宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

サボりの法則 2014.8.20



 今日は午前中は対面での単発コーチング。「夢なに」を読んで、すぐに会いたくなってお申込みされたと。決して安くもないセッション料ですが、そのフットワークの軽さは成功の秘訣ですね。もっとも、それができるだけのゆとりがあるのでしょうが。やっぱ、思考は現実化するよなあ。人生って考えた通りにしかならない。私もいろんな人にお会いしてる中で、ハッピーな思考とそうでない思考があることは知った。そしてハッピーな思考さえすれば、人は誰でも幸せになれることも知った。もちろん願いもどんどん叶う。今日のセッションは私にとっても刺激に満ちたものでした。

 まあ、手前味噌な話ですが、「夢なに」を読んで響く人ってのは、すでに「実現力」は高いと思う。読んで頂ければわかる通り、かなり手厳しいことも書いてまして、だけど、当たり前の話なんですよね。何を偉そうに、と思われるかもしれないけど、それは私自身がこれまでガチで人生に向き合ってきたからこそ言えること。決して背伸びもしてないし、自分を過度に大きく見せようともしてない。かなりの等身大。ウソだと思うのなら、このブログを最初から読んでみればいい。2004年4月以降の話で、本に書かれてることは、ほとんどすべてこのブログにありますので。

 「夢なに」を読んで、いてもたってもいられなくなり、とりあえず私にメールした、と言う方もいらっしゃいました。セミナーや合宿に申し込んだ、素直な気持ちを打ち明けた、、、いろいろリスクもあると思うけど、それも含めて「それでいい」。そして物欲であろうが、自分の願い、気持ちに素直になる。その結果、一歩前進する。それが成長であって、宇宙の進化との同調。どんどん進みたい。何があるかわからないけど、まずは3次元のルールに従って、どんどん進みたい。やりたいと思うことに制限をかける必要はない。やりたいことを100個書いてみる、、、なんてもやってみるといい。世の中、そんなことしてる人、ほとんどいないのだし。

 「夢なに」は年内に10万部を突破します。簡単に書いてるけど、これはビジネス書としてはものすごい数字。著者として、10万部を超えると、ほとんど「上がり」と言っていいレベル。だけど、今は何か行けそうな気がする。サンマーク社内でもそんな気運が高まってるそうで、これはマジで行くかもしれない。私の周囲は誰もそれに疑いを挟まない。現時点でも一か月弱で3万部だし、それだけでもすでにすごい実績。だけど、目指すは年内10万部。もちろん義務じゃないし、私の素直な願いに過ぎない。それでもその数字にこだわりたい。

 そして最近わかったことがあります。願いを叶える人って、、、つくづく「制限」がないな、と。今日のセッションの方もそうだけど、「夢なに」を読んで、作者に会いたくなった。検索するとブログがある。対面でのコーチングなんてもしてる。3時間5万円は決して安くはない。それでもすぐに申込む、、、もちろん時間的・経済的ゆとりがあってのことだけど、私から見ても「制限」がなさすぎるだろ、と。もちろんいろんな問題はあったとしても、それでも前に進む力、実現する力はすごいものを感じた。とにかく、進む。ピンときたことには制限をかける必要はない。お金だってそもそも幻想だし、そのルールを知っていれば、すぐに回収することもできる。どんどん宇宙の進化と同調しよう。進もう。成長しよう。意図しよう。宇宙は常に全力でサポートしてくれるのだから。

 たった今、河口湖への申込みメールが。。。

「色々、色々考えて、勇気を出して、仕事をサボる事に決めました!まだドキドキしてますけど(^_^;)」

 素晴らしい。人生なんてこれでいい。自分のやりたいと思うことに制限をかける必要などない。会社をサボったところで、割と問題なく回るもの。昨日も紹介した「島耕作」の話の中で、役員になった島耕作が一日中重要な会議でギッシリの中、元上司の退職の知らせを受けるシーンがあります。部下から少しだけでも顔出せないかと言われるのですが、やはり会議を優先するしかない。そして元上司が退職するその日、、、スポーツカーに乗った島耕作が現れる。

「よく考えたら私一人がいなくても大して変わらないんです。仕事なんて案外そんなもんでしょう」
b0002156_1431567.jpg

 島耕作は大会社の役員です。人と会って、会議が仕事のようなもの。その大きな仕事をサボって、元上司(嫌われものだった)のために無駄な時間を捧げる。それでも結局、どうにかなってしまう。もっとも、このセリフが似合うのは仕事の出来る島耕作だからってのもあるでしょうが、自分のやることをしっかりやった上で、こんなセリフを大切にしていきたいもの。

 自分のこと振り返ると、会社員時代は割と個人主体の内容だったけども、組織である以上、周囲との調和は必要。だけども、それでも年に1~2回は必ず有休をとって海外に行っていた。給料は少ない中で、そのためだけに貯金をしながら。そうやって毎年ポツポツと国数を増やし、ようは、自分のやりたいことをやってきた。そう考えると、今の私はやっぱり過去の私の延長上にあり、「自由気まま」に生きる上でのベースがすでにあったんですね。

 もちろん、あんまり自由気ままに過ぎると、それだけ周囲との軋轢も生じやすいでしょうが、だから何だいって。そう思います。やることをしっかりやる。その上で、やりたことに制限をかけない。河口湖合宿に行きたい。だったら、それをロックオンしてから考えればいい。行きたいけど、行けるかどうか調べてから申込みます、、、ではなく、「行きたい」のであればそこから考えればいい。仕事があるなら、サボればいい。ほとんどの人がサボったところで、何も変わらないんだかから。オレは常にそう。

 もちろん会社や社会の「規範」に従うことがその人の美学であればそれは素晴らしい。だけど、少なくともオレは違うし、おススメしたいとも思わない。何度も言うけど「やりたい」を「やる」。どんな小さなことであっても、それを繰り返す、積み重ねる、そうして大きな「願い」を叶えることもできるのです。小さな願いを叶えられずして、大きな願いはいきなり難しい。

 さて、11月の「全国横断チャリンコ講演」に日程が決まりつつあります。まず、ゴールですが11月22日(土)の東京。場所は「神田」で、200名の会場を押さえました。主催はアウルズさん。事務所と会場は徒歩圏内なので、昼過ぎに自転車でアウルズ事務所に到着し、そこで写真をパチリ、フェイスブックにアップ。今から最後の講演会場に向かいます!!!とアナウンスしてから登場!!!!

 受付はおそらく10月から。200名は今までの私のキャパからすれば大きいけど、その頃には何とかなるでしょう。むしろ早々と満員になるかも。それから出発はおそらく11月1日(土)の福岡。午前中に二時間ほど出発講演をして、午後には北九州に向かいます。そこから広島、大阪、名古屋での公式講演会を軸に、三週間かけて横断。その間、「非公式」で講演・セミナー等するかもしれませんが、それは主催されたい方がいらっしゃたら。ただし、集客告知などは主催者の方でお願いする感じでしょうか。

 そんなことやってると、また本のネタもできそうだし、何よりインスピレーションがたくさん降りてくる。9月末にアイスランドに行きますが、それ以降でまたいろんなことが変化しそうです。今年はほんと、ハンパないな~。ここ最近の三年分くらいを一気に経験してるようで。それもこれも、「やりたいこと」をやり続けてきた結果かと。と言いながら、身体は無理でもなんでもなく、むしろ健康。ボクシングやって身体も軽いし。見た目もどんどん若返ってる感じ。そうそう、今日の練習はトレーナーさんとパンチ・キックありのマスボクシングをしたのだけど、あらゆる角度から攻撃が来て、習った通りに防御などできない。2Rは完全に疲れてフラフラ。ガードも下がる。最後の方は寸止めとは言えボコボコに。えへへえへへ・・・アドレナリン抜群!

 そんなわけで、河口湖もまだもう少し募集中。目指せ満員。

■8月24日(日)・25日(月)/河口湖/宇宙となかよし合宿セミナー2014 in 河口湖 ~自在に「思い込み」を変える技術~

 自己紹介を見たところ、またまたすごい人も来られるようで、私自身もさらにステージが上がるかな。例えば興味深い自己紹介をされてる方がいたので、失礼ながら検索させて頂いたら、お、面白そう。著書もたくさん、その分野でも著名人。他にも面白い人がたくさんいて、やっぱ「人」ですよね。「どこ」に行くかよりも、「だれ」と行くか。その意味でも、今回の合宿はまたハンパない。参加される方はとことんツイてます!!!!

 てなわけで、夏はまだ終わらない。だけど、もうすぐ終わる。2014年の夏。これはもう二度とやってこない。ありがとうございました。

いつも応援頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング

■8月23日(土)/東京/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション
■8月31日(日)/札幌/「夢がかなうとき、『なに』が起こっているのか?」半日特別セミナー

b0002156_14312984.jpg

by katamich | 2014-08-20 23:39 | ■願望実現
ブログトップ | ログイン