一ミリの成長でいい 2015.1.13

 滝行7日目。明日で満行となります。毎年一月は「21日行」だったけど、今回はR1を見越して7日間。ですが、敗退して21日に伸ばそうと思ったものの、「天の声」がやってきて、予定通り名古屋と東京に行くことにしました。名古屋の「フォアグラ会」も楽しみですが、R1の観戦もとても楽しみ。11時から19時までぶっ通しで見続ける予定。シナプスがどんな風に変化するだろうか。

――――――――――――――
思ってることしか引き寄せない
――――――――――――――

 先日、元お笑い芸人の三好さんと話をしたとき、話してる最中から次々とフリとオチを繰り出して笑わせてくれる。どうして、そんなこと思いつくんだろう。同じく、12月の商工会議所講師オーディションでお会いした、元ライブドアでホリエモンの「左腕」としてマーケティングを担当した渡邊さんも、モノを売ることに関して、次々と湯水のごとくアイデアを出してくる。どうして、そんなこと思いつくんだろう。理由はシンプル。普段からそのことばかり考えているから。

 その点で言うなら、私も10年前に独立したとき、もう、狂うほどに「どうすれば、フリーランスで生活できるだろうか?」ばかり考えてた。そして毎日ブログを書き、やってくるアイデアを実践し続けていたら、いつの間にかセミナー、コーチング、セラピーと出会い、本も出すようになり、食っていけるようになっていた。しかし、多くの人は「そのことばかり考えている」と言いながら、なかなか「そのこと」が現実になりません。その理由もまたシンプルで、「そのこと」を考えているようで、実はそれを打ち消すことばかり考える結果になってるから。では、なぜに打ち消してしまうのか。

 それは、根底に「願いはかなわない」というビリーフ(思い込み)があるから。「ウイルス」と言っていいかもしれないけど、プログラムを働かそうと思えば思うほど、思いとは逆の動作をしてしまう。では、なぜに「願いはかなわない」というビリーフができてしまうのか。それは幼少期の家庭環境などが大きい。でも、できてしまったものは仕方ない。では、どうすれば「願いはかなわない」を解除して、思った通りの現実を引き寄せられるのか。

―――――――――
とにかく思いまくる
―――――――――

 一つ目は「とにかく思いまくる」です。「秘伝」を実践されてる方は、大きく二通りにわかれるようです。一つは「秘伝が楽しい」、もう一つは「秘伝が苦しい」っての。楽しいと思う人は、そのまま忘れずに100日やってください。面白いことがたくさん起こりますから。苦しいと思う人は、途中で断念する人もいれば、とにかくストレスがハンパなくなる。その人も、頑張って100日やってみてください。それなりのことはありますから。けども、どうしても続けられない人がいるのもまた事実。その人は、いったん筆を置いて、しばらくしてからリスタートしてもいいでしょう。

 だけど、そもそも「願いがかなわない」が強すぎるのが理由で、続かないのに、どうすればいいのか。いろんな方法はあります。セラピーを受けてみるのもいいでしょうし、あり得ない体験にチャレンジするのもいい。アファメーションも効果的。けども、今日は今まで言ったことない方法を紹介します。それは、、、徹底した「自己否定」です。

――――――――――
徹底的に自己否定する
――――――――――

b0002156_23361445.jpg 「天使企画」を見ていると、かなりの人が「自信」や「自己肯定」という言葉を使いますが、そもそも「自信」なんて幻想です。「自信がない」って状態はあるけど、「自信がある」なんて人はいない。あるのは、今の状態。または「自信」って幻想に依存してる状態。「自信がない、自信が欲しい」って言う人って、そもそもの「自己評価」が高すぎるんですよね。

 「自信さえあれば、もっと幸せになれるのに」と考える。そこでの「自信」とは、実体としてあり得ないもの。どんなに追っても、求めても、思い描く「自信」に到達することは永遠にありません。だって、そもそも存在しないものだから。そんな幻想を求めてないで、まずは「現状」を見ればいい。時には見たくない自分に目を向けることも大切。徹底的に自己否定してみればいい。その際、例えば「自分の嫌いなところ」を紙に書き出してみてもいい。

 私ならば、、、「臆病、偉そう、人目を気にする、頭が悪い、自分に甘い、朝が弱い、誘惑に弱い、面倒くさがり、寂しがりや、斜に構える、女性が苦手、傷つきやすい、体力がない、、、」など無数にあります。

もちろん、それは相対的なもので、体力などは、ある人から比べるとないけど、私よりない人などたくさんいるでしょう。けども、自分としては「体力ないな~」って思うことも多いし、とにかく自分で自分が嫌になることもよくある。そうやって、徹底的に自分の嫌いなところを書き出してみると、、、どうでしょう。な~んだ、大したことないじゃん、って気になってくる。さっき書いたことなんか、確かに事実だけども、多かれ少なかれ誰にだってあるだろうし、誰だって弱い部分は持っている。むしろ、そんな弱い自分だからこそ、多くの人の力を借りながら生きてきたし、だからこれからも生きられるだろう。

―――――――――
ちょっとマシな明日
―――――――――

 そうやって、自分を否定できるとこまでやってみるといい。ある意味、「どん底」を見たとき、目の前にあるのは「上り坂」しかないのだから。私が一文無しからフリーランスで、曲がりなりにも年収2000万円に到達するほどになったのは、結局、ちょっと上しか見てなかったから。借金をしなければ、0以下はない。0だったら、そこから上を見るしかない。いや、むしろ借金をしてても、それをまずは返してしまえば、その後は上り坂があるのみ。

 何度も言うけど、「自信が欲しい」なんて言ってる人は、「本当の自分はこうじゃない」などの傲りがあるからでしょ。いやいや、自分はしょせん今の自分です。弱い自分です。けども、弱いながらに今まで生きてきたんだ。その事実を見つめればいい。そしてそこからスタートすればいい。その上で、「今日よりはちょっとはマシな明日」を目指せばいいのです。

 大きな目標を持つことも大切だけど「今日より明日が一ミリ成長すればいい」もまた真実なのです。明日は今日よりも100グラム体重が減ってればいいな~。そのためには、ご飯をもう少し減らしてみよう、寝る前だから食べるの我慢しよう。そして明日、体重計に乗って100グラム減ってれば万歳じゃないですか。「願いはかなわない」と思ってたけど、かなうじゃないですか。そこに「事実」があるじゃないですか。

 「自信」とか「大きな目標」とか、考える必要はない。淡々と目の前の「事実」を見つめ、そして少しマシだったら喜べばいい。それだけなんです。と、言いながらも、また別の角度からは「大きな目標を持とう」って話もします。が、どちらも真実なんですよね。でも、こんな側面もあるってことで、何かのお役に立てば嬉しいです。

 R1には落ちたけど、7日の滝行は満行できそうです。そしてR1だって確実に成長できたし、また来年も挑戦しようって気持ちなってる。今からシナプス鍛えて、来年の対策もしておこう。そのことは私のセミナーや講演にも間違いなく生きてくるはずだ。楽しくいきましょうぜ!ありがとうございました。


【新刊記念】「インドへの旅が教えてくれた『ほんとうの自分』の見つけ方」感謝キャンペーン(1月いっぱいで終了します)

■1月18日(日)/東京/メンタルコーチング個人セッション(残1枠)

■1月30日(金)/東京/夢なに・Q&Aセミナー

■1月31日(土)・2月1日(日)/熱海/宇宙とkokokaraコラボワークス2015 (残6名)

■2月2日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(残4枠)
by katamich | 2015-01-13 23:39 | ■願望実現