しまなみでネタを拾う 2014.11.7

旅も早3分の1。身体はかなり慣れてきた感じだ。おかげさまで天候にも恵まれ、快適に走っています。今日もいろいろ面白かった。それでは本日も清きワンクリックからお願いいたします!
  ↓ ↓


 当初の予定では尾道からそのまま東に進み、今日は倉敷か岡山の予定でありました。しかし、尾道に自転車で乗り入れ、「なんで、しまなみ海道行かないの?」って3人くらいから言われまして、何かと思って見てみると、な、な、なんと、瀬戸内海の島々に橋が架かってて、そのまま四国に上陸できるじゃありませんか。11月11日は大阪でトークライブ。その前日は西宮の知人のお世話になる予定。どうしよう。瀬戸大橋は自転車は不可。あ、高松から船がたくさん出てるじゃん。神戸にワープすれば帳尻合うな。とにかく、このいい天気にしまなみ街道に行かないのはもったいない。予定変更することになりました。尾道から向島までのフェリーです。約1分。
b0002156_8585952.jpg

 向島の次は因島。柑橘系が名産だよね。徒歩・自転車専用道はこんな感じ。景色が見えないよ~。
b0002156_8592550.jpg

 次は生口島。あの橋を渡ります。「生口」って弥生時代の「奴隷」のことじゃないか、と思ってウィキで調べてみると、そんな由緒もあるにはあるみたいね。
b0002156_901532.jpg

 橋の上から。まぶしい。ああ、瀬戸内海。しまなみ海道に来て良かった。
b0002156_91151.jpg

 橋の手前でこんな男と会いました。でっかいザックに「蹴るやつ」を引きずりながら歩いている。面白いに違いない、と思い、「それ(蹴るやつ)で旅してるんすか~」って声をかけてしまった。どうやら、それで四国一周するらしい。
b0002156_91769.jpg

 じゃあ、まあ、どっかでランチでもと誘い、生口島の中央ら辺で待ち合わせ。彼はかなり頑張って急いで来たみたい。山形県出身18歳(見えない)。学歴は幼卒で小1からほとんど学校に行ってない。引きこもりニート。ときどき両親の商売の手伝いでお金を稼ぎ、ニュージーランドに短期留学も。今はヒッチハイクを中心にあてもなく日本一周中で、突然、「蹴るやつ」で四国一周を思いつき、5千円でそれを買ったんだと。ただ、それはそんな風に使うものじゃなく、いわゆるおもちゃでしょ。買って2日で早くもガタが来て、ぶっ壊れるは時間の問題だろう。ランチではお好み焼きが食いたかったので、そこにしたけど、彼は米が食べたかったらしい。一日500円で生活してて、寝るのはもちろんテント。2月に札幌に行くそうで、それまでの3か月は500円生活。全所持金は3万円。ん?計算が合わないぞ。ま、いいか。当然、飯もおごったし、餞別として3千円握らせた。これで一週間は生き延びるだろう。
b0002156_914352.jpg

 オレも昔、いろんなとこ旅してて、いろんな人に世話になったものだ。ヨーロッパではヒッチで乗せてもらって、飯奢ってもらった上、餞別までもらったこともある。40歳過ぎて、今はその「お返し」をしていかなきゃね。「若者」の特権、と言うか武器って実は2つしかなくて、それは「体力」と「愛嬌」。働くにしても、旅するにしても、効率的にする必要なんてない。とにかくガムシャラにやって、経験を積み重ねるしかない。20代のうちから権利なんて求めちゃダメ。サービス残業でも徹夜でも何でもして、とにかく仕事量をこなして、それで少しでも会社に貢献することが大切。そもそも仕事なんてできないんだから。そうやって身体で仕事を覚えて、その積み重ねが後々財産となる。

 そしてもう一つの「愛嬌」だけど、若者は年上から可愛がられてナンボ。ヨイショでもオベンチャラでも何でもいいから、さんざんおだてまくって、いい気にさせて、奢ってもらって、裏で舌出しててもいい。可愛がられるのなんか20代まで。年上の話は「は~、ひ~、ふ~、へ~、ほ~」と言いながら、聞いていればいい。そうやって年上の人間のコミュニティに入ることで、自分自身の世界観だって広がるのだから。その辺はオレも20代によくやってきた。学生時代は奢ってもらいっぱなしだった。それは単に飯代が浮くだけじゃなくて、確実に世界観も広がり、その延長に今がある。それを「世渡り上手」と言うのかもしれないけど、世渡り術もまた、若いうちに磨いておくべき重要なスキル。

 一番嫌われるのは、斜に構えた態度。好意を素直に受け取らない、どこか冷めてる。もちろん感謝もしない。ちなみに目上から奢ってもらったとき、必ずしないといけないのは、まずすぐに「ごちそうさまでした」と言うのは当然のことで、大切なのは次に会ったときに「あ、先日はごちそうさまでした」ともう一回言うこと。言わなくても何も言われないけど、きちんとチェックされてるから甘く見ない方がいい。逆にそれを言う人間は次もまた気持ちよく奢ってもらえる。そして世界観が広がる。些細なことだけど、それもまた20代のうちに勉強したこと。

 たとえば起業して成功するかどうかも、ここにかかってくる。ハッキリ言うけど、天才は別として、30代、40代で「起業」して成功できるかどうかは、20代にすべてかかってくる。特別な技術を身につけるか、ぶっ飛んだ経験をするか、または、「人たらし」の術を身につけるか。オレなんかは、技術はほとんどゼロ、経験もさほどぶっ飛んだとは言えない。世界一周とかしたくらいで、上にはすごい上がいる。だけど、ほんのばかし「人たらし」的要素は人より身につけたかもしれない。「女たらし」ではなく、「人たらし」ね。それで随分と飯代は浮いたし、何より大切なのは、もう一度言うけど「世界観」が広がったこと。

 「Qさんは、変なことをいろいろ知ってる」とよく言われるのだけど、それはまさに20代の延長ですよ。オレの場合は入り口はもっぱらジャズと旅だったけど、哲学や現代思想にもかぶれてる時代があって、そんな話もよく目上の人たちとしたものだ。確実に世界観が広がった。世界観は自分で広げるのではなく、他人から広げてもらうこと。そのためには異質な人、コミュニティに接することが重要。大学時代も交流してたのは、同じ学生ではなく、もっぱら地域の大人たちだったし、それが今でも生きていて、だからこそ面白そうな若者を見ると、興味を持って手を差し出してしまう。

 今日の彼はまだ18歳。まだまだ無限の可能性があるけど、いわゆる成功するかどうかはわからない。ろくでもない人生を送る可能性だってある。だけどもし、自分の人生を「いい人生」にしたいのであれば、大切なことが一つだけある。それは「志」を持つこと。目標や願望でもいい。いかなる世界観に触れようとも最終的に重要なのは「自分」でしかない。どうありたいのか、もちろんまだわからなくてもいいし、永遠にわからないかもしれない。そもそも答えなんてない。

 ただ、絶対的な答えはなくとも「絶対的な問い」はある。その一つがまさに「自分はどうありたいのか?」と問い続けること。たとえばオレは「青春でありたい」と思う。では、青春って何?わからない。言語化できない。だけど今回のチャリンコツアーはまさに「青春」そのものだ。だからやっている。もうかる?売れる?知らない。それでも「青春」とだけは言える。その青春がまさに今ここにある。

■11月1日(土)~22日(土)/夢なに・チャリンコ de 5都市講演ツアー

 今日、蹴るやつで旅してる若者に声をかけた。もうね、青春じゃん。そしてネタじゃん。面白いかはわからんけど、確実にオレの世界観を広げてくれるじゃん。そう考えると、飯代も餞別も安いもの。さらに話をしてると、来年は「アルバニア」に行くと言う。ああ、またヒットした。ここでカナダやイギリスと言わずに「アルバニア」が出てくる。しかし、彼はアルバニアの場所はわかるけど、首都の名前も、そもそもどんな国かもわからない。もっとも、オレだって18の時は知るはずもなかった。その国を知ったのは、24歳でハンガリーを旅してるとき、東欧でほとんど唯一「ビザなし」で入れる国だったから。だけど、1997年当時は国策の「ネズミ講」で国家財政が完全に崩壊。ヤバいでしょ。失礼ながら、世界三大バカ国家があるとすれば、アルバニアとナウルは入るね。あとは、ジンバブエか北朝鮮か、ま、その辺。ただ、アルバニアは今はかなり良い国になってると聞くので、現在のバカ国家は取り消します。

 で、なぜにその若者がアルバニアなのか。フェイスブックでたまたま自分と同じ名前の人を見つけて、メッセージを送ったことがきっかけ。その人が生粋のアルバニア人だったから。実はオレも来年はプライベートでトルコ・ギリシャ辺りに行こうと思っている。できればアルバニアまで足を延ばしたい。彼とは来年、アルバニアで再会しよう。そして彼と同じ名前のアルバニア人の家で盛り上がろう、てな話になってオレは先を急ぐことにしました。時間もそんなにはないんだぞ、オレは。
b0002156_95595.jpg

 しまなみ海道。サイクリングの聖地と言われるだけあって、もう、絶景が続きます。マジできて良かった。何度も泣きそうになった。いや、泣いた。伯方の塩のアイスも絶品だった。
b0002156_953253.jpg

 いよいよ四国上陸。あの橋を渡ると、そこは四国だ。夕日に向かって走るのだ。
b0002156_961822.jpg

 橋に乗ったぞ。ああ、最高過ぎる。
b0002156_971237.jpg

 ただ、思わぬとこで時間を食ったせいか、本来はあと30キロは走りたかったけど、今日の寝床は上陸すぐの今治市に。楽天トラベルで予約して朝食付き4,100円のビジネスホテルにチェックイン。サイクリストに優しい宿でした。ありがとう。
b0002156_964515.jpg

 今治って焼き鳥が名物らしいね。普通の焼鳥屋でお酒を飲まずに食事だけ。珍しいので鳥皮丼ってのを食いました。予想通りの味ですが、普通に美味かった。
b0002156_974162.jpg

 出発して一週間。身体も慣れたのか、出歩く体力も残っています。ホテルに向かって歩いてるとお城が見えたので行ってきました。今治城。ああ、美しすぎる。お月様がまた最高。
b0002156_985770.jpg

 明日は高松に向かって東にひた走りますが、おそらく高松には着かないだろう。行けるとこまで行って、明後日の2時半の神戸行きフェリーに飛び込みたいと思います。明日も走ります。ありがとうございました。

みなさまのクリックに支えられて生きてます!
  ↓ ↓
人気blogランキング



【11月7日(金)のログ】

9:30ー出発
12:53ーランチ(ミナミたこ焼き)~13:36
14:58-休憩(道の駅はかたSCパーク)~15:13
17:34ー宿到着(ホテルポートサイド今治)~18:49
19:05ー夕食(山鳥)~19:39
19:47ー今治城~20:04
20:20ー宿到着
★自転車走行距離:79.4km

・110円:向島フェリー
・272円:パン、バナナ
・1,500円:お好み焼き、焼きそば、ポテト(ミナミたこ焼き)
・3,000円:若者へ餞別
・350円:アイス(伯方の塩)
・4,100円:宿泊(ホテルポートサイド今治)
・1,300円:鳥皮丼、手羽先他(山鳥)
・247円:お菓子、ジュース
★合計:10,879円
Commented by 影山秀樹 at 2014-11-08 09:44 x
Qさんこんにちは
しまなみ海道は私も走りました。ただ観光バスですが。いろんな出会いも旅ならではですね。愛媛県から香川県へ、私にとって第2の故郷ですけど、あちこち見てる暇はないかもですね。フェリーの時間に間に合いますように。
Commented by Keiloco at 2014-11-08 10:33 x
Qさまこんにちは
広島でお世話になった防府ステッカーのものです。
しまなみを渡られたと見て、感動して人生初コメントです。
私はしまなみの島出身で今は今治に住んでいます。広島講演に急にどうしても行きたくなって子供を主人の店に預けて初広島ひとり運転でドキドキしながら行きました。同い年ですが、刺激を受けて、秘伝の秘伝も聞けてよかったです。
Commented by 友羽 at 2014-11-08 11:59 x
Qさん、こんにちは!はじめてコメントします。私は山梨に住んでいます。

実は私、夢なにを発売日当日にダッシュで本屋さんに買いに行きました。でも、どこにいってもなかったんです。私は今日読みたかったのにと、もやもやしながらも仕方ないのでAmazonで注文しました。
ところが!
今日、ファミマに行ったら夢なにが置いてあったんですよ。びっくりしました!本当にコンビニに並べる夢叶ってる!って。発売日に本屋に置いてなかった夢なにが、今はコンビニに並んでるって。こんな田舎のコンビニにもありました!
これからもがんばってください。
すごく驚いたのでいつもは読むだけですがコメントしてみました。
Commented by ポン at 2014-11-08 20:53 x
初めまして。本を買って、Blogを見てみたらチャリンコツアーをされるとのこと。愛媛では講演ないだろうなーと思ったら、22日の東京の日に丁度東京に行く予定が!さっそく申し込んだのですがしまなみ海道に来ていてくれたとは!自慢の故郷を楽しんでいただけたようで良かったです。東京で話を聴けるのを楽しみにしてます??
Commented by めぐみ at 2014-11-10 09:27 x
素晴らしい景色ですね。私もいつか自転車で走ってみたいです。写真ありがとうございます。講演に参加できないのがなんとも残念ですが遠くから応援しています。ところで、私は秘伝の秘伝に救われた(大げさ?)のでそれも感謝です!
Commented by katamich at 2014-11-14 08:33
■影山秀樹さん!
バッチリでした!
Commented by katamich at 2014-11-14 08:34
■Keilocoさん!
しまなみ、最高でした!
Commented by katamich at 2014-11-14 08:36
■友羽さん!
そうなんです。ファミマにも売られて、そこそこいい感じのようです!
Commented by katamich at 2014-11-14 08:36
■ポンさん!
ありがとうございます!東京、楽しみにしています!
Commented by katamich at 2014-11-14 08:37
■めぐみさん!
救われてよかったです!^ ^
by katamich | 2014-11-07 23:39 | ■チャリンコツアー | Comments(10)