「天の声」を無視するな! 2014.11.5

 本日もまた10時に出発。今日も快晴。週間天気予報によると、15日くらいまではいい天気のようだ。それ以降は出てないからわからないけど、きっと大丈夫。だって晴れ男だから。今日も雲一つなくて、マジでハンパないね。岩国を出て、さっそく3つ目の県、広島県に入ります。
b0002156_9425747.jpg

 そうそう、何度か書いているように、今回は文章中心のブログ、写真中心のフェイスブック、報告中心のツイッターの3つでレポートしています。フェイスブック、ツイッターのアカウントは以下ですので、気軽に友達申請、フォローをお待ちしております。

http://www.facebook.com/ishidahisatsugu
http://twittter.com/Q_ishida

 朝食を食べてなかったので、早めにランチ。広島と言うと、やっぱ牡蠣でしょ。焼き牡蠣を食べたかったのだけど、腹が減ってたのでガッツリと定食。牡蠣の天ぷらの定食です。まあまあ、かな。
b0002156_9432758.jpg

 今日は夕方4時くらいに宿に着ければいいので、少し時間にゆとりがあります。厳島神社を観光するため、フェリーへ。15分間隔でいくつかのフェリーがあり、一番安いJRフェリー往復560円自転車付きに乗り込みます。フェリー大好き。久高島とか思い出す。
 お、神社だ。世界遺産。
b0002156_9442758.jpg

 ただ今、干潮でしたので、鳥居まで歩いて近づけます。空が美しい。
b0002156_94512.jpg

 本殿に参拝。よく見る写真ですね。美しい。
b0002156_9445145.jpg

 結婚式されてました。そう言えば、私のツアーに参加されたメンバー同士の結婚式が近々ここであるんだな~。熱い何かがありますね。お幸せに~。
b0002156_9452847.jpg

 弁天様。インドではサラスバティー。財をもたらす神様。神道の神社の中にある不思議。神仏混交。日本はステキだ。
b0002156_9461023.jpg

 鳥居に近づく。圧巻だ。
b0002156_9464064.jpg

 五重塔もまた美しい。空が空色。雲一つない。
b0002156_947129.jpg

 世界遺産とオレ。波動がばっちり合ってるね。この姿で旅をしています。上は夢なにTシャツで下はジーパン。リュックは30リットルにフルに詰め込み、雨除けのカバーを常にしてるのは、カバーの中にも服とか入れられるから。本当はキャリーバックとか付けると楽なんでしょうが、万一、講演会場とかに間に合わなそうなとき、車輪を外して列車に乗り込むため、極力、荷物は少な目にしたのです。でも、これがギリギリ。
b0002156_9491996.jpg

 鹿くんだ。奈良みたいだね。関西人としてはそう連想する。
b0002156_947494.jpg

 広島市内に着きました。2度目だけど原爆ドーム。アウシュビッツと並ぶ負の世界遺産。忘れちゃならない。
b0002156_9492610.jpg

 本日の宿に到着。昭和の旅館。風呂トイレは別。着いてすぐ、さっそくお風呂を沸かしてもらい汗を流します。チャリンコ乗ってて、何が気持ちいいかって、それは湯船ですよ。なんだかんだと身体は冷えてるし、筋肉も緊張してる。それがお湯につかることで、じわ~っとゆるむこの快感。生きててよかった。
b0002156_9514299.jpg

 小休憩して、6時前には本日のセミナー会場に向かいます。すぐに「つばさ整骨院」の福田孝史さんも来られ、いろいろお話しします。後ほど少し前に出ていただこう。そして今日もたくさんの方にお越しいただき、とても楽しかったです。今日もまた気が向くがままにしゃべったのだけど、要点は3つかな。

・身体を揺るがすアファメーションをしろ!
・ストレスを楽しめ!
・「天の声」を無視するな!
b0002156_9513990.jpg

 他にもいつもの話とか、秘伝の秘伝とか、旅の大切さとか、あちこち話が飛びながら、2時間以上しゃべりっぱなしでした。特に「天の声」については、実は「秘伝」でも重要な要素だけど、めちゃくちゃ大切。「天の声」とは何か。それは「魂」の成長を導く、宇宙からのメッセージ。かなり無茶ぶりをしてきます。例えば昨年11月、ちょっとした飲み会の席で、大阪の経営コンサルの方から言われます。

「石田さんもR1出たらよろしいやん」

 「R1ぐらんぷり」に出ろってことですね。素人でも出れるらしい。いやいや、それはないですよ、と言いながらも頭のどこかで「聞いてしまった~、天の声!」ってもだえてる自分がいる。「天の声」」はインスピレーションのような形を取ることもあれば、実際の人間を介して聞くこともある。聞いたとき、どこかスルーできないザワツキが走る。その翌日、ブログに勢いで「R1に出ます!」と書いて自分を追い込む。そして出た。そこから2014年の快進撃が続いたものと思ってます。やっぱ「天の声」だった。

 それ以外にも2005年に「会社辞めていいよ」って内的な声もまさに「天の声」だった。それ自体、かなりストレス。だから無視した方が楽だし、無視もできる。福田さんに最後、前に出てもらい少しだけからんでもらいます。福田さんは2年前に開業して、1年前はかなりじり貧で店を畳もうかの寸前だったらしい。そこで「天の声」を聞く。「○○から手を引け」と。まさか、それやっちゃマズいでしょ。そう思うのが当然。最初は無視。だけど、その後も何度も何度もいろんな人を介して同じことを言われる。最後にある人から一撃で「はいはい、わかりましたよ、やりますよ」と降参して「天の声」に従うことに。今では、1年前と比べて収入10倍。
b0002156_9513926.jpg

 そうなんですよね。「天の声」って目覚まし時計のスヌーズのように何度も何度もやってくる。音も大きくなる。だけど、無視することはできる。じゃあ、本当に無視し続けるとどうなるか。もしかしたら、ヤバいかも。例えば病気や怪我などは、「天の声」を無視し続けたことへの最後の警告って意味もある。そしてその声に気づいたら、実は病気や怪我は驚くほど良くなったりする。病気や怪我にはそんな意味もあるんですね。

 「天の声」を信じますか、信じませんか。オレはもう、恐いくらい信じている。かなりストレスですよ。だけど、無視する方が恐い。そしてきちんと言うことを聞けば、恐ろしいほど人生が加速することも知ってる。福田さんは収入10倍。いいね。オレも「天の声」に従って生きてると、もう、面白いように人生は大きく加速する。次回の大阪でもそんな話、したいと思います。

■11月1日(土)~22日(土)/夢なに・チャリンコ de 5都市講演ツアー

 てなわけで、楽しく終了し、残ってた8名で軽く飲みに行こう!
b0002156_9533494.jpg

 一番前に座ってた引きこもりニート23歳男性は来年春から就職が決まってる。かなり厳しい職場。それまでは時間がある。「インドに行け!」と「天の声」を7名から聞いてしまった。これは無視できないね。おめでとう。明日は尾道くらいまで走ろうと思います。ありがとうございました。




【11月5日(水)のログ】

9:53ー出発
11:17ーランチ(あつあつ揚立てっちゃん)~11:43
11:55-宮島口フェリー~厳島神社(観光)
13:50ー宮島口出発
15:37ー平和記念公園~16:50
16:23ー宿到着(京橋旅館)
17:50-RCC文化センター(講演)~21:00
21:09ー飲み(きがる家幟町店)~23:31
23:40ー宿到着
★自転車走行距離:48.4km

・1,080円:牡蠣天定食
・560円:フェリー往復
・300円:厳島神社初穂料
・3,600円:宿泊(京橋旅館)
・259円:パン、アイス
・5,000円:飲み代(きがる家幟町店)
★合計:10,799円
Commented by 影山秀樹 at 2014-11-06 11:15 x
Qさんこんにちは
広島講演会も無事終了して良かったですね。目的地めがけて、しゃかりきになって走るんじゃなくて、観光もするし、講演会までやってしまう。ただもう感心するのみ。私も秘伝やってます。ようやく70日を越えました。天の声に耳を澄ましています。無事完走を祈っています。
Commented by バウアー at 2014-11-06 12:34 x
初めてコメします。

天の声ってどうしたら聞けますか?

石田さんの本はまだ読んでません。
Commented by keiko at 2014-11-06 21:22 x
新刊とてもわかりやすく、すんなり入ってきました。
とても、前向きになりました。

以前から書く方法をしておりました。が、叶う兆候がすこし見えるだけで動きははっきりとはありません。
先日から秘宝を始めましたが、願い事がおなじで書くだけを一年近く続けているので、間を開けてから秘宝を改めてした方がよいのか、秘宝としてはやりつづけてから間をあけた方がよいのかわかりません。
Commented by katamich at 2014-11-07 22:33
■影山秀樹さん!
はい!一応今回は講演がメインなものですから(笑)
Commented by katamich at 2014-11-07 22:34
■バウアーさん!
耳をすませば聞こえてきます!
Commented by katamich at 2014-11-07 22:35
■keikoさん!
お好きなタイミングで始めるのが正解です!
by katamich | 2014-11-05 23:39 | ■チャリンコツアー | Comments(6)