自分壊しの旅 2014.10.28

「癒し・ヒーリング」部門には金曜日まで滞在しようと思います。11月1日から「スピリチュアル」に戻って、いよいよチャリンコツアーのスタートです!とにかく進みます、進むしかない!今日も清き一票をよろしくお願いいたします!
      ↓ ↓


 今日は結婚記念日でして、ささやかに夜はケーキを食べました。昼に博多で対面コーチングセッションをした後、阪急で買ってきました。種類はお任せになると、私の場合、どうしてもフルーツ中心になる。ちびQはチョコレート・バナナ、私はマスカットタルト。私の果物好きは物心付いてから。一番心躍るのはスイカ。あとは、みかん、柑橘全般、梨、ブドウ、桃、辺りが好物。比較的優先順位が高くないのがイチゴ。家族はみんなイチゴ好きなので、あれば買ってはきますが、自分個人で買うことはまずないかな。意外と言われますが。

 そして結婚記念日と言えば「儀式」ですね。そう、2007年の入籍の日に「家族の10の願い」を書いて以来、毎年やって今回で8回目となりました。毎年のことながら、昨年立てた「願い」は7割程度の実現率。でも、これが4~5年ともなるとほぼ100%になってるのが我が家のケース。2007年当時から「年収2000万円」と書いていて、とてもじゃないけどハードル高いかな~と思いながら、昨年の段階でようやくと実現。時間はかかったけど、いいじゃないですか。子どもも二人授かり、私のダイエットも成功。やっぱり「書くと叶う」のですよ。だったら、書かなきゃもったいない。だけど、急ぎすぎるのも禁物。「秘伝」もそうですが、書いてすぐに100万円の臨時収入なんてありませんから。いや、100人に1人くらいはあるでしょうが、「すぐ」はそんなにない。だけど、書いて、そしてしっかり行動していれば、必要なタイミングで実現するもんです。まずは、信じてください。

 さて、今日もまた頭にあるのは、チャリンコツアーのことばかり。スタートの11月1日の福岡のお天気は「曇り」。2日、3日は、、、「曇時々雨」、オーマイガー!!なんて言ってられません。3週間も走ってると、そりゃ、雨降ることだってあるでしょ。こないだみたいな台風じゃなければ走るしかない。もちろん雨足を見ながら無理はしませんが。当初は2週間で東京に行こうと考えてたけど、3週間にすることでかなりゆとりができましたので、のんびり走ろうと思います。準備も着々と進んでるのですが、荷物は30リットルのリュックと、ちょっと大きめのウエストポーチのみ。リュックには雨具と輪行バックが入ってまして、これが結構場所を取る。あとは、夢なにTシャツ5枚と、その他衣類。簡単にパッキングしてみましたが、結構パンパンですね。衣類は4日分くらいにして、4日に一回ペースでコインランドリーに立ち寄って洗濯です。

 そして5都市でのトークライブですが、時間は基本的に2時間。その時間、とにかくぶっ放します!先日の商工会議所では、少し猫を被りながらしゃべりましたが、それでも担当の方のフェイスブックでは以下のようなご感想まで頂きました。

講師がアツイ方で、素晴らしい研修を受けることができました。
著書をお持ちでしたので、その場でサインお願いして購入しました(^^)
仕事も然ることながら、個人的な目標達成にも活かせる内容でした!


 ありがとうございます。だけど、私の本当のアツさはそんなものじゃない。すみません、暑苦しくて。だけど、今度のチャリンコツアーは大きな縛りもなく、自分にとって「やりたい放題」やるつもり。もう容赦しない。各会場で最大のエネルギーを出し切る。マイクなどもちろん使わない。ゴールの東京は200名の会場だけど、もちろんノンマイクで2時間を叫び通す。ボクは泣くかもしれません。とにかく、エネルギー!エネルギー!エネルギー!ですよ!!!!
 
 ちなみにですが、各会場ではもしかしたら「面白い人」をご紹介するかもしれません。多少なりともからんでもらったりとか。例えば5日(水)の広島では、全国でトークライブ、ワークショップなど大活躍中の「つばさ整骨院」院長の福田孝史さんが来られます。先日ブログにて、

「自分探しの旅から、自分壊しの旅に出かけてみませんか?/全ては、最高最善のタイミングでやってくる」 

という紹介記事を頂きました。ありがとうございました。いいですね、自分壊し!まさにその通りですよ!世の中の人って、なんかね、自分を守り過ぎ。それで得なことあればいいけど、ま、傍から見たらもったいないな~って思うこともあり。

 たとえは悪いけど、着古したババっちい色のシャツを離さないようなもので、それが馴染むのはわかるけど、ぜんぜんイケてないですから。そのババっちいシャツのことを「自我」と呼んだりするんだけど、それが一般に言われる「自分」と思われてる存在ね。いわゆる「ほんとうの自分」はもっと深くにあるんだけど、シャツのことを「自分」と思って、しがみついて生きている。それじゃあ、次に進めないぜ、と思うのですよ。

 だから、早いとこそんな汚いシャツを脱いでしまえ、破り捨ててしまえ、スッキリするから。そしてシャツは常に古くなるもんで、その都度その都度着替えればいいわけよ。そのシャツを守り通している、根底にある「感情」ってご存知ですか?

 そう、オレのセミナーとかではお馴染みのあれ。「羞恥心」です。で、8月の名古屋と東京の出版記念講演では「羞恥心をぶっ壊すワーク」とかやったけど、またやりたい?かなりバカ受けで、マジでぶっ壊れなければできない。それだけでもトークライブに来る価値あると思います。そうやって、羞恥心なんてババっちい感情を脱ぎ捨て、次々と新しい自分へと着替えていくわけです。もちろん奥底の「ほんとうの自分」は変わらないんだけど、生きる上での「成長」は楽しみたいですからね。

 福田さんがいみじくも表現されましたが、今回のチャリンコツアーはまさに「自分壊し」かもしれない。ま、軽い気持ちでアホを見に来てください。アホってもちろんオレのことだけど、アホを見ながら、一緒にアホになろう。アホの極意。

アホアホアホアホアホアホアホ~

 でもさ、本当にアホほど強いものっていないから。そう言えば、メンタルトレーナーの西田文郎さんは「日本アホ会」なる団体を立ち上げ、アホを増殖させておられます。私はアホ会には入っていませんが、そう言えば何度か誘われたことはあったなあ。西田先生いわく、

「理屈バカではなく、夢にチャレンジするアホが日本を救うのです。」

とのことで、もう、激しく共感。禿げるほど共感。理屈ばかり言って行動しないやつ、何かと斜に構えて表に出てこないやつ。マジでクソですから。悪臭プンプンの汚いシャツに気が付かない。鼻がマヒしてるからね。それに対して、アホは常にずる剥けですから。もう、根元まで剥けて黒光りしてる感じ。

 人生は自分探しではなく、自分壊しの旅。ほんと、その通り。探そうが探すまいが、自分は自分。だけど、生きてるとどうしても古くなる表面的な自分が鬱積するのもまた事実。それを別名、ビリーフと呼んだりもするんだけど、余分なビリーフを解除して、汚いシャツは破り捨てて、黒光りしながら生きて行こうじゃないですか。

 チャリンコツアーではマジで黒光りするから。とにかくまあ、あれこれ考えずに、この「祭り」を一緒に楽しみませんかってこと。そんなわけで、ついに3日後に迫りました。

■11月1日(土)~22日(土)/夢なに・チャリンコ de 5都市講演ツアー

 明日は出発前に大きなひと仕事をして、12月の新たなイベントに備えます。12月は何があるかって?ま、それはお楽しみに。最近、展開が早くってですね~。人生って長いようで、だけど、汚いシャツを着たままでいるほど長くもない。これからもどんどんずる剥けて、人生を楽しみ尽くしたいと思います。ありがとうございました。

皆さんの温かい応援が心の栄養です!
↓ ↓

人気blogランキング

b0002156_237154.jpg

by katamich | 2014-10-28 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)