チャリンコツアーの今後 2014.11.14

 結果的に敦賀に来てよかった。ソースカツ丼が美味かっただけじゃない。なんか、来て「良かった」のだ。無駄な動きもまんざら悪くない。いや、むしろ「無駄」とわかってるからこそ良いものなんだろう。さらにだ。宿から国道8号線を南下するところ、「港が見たくなったのさ」と心の中でつぶやきながら逆走。敦賀港を見てきました。なんてことないけど、30分のロスタイムがあっても来てよかった。たとえ港を見る時間が5分であっても。
b0002156_23544941.jpg

 その後は順調に名古屋に向かって南下。県境までの登り坂が少々きつかったけど、ただ、こぎ続けることで到着。良さそうなお店があったので、ちょっと早いけどランチ。自然薯の定食。美味いに決まってる。
b0002156_235583.jpg

 再び滋賀県に入り、長浜市を爆走する。トンネルを抜けたら再び琵琶湖だ。
b0002156_23552920.jpg

 トークライブ主催のアウルズさんが作ってくれた画像。進んだ道をトレースするとこんな感じか。名古屋を目指してるのに、京都から北上してるのが笑える。
b0002156_23554865.jpg

 しかしまあ、こうやって地図を見ると、、、山陽、北陸、つまり「日本海」に沿って走りたくなるじゃないですか。もうね、このチャリンコツアーは今回で最後じゃないと思うの。とりあえずは、プライベートで九州を走したいな。今度はテント持参で。2泊3日とか無理のない範囲で。自転車で旅することがこんなに楽しいなんてね。子どもたちがもう少し大きくなったら、一緒に周るのも楽しそう。

 あと、ここに「書く」と必ずやったり、実現したりするものですが、2~3年以内にバルト三国自転車縦断はやりたいと思ってます。実は前々からやりたかった。エストニア、ラトビア、リトアニア。日本では馴染み薄い国と思いますが、「バルト三国」なんて一緒にされてしまってますが、実は全然違う国。歴史的には「エストニア=フィンランド」、「ラトビア=ドイツ」、「リトアニア=ポーランド」との関係が深く、言語的にもまったく異なるのに、一括りにできるはずない。たまたまロシアに併合されてただけで、その差異としては日本、韓国、中国よりも大きいんじゃないでしょうか。

 なので、まずはフィンランドのヘルシンキに入って、フェリーでエストニアのタリン。そっからラトビア、リトアニアと自転車で南下することで、フィンランド、ドイツ、ポーランドの三国の文化の違いを体感できそうで面白い。今も自転車で都道府県を超えていますが、言葉や食べ物が変わっていくのがまた楽しい。今回はどうしても素通りになりますが、もっと深く入りたい、住民と接したいな~って思いが強くなります。

 そんな風に思ってると、きっと引き寄せられる。私には商工会議所でのセミナーがあるので、そのうち全国から引っ張りだこの日がやってくる。先日の佐賀商工会議所では「過去最高」の評価をいただいたことも自信につながります。結局、私は「人」が好きなのかも。興味があるのかも。今回の旅ではそんなに深く人と接してるわけじゃないけど、見てるのはいつも人だもんね。宿や飲食店でも、その土地の名産とか名所のことを思わず聞いてしまうけど、それは手段であって、目的はコミュニケーションですもんね。

 とにかくも、自転車は私の趣味、ワイフワークになることは間違いない。スピードとかは興味なくて、今回みたいなクロスバイクでゆっくり走りたい。今年はボクシングに自転車に、身体を使う趣味が増えたなあ。もっとも、山登りとか滝行とかも好きだし、その前に「旅」自体が身体使う趣味ですもんね。40代のうちに100か国行きたい。そう思ってると、そのための条件が整うから不思議なものです。

 そして今回のような「チャリンコトークライブ」もきっと今回で終了にはならず、3年後くらいにまたやりたいな~とか考えます。今度は3都市くらいにして、もっと道中の柔軟性を高める。今回にしても名古屋がなかっったら、間違いなく福井や金沢に行ってただろう。そして富山は父の郷里。先日、父方の祖母の姉妹の孫からメッセージが来て、さらにそのお父さんともフェイスブックでつながり、「富山に来い」とのメッセージもいただいている。これは行かないとね。遠くない将来。講演は福岡、大阪、東京にしぼって山陽・北陸を進むのもよし。または、東北とか北陸とか地域限定で細かくまわってもいい。そのためには、もっと集客力も高めないとね。楽しくなってきた。

 今日の行程に戻りますが、滋賀県長浜市から米原市に入り、道の駅でおやつ休憩。今日は天気がとても幻想的で、ずっとこんな感じでした。すげえ。
b0002156_053031.jpg

 こんな廃墟も。なんだかカッコいいね。
b0002156_045629.jpg

 その後はすぐに岐阜県関ヶ原町に入り、そう、東西天下分け目の「関ヶ原」です。合戦の現地も見に行ったし、ここで文化的にも「東西」に分かれると聞く。一説によると「どん兵衛」のスープもここで分かれるとか、ほんまかよ。でも、三重県の人はちょうどここらで関西弁と名古屋弁に分かれるらしい。なんだかベルギーみたいだね。オランダ語とフランス語に分かれる辺りが。自転車に乗ってると、そんなことも考えたりして、やっぱり面白い。天下分け目の合戦をした人たちも、こんな夕日を見たのかな~とかね。
b0002156_062292.jpg

 そのままひたすら東に進み、日も暮れたころに岐阜県羽鳥市に到着。新幹線も止まる「岐阜羽鳥駅」の安いシングルルームにチェックイン。これがなんとタオル付きで2,000円。今まで最安値だ。只を除いて。
b0002156_0350100.jpg

 部屋に自転車を入れて、飯を食いに行くのだけど、面倒だったので駅の食堂で味噌ラーメン。「おススメ」と書いてたので食ったけど、普通だった。それにしても、この部屋の安さの理由がわかった。目の前が新幹線なので、かなり騒音がある。そして隣の部屋とはベニヤのような板で仕切られてるだけなので、テレビの音、電話の声などがそのまんま聞こえる。なので今、イヤホンでジャズを聞きながら書いてます。個人的には安くてもリピートはないな。

 そんなとこで、いよいよ明日は名古屋トークライブ。大阪から中3日しかあいてないけど、さらに爆発しまくります。今回のライブで人生が大きく動く人がたくさん出てきますように。停滞中の人は大きな一歩。加速中の人もさらにドライブ。いわゆるスピリチュアル系にもこんな講師がいるんです。癒すだけでは人生は変わらない。癒しにとらわれず、自らに備わった内的パワーに目覚めて欲しい。そんな思いで全身全霊でお話させていただきます。お近くの方、お近くじゃなくても、一緒に動き出しましょう。

■11月1日(土)~22日(土)/夢なに・チャリンコ de 5都市講演ツアー

 そんなとこでまた明日。明日はここから30キロだから、2時間くらいだな。18時からなので余裕、余裕。北上して福井に行けてよかった。それでは明日の名古屋でお会いできるのを楽しみにしています。ありがとうございました。





【11月14日(金)のログ】

10:12ー出発
11:45ー孫兵衛(とろろ定食)~12:15
15:00ー道の駅伊吹の里~15:28
18:02ー宿到着(ウィークリー翔岐阜羽鳥ホステル)
18:26ー岐阜羽鳥駅(味噌ラーメン)~18:41
18:50ー宿到着
★自転車走行距離:91.0km

・1,300円:とろろ定食(孫兵衛)
・378円:おはび、コーヒー(道の駅伊吹の里)
・2,000円:宿泊(ウィークリー翔岐阜羽鳥ホステル)
・600円:味噌ラーメン(岐阜羽鳥駅)
・296円:おにぎり、ジュース
★合計:4,574円
Commented by ともゆき at 2014-11-15 00:33 x
生ぬるかったスピリチュアル界につけ物石を投げ込みましたね
サイコーです^_^
Commented by 影山秀樹 at 2014-11-15 08:07 x
Qさんへ。おはようです。
宿をでて名古屋目指して爆走か?と思いきや港を見に行っちゃうとは、旅を楽しんでますねぇ。まあそれでも予定どうりに、名古屋の近くに泊まれて良かっですね。今日15日は、名古屋で講演会ですね。浜松市から新幹線に乗れば、すぐなのに本当にくやしいです。どうか講演会が大盛況でありますように。
Commented by 鈴木智理 at 2014-11-15 10:44 x
廃墟の写真、いいですね!
他の写真見ても思うのですが、いいカメラなんですか?
もしかして、水泳選手もほしがるような・・・
Commented by katamich at 2014-11-20 06:54
■ともゆきさん!
ありがとうございます!
Commented by katamich at 2014-11-20 06:55
■鈴木智理さん!
iPhone6plusです。
Commented by katamich at 2014-11-20 06:57
■影山秀樹さん!
大盛況でした!!
by katamich | 2014-11-14 23:39 | ■チャリンコツアー | Comments(6)