過去は過去 2015.1.7

b0002156_1227538.png
 
 1月6日・7日に読売新聞にて、それぞれ東日本・西日本で単独広告を掲載していただけました。発売半年になりますが、今でも順調にロングセラーのようで、今回は読者さんからいただいた「ご感想」がメインとなっています。

 改めてこの本で最も言いたかったことは「希望を持つ」ってこと。願望実現、引き寄せの理屈、その手法を全面に押してはいますが、得られる効果としては、これを読んで「やってみよう」と思うこと。以前の私もそうでしたが、年齢を重ねれば重ねるほど「希望」って持ちにくくなるじゃないですか。例えば「恋愛」なんかでも、実際、40年間恋人なしって事実があると、どうしても「これからも無理だろう」と思ってしまう。でも、言うまでもなくそんな事実はない。「無理だろう」と思ったら、確かに無理かもしれない。だけど、これを「今までは今までとして、これからは大丈夫」と決意してしまえば、それがまた現実になる。そしてそんなケースは山ほど見てきている。一番身近なのは、私の兄でしょうか(笑)

 「天使企画~2015年の願いを叶えます~」も受付終了しましたが、あと一つだけ言います。エントリーはそこ以外からしないようお願いしていました。メールは申し訳ないですが、放置。別記事エントリーは削除させてもらってます(放置するとそこから増えるから)。このような企画はある程度ルールを厳格にする必要があり、そのように対応させていただいてますが、間違えてコメントしてしまった人に限り、お手数ですが、今からでも受け付けますのでご記入ください。ただし、何度も言いますが「こちら」からお願いします。

――――――――
過去は過去として
――――――――

 で、今、一日15名ずつメッセージをしてるのですが、昨年も参加したという方が割と多い。嬉しいのが「昨年は叶ったので、今年もお願いします」という内容。それこそ、先ほど言ったように、長いこと恋愛に縁がなかったけど、きっかけをいただいて昨年は見事に成就しました、なんて話もチラホラある。もう一度言いますが、過去はまったく関係ありません。もしあるとすれば、過去が「思い込み」を強化する材料になってるだけであって、「思い込み」自体が変われば何の問題もないのです。もちろん、「過去の呪縛」は大きい。いつまでも引きずられる。だけど、何度も言いますが、「過去は過去として、これからは」と言い、その後に自分にとって都合の良い未来を描けばそれでいいのです。 

 そんなこと言うと、「でも・・・」と言って、いつまでも過去にすがりつく人も多い。確かにその方が「楽」ですからね。潜在意識が求めるのは「安心・安全」だけであって、それは「過去と同じこと」によって守られる。彼女・彼氏のいない過去をずっと続けているのなら、潜在意識にとってそれが安心・安全。過去と違う未来は危険。それだけのことなんです。ただ、言うまでもなく「危険」と思ってるのは、潜在意識だけであって、本当に危険かどうかは行ってみなければわからない。

 私は今年もいろんなことにチャレンジしたいと思ってますが、しない方が確かに安全。潜在意識もそれを求めているから、実際、新たなことをする前はめちゃくちゃストレスに置かれる。3日後に迫った「R-1ぐらんぷり」にしても、今年2回目ではあれ、逆になまじあの空気を知ってしまっただけに、今は昨年以上にストレス。普段からお笑いの舞台に立ってる人ならそうでもないでしょうが、それは私が商工会議所や企業相手にセミナーするのと同じ。お笑いの人が、いざ商工会議所で講演しろって言われたら、同じようにストレスになると思うんです。

 何度も何度も言いますが、「過去は過去として、これからは」なのです。確かに「これから」は危険と思っていても、それは事実ではありません。「でも・・・」と言い訳するのは、危険なる思い込みから逃げているだけ。だからと言って、何でもかんでもすぐに結果が出るとは限りませんよ。希望通りに理想のパートナーが現れるとは限らない。それでも動かなければ始まらないんです。動くことは大きなストレス。それでも「希望」に向かって、動き続けると、そのうち慣れる。この「慣れる」に入ったとき、潜在意識に抵抗も弱まり、本格的に願望が現実となり始めるのです。
 
 私はそのきっかけを用意しているだけ。ブログも、本も、そして今回のような企画も。なので、とにかく動きましょう。もう一歩進むなら、手前味噌ですが、セミナーやセッションに来てください。そしてさらに一歩進むなら、合宿やツアーに参加されてください。特にこれまで未経験の人にとっては、潜在意識が混乱し、そこから変化に突き進みます。すでに参加したことある人も、都合のよい未来を描くために、再び空気を感じに来てください。私などは人間としてまだまだ未熟者ではありますが、それでも「夢をかなえる」をサポートしたい気持ちは変わらないし、どんどん強化されています。もちろん私自身も夢をかなえていきたい。実際、うまく行かなくてストレスになることもあるけど、このストレス自体が成長に向けたエネルギーとなることを知ってるので、ときどきは休みながら、それでも突き進んでいきます!

――――――――――
滝行は願望実現ツール
――――――――――

b0002156_12281349.jpg さて、今日から一週間の滝行に入りました。当たり前ですが、泣くほど冷たかった、寒かった。今年で11回目の冬越しになるのですが、こればかりは「慣れる」ことがなく、毎回毎回が新鮮な気持ちで潜在意識もビックリです。だからこそ、何度もリセットされて生まれ変わるんでしょうね。なぜ、滝行をすると浄化されるのか。それは二つの意味があると実感しています。一つは身体に溜まったストレスをとるため。生活してると、いろんなストレスにさらされ、それが体内にコリとして蓄積されます。真冬の滝行を継続するには、コリをコリのままにしておくと苦しくて入っていられません。なので、楽に滝に入るために、とにかく身体をリラックスモードにしてコリをほぐす。それによって、様々なストレスが除去され浄化が起こるのでしょう。

 もう一つの意味は、先ほど言った、毎回リセットされるため。潜在意識は「現状」こそが最優先目的でり、どんなに長く滝行をしていたところで、そこが「現状」なんてあり得ない。私にとっての現状はエアコンのついた温かい部屋、お風呂、布団、車、普通に外であって、薄い布一枚まとって冷水を浴びるなんて、いつまでたっても日常ではありません。だからこそ、毎回、潜在意識をビックリさせて、そして混乱させてるスキに、自分にとって都合の良い情報をインプットするんです。その意味で、滝行もまたダイレクトに願望実現ツールと言えるでしょう。

 そんなわけで、一週間頑張ります。ちなみに最初は三週間と思ってたけど、R1で二回戦進出すると途中でストップさせるため、それなら最初から一週間の方がいいと導師から言われたのです。二回戦進出する可能性は高いとも低いとも言えないけど、進出を前提にスケジュール組むことで潜在意識を追い込みます。ちなみに、まったく関係ない話ですが、先日、「前田体当り」って芸名でR1 に出て二回戦突破した夢を見ました。う~ん、なんのメッセージだろう。あと、話変わりますが、今年からインプットを意識的に進めるため、「読書リスト」なるものを始めました。月に最低10冊を目標として、読んだら簡単に感想も書いておきます。そちらも時々見てみてくださいね。それではまた明日。ありがとうございました。


【新刊記念】「インドへの旅が教えてくれた『ほんとうの自分』の見つけ方」感謝キャンペーン(1月いっぱいで終了します)

■1月30日(金)/東京/夢なに・Q&Aセミナー

■1月31日(土)・2月1日(日)/熱海/宇宙とkokokaraコラボワークス2015

■2月2日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション
by katamich | 2015-01-07 23:39 | ■願望実現