つまり「さとり」とは・・・ 2014.8.7



 今日から4日間のセミナー。来年4月にオーストラリアはゴールドコーストにて、アンソニー・ロビンズのDWDセミナーを受けるのですが、4月にトニーが来日した際、そのイベント会場での申込みに限り、今回の4日間セミナーが無料で付いてくるのでした。それが、トニーが「お金」に特化したプログラムである「WELTH MASTERY」です。本来はトニーが本国その他で展開してるそうですが、今回はトニーの一番弟子のオーストラリア人講師が全体のファシリテーターを務め、「公式」のプログラムとしては日本では初開催。会場に入ると、思ったより人数は少ないかな。なので、いつものようにセミナー開始前のダンスタイムもややノリが悪い。そしていつも見かけるようなメンバーがチラホラ。私もその一人扱いされてるんでしょうが。。。ほとんどの人が「無料」で参加してるだけに、ま、ノリも抑え気味なのかな。でもまあ、セミナーの内容はかなり左脳的で、「お金」に関する見たくないことをたくさん見せられて、正直、ストレス。だからこそ、いい。十分にヘロヘロになってこようと思います。

 ところで本日、フェイスブックに投稿した記事を二つ。

またまた増刷が決まりました!これで5刷、累計25,000部です!発売二週間!

そして音声化も前進したらしい。

私の周囲ではリクエストの多い音声化ですが、
近々、ほんとに実現しそうです!特別音声も入るかも!

そして私的に何より嬉しいのが、ようやくと「声」が届き始めてること。

元々のブログやフェイスブックで知ってる方ではなく、
初めて本を手に取った方々よりメッセージを頂いてて、
それがまた熱いのばかり!届いてる!届いてますよ、着実に!

それにしても増刷決定は、明日の講演前に最高のギフトです!

もう、弾けまくるしかないじゃないですか!

会場全体もまた最高に弾けましょう!

もうなんでもこい!もしかして迷ってたりするなら、人生ヤバいよ(笑)

>> https://pro.form-mailer.jp/fms/08bbe06e63139



こんばんは、著者の石田です。

今日の午前中、編集者さんから

「増刷決まりました!5刷5,000部、累計25,000部です!」

とのご連絡を頂きました!
 
やった~!!
 
発売一週間で4刷20,000部でも、今日日、十分にすごい数字なのですが、
次の増刷がかかるまで、落ち着かない日々を送っていました。

私ってもしかしてネガティブ???と何度も思わされる日々。
 
でも、だからこそ、前向きに手を尽くせるわけで、「すべては完璧だから、何もしなくていいのよ~」なる、
気持ちの悪いスピ系ポジティブシンキングなんか、精力を奪うだけで、何の薬にもなりませんよね。
 
ネガティブな私だからこそ、「今だからこそ、何かできることはないか?」と秘伝をしながら、必死で考える。

だからこそ、いろんな引き寄せがやって来るんだと感じています。
 
ネガティブ最高~!!!
 
と言うわけで、今日は少しホッと一息ついています。

「年内10万部」の目標まで、まだ2.5合目。まだまだネガティブに頑張ります。
 
明日の東京講演もまだ受付中です、、と思います。開いてるうちは。
 
>> https://pro.form-mailer.jp/fms/08bbe06e63139

ぜひこの勢いをご体験ください。ハッキリ言ってシフトします。「〇〇〇」を捨てて、完全なる幸運体質へと。


 
 と言うわけで、やりました!発売2週間にして「5刷・25,000部」に到達しました。私も編集者さんも、「年内10万部」を目標として進めてるのですが、ようやく4分の1です。でもマジでイケそうな気がする!その反面、ほんとにイケるかな、、、なるネガティブな思いも。だけど、FBでも投稿した通り、このネガティブな思いこそが「実現」を加速するのもまた事実。

「どうすれば、年内に10万部行くだろうか・・・」

についてひたすら考える。「秘伝」も実行する。すると、まあ、「天の声」がやっくること、くること。その中の一つが「ママチャリ講演」なんだけど、もしかしたら10万部行く前にやるかも。いってもやるけど、もしかしたら今年の11月にやるかも。だって来年はまた来年で忙しくなりそうだし、「年内10万部」にこだわるなら、早い方がいいじゃない。増刷が決まった瞬間、ツレにメールしたら、このようなご返事。
b0002156_94124.jpg

 どうやら「あきらめて」いただいているようです。うちのオカンも昔はいろいろ干渉してきました。「さながらに生きなさい(大阪弁)」と言われて、よくわからないけど、「普通に生きろ」ってことなんでしょう。言われるたびに「さながらって何やねん!」と反抗しまくり、そのうちに「人様に迷惑さえかけんかったら・・」と譲歩したのですが、それでも「迷惑かけてなんでアカンねん!この世は迷惑かけあって成り立っとるねん!」と反抗を重ねる。この「迷惑」の定義はいろいろあるでしょうが、我ながら名言を吐いたものだと感心しています。

 それはともかく、いつしかオカンも私に対してはあきらめるようになり、私的にもいい意味で制限が外れたってことですね。と言うわけで、ツレもそうだし、私に関してはあきらめるしかないようです。「やる、言うたら絶対、やる」ですから。そしてやるとなると、ゴールの東京は盛大に。1,000人規模の講演はかなりハードル高いですが、300人はいけるね。普通に。だけども、チャリに乗りながらブログやFBで実況中継してると、そのネタがどんどん拡散されて、「なんかアホなやつがおる」と興味を持つ人も増えるでしょう。そしたら、もしかしたら1,000人とか突き抜けるかもね。ああ、書いてしまった。と言うことは、また実現するな、これは。もちろん本の売上も倍増し、どうあっても「年内10万部」はかたそうです。

 てなこと言うとですね、「そこまでやって10万部行きたいんですか・・」とちょっと揶揄してくる人もいるでしょうが、はい、そうです、行きたいです、としか答えられません。なぜ10万部かはわかりません。とりあえずはキリがいいから。100万部とかになると、それこそ「片付けの魔法」みたいにマスメディアを動かす必要があるでしょうから、いきなりそこまでは言いません。だけど、10万部だったら私の周囲にも何人かいますし、決して無謀でもない。うちの編集者さんも10万部以上は何冊か持ってるわけだし。それでもやはり、ハンパな数じゃないのもわかる。だからチャレンジなんです。

 アマゾンのレビューに「物欲に捉われることが悟りだなんて、最初からこの人おかしいです」なんてのがありますが、そんなことは一言も書いてなくて、この方の単なる主観。「おかしい」のは正しいけど。私が言いたいのは「素直に生きましょう!素直に願いましょう!」ってことで、例えば「月収100万円になりたい」と思うのなら、自ら制限かけることなく頑張りましょう、ってこと。幸せな結婚、イケメンと付き合う、モテる、就職する、利益を上げる、、、なんでもいいです。他人や社会から押し付けられた願いではなく、自ら自然に出てきたものであれば、勝手に制限かけることないですよ~ってこと。仮のその「願い」が物欲であってもかまわない。

b0002156_942877.jpg 「美味しんぼ」ってマンガに「鍋対決」って好きな話がありまして、「へちかん」なる希代の茶人に鍋をふるまうのです。その際、主人公の山岡は「万鍋」なる鍋を考案し、それはとにかく日本全国の美味しい鍋を一つに寄せ集めて、誰が食べても満足できるような一品をふるまいます。もちろん大喝采。対する海原雄山はカニ、フグ、すっぽん、ハモと松茸みたいな、キングオブ鍋をそれぞれ堂々と振る舞います。勝負は雄山の勝ち。ここには山岡のビリーフ(制限)があるんです。つまり、「誰からも好かれなければ価値がない」なるビリーフ。そのためにこだわってこだわって、頑張って一生懸命に努力を重ねて出した。一方の雄山は、単純に「最高の鍋を食わせてやる」と考え、何も考えずに各地の名店に口をきいて出してきた。苦労も努力もなにもない。だけど、「美味い鍋を食いたい」と言うへちかんの心をとらえることができた。これがまさに「さとり」ですよ。

 目的は「美味い鍋を食わせる」こと。山岡や「誰からも好かれる鍋」、雄山は「最高の鍋を複数」出した。「さとり」と言うと、どうしても聖人君子だったり、さらに言うと利他的な人格者を連想しがちですが、そこからまったく違う。何度も言うけど、素直であること。赤ちゃんのように制限なく素直であること。誰からも好かれるように「笑顔教室で無理やり作った笑顔」と、「赤ちゃんのそのまんまの笑顔」と、どっちが心をとらえるでしょうか。同じように、みんなに好かれようと努力する「いい人」と、ただありのままに素直に楽しんでいる「自分らしい人」と、どっちが魅力的でしょうか。

 私が伝える「さとり」とはまさに後者であり、それが「ありのまま」。物欲にとらわれましょう、なんて本書には一言も書いてない。そのアマゾンレビュアーさんがそのように解釈してしまったのは、「質素でなければならない(我慢しなければならない)、人のためにならなければならない」などの、いわゆる「禁止令(ドライバー、ビリーフ)」が強いからなんでしょう。なので、私に見たいに「年収2,000万円になりました」みたいなのに嫌悪感を抱いてしまう。

 もし可能であれば、年収200万円と2,000万円と、どっちがいいですか、素直にどっちですか?それだけのこと。2,000円の方がはるかに選択肢が増え、自由度も高まるし、生きてて楽しいです。楽しい方がいいじゃん。こだわらなくていいじゃん。もちろん「年収が高くなければ価値がない」なんてことは言ってませんよ。例えば年収2,000万円と20億円だったらどっちがいいか。確かに20億の方がよさそうだけど、そのために何かを犠牲にするなら、なくてもいい。

 実は今日のセミナーでもお会いしたのです。どれくらいの年収かは聞いてませんが、ある事業で成功してお金だけは何もしなくても入ってくる。家族もいる。健康でもある。だけど、やることがない、と言う人が。そして本当につまらなさそうなんです。旅行もなんかする気が起こらない。家の中で本やDVDを見て過ごすのだけど、実際には読んでない本、見ていないDVDがたくさんある。ネットサーフィンしてて、ちょっと興味を持つと、そのままクリックしてしまう。ワクワクして到着を待つ。だけど、届いた瞬間に興味がなくなり終了。その人生は確かにつまらない。実際にウツで投薬中だって。

 私の場合はどうか。確かにそれなりに収入もあります。が、楽しい。そして10万部を目指すのも楽しい。ネガティブになるけど、それも含めて楽しい。10万部を目指して、ママチャリ講演もする。いろいろ大変だと思う。雨も降るし、寒いし、タイヤもパンクするし、いろいろ。だけど、それがまた楽しい。オレは楽しいのがいい。楽しみは外それぞれだけど、例えば20代でヨーロッパを自転車で回ってすごく楽しかった。キツイこともあったけど、楽しかった。だから、またそんな楽しいことしたいな~ってこと。

 と言うわけで、11月にはママチャリ講演やるかも。そのときすでに10万部に到達してたら、「10万部突破!ありがとう!感謝ママチャリ講演!」となり、到達してなかったら「頑張れ夢なに!もうすぐ10万部だ!応援ママチャリ講演!」となる。どっちも楽しいし、外野から見てても面白いでしょ。楽しい方がいいじゃん。と言うわけで、8月8日の「東京講演会」もぜひお待ちしています!伝説を見に来てください。今日はこの辺で。ありがとうございました。

いつも応援頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング

■8月8日(金)/東京/出版記念講演会
■8月23日(土)/東京/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション
■8月24日(日)・25日(月)/河口湖/宇宙となかよし合宿セミナー2014 in 河口湖 ~自分らしく生きるための技術~

■8月31日(日)/札幌/「夢がかなうとき、『なに』が起こっているのか?」半日特別セミナー
Commented by ラ クインタ at 2014-08-09 02:28 x
Q さん、今日は!
いつも、エネルギッシュなブログを拝見させて頂いております。
「夢なに」読ませて頂いて、あまりにも熱いQさんの皆さんへの「愛」に、心がうるうる きてしまいました。早速、秘伝を始めたいのですが、これは朝でもいいですかね?夜は、子供達を寝かしつけて私も寝てしまうのですが。
お忙しいところ、申し訳ないですがお返事頂けると嬉しいです。
Commented by katamich at 2014-08-09 12:22
■ラクインタさん!
夜に難しい人は朝でもいいですよ!
ただし、その時間帯に「決めておくこと」が大切。
潜在意識はリズムが重要ですから!
Commented by A-T at 2014-08-09 20:39 x
美味しんぼの話がわかりやすかったです。
セミナーに参加されて、事業に成功されて、家族もいる方が、ウツで投薬されていることに、驚きました。
 私も薬を処方される程の立場でしたが、飲んでません。親族に、薬の副作用で悪化してしまった人がいるのが理由です。
 いい歳ですが、親のスネをかじってます。もう何年も引きこもりで、年収は、0円が当たり前になってしまいました。
 女性ともまともに付き合った事がないです。当たり前ですね。
 セミナーに参加されたある方は、私から見れば、相当幸せだと思います。やる事がないとの事ですが、私のような赤の他人を更生するお力がある気がしました。それは、本人にとっての幸せにつながらないかもしれませんが、人助けにはなるとは思います。そういう人にやり方を教えるような事業ではないのかもしれませんが・・・。
 なかなか人生難しいのか、楽勝なのか、良い事も悪い事も起きていないのか、わけわからない状態ですが、ノートを実践します。
 
Commented by katamich at 2014-08-10 08:37
■A-Tさん!
まあ、いろいろいらっしゃるってことでしょうが、その方(セミリタイア中)も決して幸せそうではありませんでした。自分は存在価値がない(と思っている)から引きこもる、存在価値を認めさせるために人一倍頑張る、結果は違えども根っこは同じ。そして幸せ感も同じなんでしょう。重要なのは根っこであり。
by katamich | 2014-08-07 23:39 | ■精神世界 | Comments(4)