価値観から自由になる! 2014.11.19

旅もいよいよゴールに近づいています。なんだか寂しいけど、早く帰りたい気持ちも大きい。とにかく無事にゴールできるよう、パワーをよろしくお願いします!今日も清きクリックからスタート!
  ↓ ↓


 昨日はかなり飲み過ぎちゃいましたが、ホテルに戻ってからどうにか洗濯はできました。このホテルのランドリーは無料だったのですが、洗濯が終わったらホテルの方が乾燥機に入れてくれていました。ありがたい。軽い二日酔いですが、なんとかブログ更新。ホテルにWi-Fiが飛んでて助かった。今日は沼津に向かって走るのですが、とてもいい天気。途中、富士市などを通りますが、そう。富士山の麓を走るんですね。とても楽しみ。東京まで172キロ。ゴールが見えてきた。お昼は桜えびのかき揚げ丼に手打ちそば。OCです。
b0002156_1182191.jpg

 好天に恵まれ、市街地近くを走っていると、突然、前方の姿を現しました。それはもう、インパクト大でしたよ!この辺に住んでる人は、いつもこれを見ながら生活してるのかなあ。
b0002156_11191719.jpg

 よく聞くのですがが、富士山って形状的に完璧な比率だそうですね。安定的で調和的な。なので富士山には思わず見とれてしまうし、富士山の写真集なんかもたくさんある。パワフルになると言う人もいるが、確かにそうだ。富士山を見てると落ち着き、どこか根っこがズシンとする。潜在意識が安定する感じ、とも言えるのかな。しばらくずっと富士山に見とれながら走っていました。天気もよくて最高だね。
b0002156_11221189.jpg

b0002156_1125933.jpg

b0002156_1127138.jpg

 夕刻。もうすぐ沼津に着くのだけど、富士山がバックに。やっぱ素晴らしいよ。今まで山を見て神々しさを感じたのは、インドラダック、エジプトのシナイ山、トルコのアララット山。どれも宗教的でまさに霊山。神様っているよね。
b0002156_11301068.jpg

 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

 とにかく感謝しかないね。まず、ここまで来れたこと。これまでの様々な出会い、そして各地でお世話になった人たちに。でも一番は家族。特にツレには頭が上がらない。こんな好き勝手させていただいて。そう言えば先日に日記のコメントに「そんなに自由にしてて家族(奥さん)はどう思ってるのか?」なる意見がありましたね。もちろん不満もあるでしょうし、実際に小言を言われることもあります。自分でも自由過ぎる自覚はありますし。しかも子どももまだ小さい。それでもこうやって自分のやりたいことができてるのは奥さんの協力と、そして深い部分での承認、安心感があるからだと感じています。

 2年前、ビリーフチェンジセラピーを学んでいるとき、同じ受講生から「石田さんは『子どもであってはいけない』が強すぎますよね」と言われたことがあります。そのビリーフは教師、コーチ、セラピストに多いと言われ、必要以上の責任や義務感が自分を苦しめることがある。ほっとけばいいのにほっとけない、仕事を休めない、など。確かにそれはある。こう見えても、周りのことはかなり気にする質だし、それゆえに繊細と言われることもある。

 だけど一方で、当時は次男が産まれて1か月だったにもかかわらず、東京出張の合間にシンガポール・マレーシアに行ってしまった。その程度には「子ども」なところもあるし、少なくとも他の多くのセラピスト受講生よりは自由である自覚はありました。

 人は価値観の奴隷です。その価値観は多くの場合、両親や非常に近しい人間関係から形成されたもの。「父親(母親)は常に家にいるものだ」も価値観であれば、「男は外、女は内」なんてのも社会的、文化的に形成された価値観の一つ。学校には休まず行って、少なくとも義務教育はきちんとおさえるべきだ、も単なる価値観。いつもお世話になっている栢野克巳さんは、小学生の二人の息子さんを連れて家族4人で世界一周に行った。その間、一年間は学校を休ませる。とんでもないことだと思う人もいるでしょうが、それも価値観。3週間も自転車で旅する父親に対して、家族は大丈夫か?と心配するのも単なる価値観。

 人は自分の価値観に合わないものに接すると、違和感や、時には嫌悪感さえ抱くもの。中には価値観に合わない対象を攻撃したりして、自分の価値観に無理やり合わせようとさえ思う。それが極端化したのが、まさに戦争。宗教戦争なんてその最たるもの。今、問題になっている「イスラム国」なども、実のところイスラム国は一日に2億円の収益があるほどに、フロー、ストックともに資産には恵まれています。なのでイスラム国の目指すところはお金ではなく、まさに価値観。カリフ制と呼ばれる原理主義的なイスラム世界を復活させたい、との価値・規範でしかない。それに似たのが、1960年代からの日本の学生運動。マルクス・エンゲルスの価値観(思想)に影響され、日本を(北朝鮮のような)理想の社会にするんだ、そのためには闘争も厭わない、、、と考え、人を動かした。オウムの人たちもそうだったかもしれない。

 人は価値観の奴隷でありながら、価値観から完全になることは永遠にないながらも、だけど一生を通じて「価値観」と向き合い、そして広げることは大切かもしれません。戦後日本の、特に高度経済成長以降の「価値観」としては、「男は定年まで勤め上げて一人前だ」があったかもしれません。しかし、そんな価値観は戦前にはなかったし、そして今の若い世代の人たちもかなり薄まっているように思います。実は私も昔はそのような価値観がありました。父親のように一つの組織で最後まで勤め上げる。これが安定であり、豊かさなんだと信じていました。

 しかし、それは現実の社会が許さなくなってきた。もはや「正社員」とは聖職のごとく貴重なものとなり、派遣や契約がごく一般的に。なので終身雇用も定期昇給も年功序列もない。私もまた現実には「正社員」からはみ出た人間であり、だけどもその価値観にしがみつかなかったから今がある。少なくとも私がこれまで持ってきた「正社員・終身雇用・・・」のような価値観から解放されたことで、自分の望ましい人生を歩むことができてると思っています。

 そして最終的に行き着いた私の「価値観」とは、、、いろんな人間がいていい、でした。先ほどの栢野さんなどは、人生相談に来られる方が「実は今、借金5,000万円かかえてまして・・・」などというと、「いいね~!!」と笑顔で相づちを打つ。相談した方は「え?」って反応になるんだけど、確かに借金はピンチ。だけど、いつの世の中も万事塞翁が馬。そ借金が人生を好転させることもあれば、しないかもしれない。だけど、墓場に入るときは誰もが一緒。そのときに、ああ、いい人生だったな、、、と思えればそれが最高。

 この話、少し書くのをためらわれるのですが、数年前、女性3人と私の4人で飲んでいたことがありました。そこで一人の女性が「ある男性から関係を迫られている、その男性は結婚している、だけど、本音ではその関係を受け入れたい気持ちもある・・・」と発言しました。その話を聞いた一人の女性は「ダメよ!あなたにはもっときちんとした相手が出てくるんだから!ダメ、ダメよ!」とその関係を全面的に否定する。しかし、もう一人の女性はこう言った。

「お墓に入るときに、後悔しないような選択をすればいいんじゃない?」

 「ダメよ」の女性は間髪入れずにその発言に対しても全面否定。言うまでもなく、それもまた非常に強固な「価値観」。決して不貞を肯定するわけじゃないですが、もしもその相談者の女性がお墓に入るとき、「あのとき、関係を受け入れていれば、もっと楽しい人生だったかもな~」と思うのであれば、それはきっと寂しいと思う。もちろんこの私の意見に対しても、多くの反感があると思いますが、それもまた価値観なんですよね。

 今回の旅で、どこかのトークライブで言いました。大学卒業後にインドに行くことの社会的是非は問わない。だけど、少なくともそのことによって、その人の人生が面白くなることだけは間違いない、との予備校講師の話。これはもはや私の座右の銘ともなっている。今回の自転車ツアーにしても、私としてはやりたくて、やりたくてたまらなかった。2006年のブログからそんな話を書いていたし、人生の夢の一つでもある。もしこの夢をあきらめて墓場に入るとき、どう思うか。きっと寂しいと思う。

 ただ、もちろんそのためには家族の理解や仕事の調整など現実的に超えなければならない問題はある。私もさすがに一年間留守にする、などとは言いませんから。それは夢と現実とのバランス。そしてその綱渡りのようなバランスこそが人生の妙味なのかもしれません。

 このような言い方自体が自らの身勝手な言動に対するエクスキューズであると感じられるかもしれません。だけど、いかなる場合でも、私は私なりに考えて、深く考えて前進していることだけは事実です。そしてこんな「価値観」を持つ人間がいることを知るだけでも、このブログ、この旅を見ることのメリットじゃないかなとも思っています。この旅ももうすぐゴール。22日はたくさんの人とお会いできるのを楽しみにしています。

■いよいよ東京ゴールを残すのみ!22日(土)/夢なに・チャリンコ de 5都市講演ツアー

 あ、それからもう一つ告知。翌日23日の夜、「打ち上げ」が予定されています。ツアー参加者中心の飲み会なんですが、予約している人数に対して若干の空きがありますので、ここで呼びかけしたいと思います。参加条件は「今回の5都市いずれかのトークライブに参加していること」です。希望される方は「ishidahisatsugu@gmail.com」までお願いします。先着順でご案内させていただきますので、定員オーバーになりましたら、申し訳ないですが終了とさせていただきます。場所は渋谷、時間は19時からです。初めてお会いする方も、よかったらお待ちしています。熱い夜になりそうです。

 今日の話に戻ります。富士山を見ながら走行し、4時半には沼津のホテルに到着。窓から富士山が見える。ありがとうございます。
b0002156_11322486.jpg

 夜は近くの小料理やで煮魚の定食。駿河湾近郊で採れる「ゴツ」という深海魚だそうで、しっかり静岡の名産を堪能させていただきました。
b0002156_113362.jpg

 明日はいよいよ箱根越えです。天気も良さそうだし、これまた旅のハイライトかな。頑張ります。それではまた明日。ありがとうございました。


みなさまのクリックに支えられて生きてます!
  ↓ ↓
人気blogランキング



【11月19日(水)のログ】

10:38ー出発
12:31ー桜えび茶屋~13:12
13:50ー道の駅富士川楽座~14:04
15:29ーミニストップ沼津大塚店~15:52
16:26ー宿到着(沼津ビジネスホテル)~18:04
18:11ー富一亭きえい~18:47
18:50ー宿到着
★自転車走行距離:61.5km

・1,080円:かき揚げ丼、そば(桜えび茶屋)
・100円:みかん
・310円:パン、コーヒー
・4,104円:宿泊(沼津ビジネスホテル)
・1,840円:煮魚定食、ノンアルコール
・100円:お菓子
★合計:7,534円
Commented by 影山秀樹 at 2014-11-20 12:01 x
Qさんこんにちは
富士山バッチリ見えて良かったですね。

価値観についての話もあったけど、奥さんも心配だろうけど、ご主人の仕事を受け入れているなら、家を空けるのは当たり前のことって考えていると思うなぁ、
タイムカードは無いんだから。

ありがとうの百連発にはびっくりしましたよ。

ゴールまであとわずか。
Qさんがんばれ。
Commented by S at 2014-11-20 12:26 x
2日前のブログに質問させて頂いた者です。回答ありがとうございました。
一応お伝えしておくと、旧来の価値観からQさんを批判するつもりは毛頭なくて、むしろQさん型の人生を私も実現したいからこその質問といいますか…素朴な疑問だったんです。
で、Qさんに奥様のご意見を聞くのもお門違いな話だったなあ〜と反省しました(実際、奥様に直接聞けない、けど聞きたかったので仕方ないんですけど笑)

なので改めて、そして今日のエントリーも踏まえて、Qさんご自身の意見を伺ってみたいのですが、もし奥様が今、「私一ヶ月くらい海外放浪したい。その間あなた子供たちお願い」と仰ったら、Qさんはどうなさるでしょうか?
価値観は自由…ということは、奥様の価値観も、世間一般の価値観から自由であっていいということですよね?
あるいは、価値観は自由であっていいけど、行動の自由はまた別なんでしょうか?(行動の自由を享受するには経済的自由の裏付けが必要??)

しつこい奴ですみません。Qさんに嫌な思い(?)はさせたくないのですが(まして今ハードなツアー中ですし)、自分の人生においてここの部分はとても大切なことなので、ある意味私の理想を実現しているQさんにどうしても聞いてみたいのです。宜しくお願いします。
Commented by 鈴木智理 at 2014-11-20 16:25 x
いい天気の富士山は美しい。
能天気のおじさん(私)はどうだろう?
ゴールまでもう少し、世界地図で見れば着いたも同然。
札幌から今日はシラスを食べて応援してます。

Commented by katamich at 2014-11-20 20:10
■影山秀樹さん!
富士山、晴れてて良かったです!
Commented by katamich at 2014-11-20 20:13
■Sさん!
そのご質問に対しては、もちろんOKデス!
ただし、現実的に自分一人では厳しいので、実家の母に来てもらうとかはするでしょう。
海外とかでなくても、どうしても家をあける事態などいくらでもあるでしょうし。
Commented by katamich at 2014-11-20 20:14
■鈴木智理さん!
素晴らしい1日でした!
Commented by S at 2014-11-21 12:03 x
お返事ありがとうございました!
Qさんのスッキリしたお答えで、自分の中のモヤモヤもスッキリしました。
ツアーもあと少しですね。無事の完走を心から祈っています!!
Commented by katamich at 2014-11-26 11:26
■Sさん!
応援、ありがとうございました!
by katamich | 2014-11-19 23:39 | ■チャリンコツアー | Comments(8)