのことだけど、とりわけ昨日の「コーチング・新年会」に深い意味があるように思えてならないのです。

 さすがにコーチングの内容を書くわけにはいかないですが、私にとってまさにシンクロニシティとしか思えないような「言葉」がたくさん出てきて、終始、鳥肌ものでした。そして新年会では、昨日書いたように、皆さんがこんなにもレベルアップしてるとは驚きですらありました。とりわけ、、、昨年一緒にフィリピンにも行ったOCは、フィリピンから帰ってしばらく低迷状態が続き、アイスランドにもご一緒したのですが、将来がまったく見えない状態。いろんなことを言うも、すべてが中途半端に聞こえる。そしてどうせまた同じだろうと思った昨日、まず見た目から変わっていた。話の仕方も変わっていた。本当に別人のようだった。IG・Gにしても、彼は仕事もちゃんとしてるし、自由気ままに生きて問題ないのでしょうが、一か月にも及ぶ高熱・頭痛を経て、ある種の「覚醒」を体験していた。さっそく、3月頭にOCやIG・Gと集まる会を調整したのですが、そのときまでも何かが変わってそうでヤバい。

 そして私自身もいろんなアイデアが降ってきた。まず、今年やることは、「書いて書いて書きまくること」だとメッセージがやってきた。今日の飛行機の中で。ぐずぐずしてる時間はない。2月中には一冊を書き上げるペースで、今年は最低3冊は出す。昨年7月に「夢なに」を出してから、本当にいろんな声をいただいています。その多くは、この本に出合って人生が変わったとの声。そして毎日のように「願いが叶った」なる報告がやってくる。だけども、「夢なに」の限界ももちろんある。今度はその限界を補うような本を書かなければならない。そして、ますますリアルに願いが叶う人が増えて行って欲しい。

 結局、私のミッション(使命・天命)は「表現」を通じて、多くの人の夢を叶えること、成長をサポートすること。これは揺るぎない。しかし一方で、私自身がいつまでもプレイヤーでいたい。セミナー講師、セラピスト等で安定的に月収200万円って数字は決して悪くはないでしょう。しかし同時に、それくらいが頭打ちの感もあり、自分自身の「成長」もまた限界が見えている。もちろんセミナー業を通して年収一億円も不可能ではないと思いながら、私がやりたいことは、もっともっと生々しい「事業」であったりもする。

――――――――――
東南アジア・東欧が舞台
----------

b0002156_15334871.jpg 昨日のコーチングでは、キーワードの一つがやってきた。それはミャンマー。ミャンマーがずっと気になっている。これからの市場だし、メンタリティも日本の近いと聞く。4月はバンコク・プーケットに講演と旅行に行く予定だけど、近々、仕事でミャンマーに行く気がしてならない。そしてこんな予感や当たるし、ここに書いたことはほとんどすべてが実現している。もちろんミャンマーではなく、ラオスかもしれない、カンボジアかもしれない。または、もっと西に進んでアルバニアかもしれない。いずてにせよ、そっち方面で何らかの「事業」をする気がしてならない、41歳。

 ああ、かなりの「中二病」だな~って自覚するのですが、発端はどうも年末のホリエモンであり、そこで出会ったマレーシアで法人を立ち上げたモバイルの経営者なのかも。これからいろんなアンテナを張りながら、東南アジアや東欧を舞台に44歳までに事業を軌道に乗せ、そこから10年間は突っ走り、そして54歳で事業を売却し、再びセミナー業にカムバックする。そんなビジョンが見えて仕方ない。ああ、中二病もかなり重症化してるわ。

※中二病:中学二年頃の時期特有の痛い言動を揶揄したもの。「自分は選ばれた特別な存在」という自己愛が暴走し、周囲より優越した自分になろうとする病。現実的に不可能な世界に憧れたり、逸脱的な趣味・嗜好を顕示したりする。

 だけどね、ビジネスする人間って、中二病でなければ勤まらないでしょ。そして何より、「オレが実験台になりた~い!」ってことで、とにかく面白いことをこれからもたくさんやっていきたいと思います。今年から来年、東南アジアとかに行く機会も増えるでしょう。とにかく、頭の中は常に「面白いことしたい!」でして、その一環として、今月末の「熱海合宿ワークス」もまだ席がありますので、ぜひお待ちしてます。かなり中二病をこじらせてる私ですが、だからこそ面白い。夜は2時3時まで語り合えるのを楽しみにしています!ってことで、また明日。ありがとうございました。


【新刊記念】「インドへの旅が教えてくれた『ほんとうの自分』の見つけ方」感謝キャンペーン(1月いっぱいで終了します)

■1月30日(金)/東京/夢なに・Q&Aセミナー

■1月31日(土)・2月1日(日)/熱海/宇宙とkokokaraコラボワークス2015 (残6名)

■2月2日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(残4枠)
by katamich | 2015-01-19 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン