宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

転ばぬ先の杖をぶっ壊せ! 2014.7.24



 昨日は思わぬ伏兵が潜んでいまして、3次会でヘロヘロになってたはずが、いきなり元気になって4次会に突入。その時点で6名。ホテルに戻ったのは3時半でしたが、他の5名は始発までカラオケにいたようです。その思わぬ伏兵とはこれ。

【重要】ご報告/ミノッキーの日々是行実 

 平たく言うと彼女(彼氏)ができたって話。二人ともよく知ってる人だけに、ほんと、嬉しくて涙がちょちょ切れそうです。もちろん、二人ともまだまだ始まったばかりだし、今後どうなるかは神のみぞ知る話。だけど、いい感じになればな~とは思いますよね。こういう話、大好き。

 で、3時半からちょこっと連絡ごとをして、そのままバタン。「秘伝」は翌朝一時間以内ルールの適用となってしまい、カウントはあと一つ。だけど、書いてることが確実に「実現」しつつありますので、きっと100日続くでしょう。つまり、潜在意識が受け入れ態勢に入ってるってこと。

 それにしても朝からまた興奮の連続。「夢なに~」が3刷15,000部へと増刷しました。発売翌日です。ああ、これで一応は出版業界で生き残っていられる。。。午前中は3月の9ステップセミナーでご一緒した方と会っていたのですが、そこで出たキーワードが「決断」。そう、私は「決断」してたのです。この新刊をベストセラーにするためには何でもする、と。決意じゃなくて、決断です。だけど、まだまだ行きますよ。これはまだ序章に過ぎませんから。そう言えば、アマゾンランキングもジワジワ上がって総合25位まで。何となく総合1位になる気がします。

 そう言うわけで、午後からは梅田、なんば、天王寺の大きな書店を周ってきました。かなり売れてるようでして、今後の増刷で配本数が増えればもっとインパクトある展開になるでしょう。さらに旧作「宇宙となかよし」にも注文が入っているらしい。ほんと、ありがたい話です。そして夕方には実家に到着し、マンガを読みながら寝てしまってました。

 明日は名古屋で講演会(トークライブ)です。その思いをフェイスブックとメルマガで流しました。以下がその文面です。
 
---- 
こんばんは、石田久二です!
 
今日も朝からiPhoneがピンピン鳴りまくり(メッセージ着信の音)で、しかも立て続けに良い知らせのラッシュなので、疲れも忘れて一日エキサイティングでした。
 
この出版業界、特に出版不況と言われる昨今、ビジネス書(自己啓発含む)では1万部を超えたらベストセラーと言われる、と業界の人たちから聞いていました。なので、発売日前日にその「大台」を突破できたことに、興奮で本当に眠れませんでした。
 
そして本日、発売翌日にして3刷の知らせ、しかも一気に5,000部の増刷となり、合計15,000部まで伸びてしまいました。自分でも何が起こってるのかわからない状態で、サンマーク出版さんの英断には、ただ、ただ感謝しかありません。期待以上に応えなければ男じゃない!またもメラメラと燃えてきました!やれるところまでやりきります!
 
ところで本日、いくつかの書店を周ってみたのですが、本書の多くは「精神世界」のコーナーに置かれているようでした。中には江原啓之さん、伊勢白山道さん、飯田史彦さんらに囲まれたりもして、もう、ドップリって感じ。
 
ただ、本書を読んで頂いたらお分かりと思いますが、確かにスピリチュアルはスピリチュアルでしょうが、決してピヨピヨした内容ではありません。むしろ、場合によってはスピリチュアルを批判的にとらえる箇所もあります。
 
中でも、私が特に批判する部分としては、「目に見えない世界を語って闇雲に他人を不安に陥れる側面」がスピリチュアルにはなくはないところ。その延長上に洗脳や霊感商法があるのは明らかで、それは程度問題ですらなくて、単に不安をあおるだけのスピリチュアルは完全に否定しています。
 
そんなスピリチュアルに対して、彼ら彼女らはしばしば「転ばぬ先の杖」と言ったりします。例えば占星術やバイオリズム、姓名判断、天使リーディング、チャネリングなどの名を借りて、「あらかじめ起こりうる事態(恐怖)を知っておけば対策が打てる」と言うのです。例えば〇〇によると、今は「凶」と出てるので活動を控えるべき、などと。

しかし、です。それは二つの意味においておかしな話。一つは、その確かさを誰も確かめらない、ということ。確かに統計学的な根拠はあるんでしょうが、それは絶対ではないばかりか、その解釈は人間がするもの。同じ情報でも伝える人によって独自のバイアスがかかってしまい、結局は主観的な判断に過ぎなくなります。
 
もう一つのおかしな点は、そもそも人間は何のためにいきているのか、ということ。これは人生哲学になるのでしょうが、私は「成長」のために生きていると考えています。アイルランドの詩人、イェイツはこう言います。
 
「幸せとは、成長のことである。人間は成長しているときこそ、幸せなのだ」
 
人はどんな時に成長するのか。それは今の自分を超えたとき。難関や恐怖に打ち勝った時、人は成長するのです。もっと言えば、「転んで起き上がったとき」に人は成長するのです。
 
となると、「転ばぬ先の杖」とは何のためにあるのか。足腰の弱った老人ならともかく、若くて元気のいい私たちが、なぜに杖を突いて歩かないといけないのか。確かに歩くことは危険がともないます。だけど、歩かなければわからない。
 
さらにはこけないとわからないことだってある。痛いかどうかもわからない。痛かったら次から気を付ければいい。いたくなかったらさらにチャレンジすればいい。骨を折ったら、、、病院に行けばいい。人は滅多なことでは死にやしませんから。
 
私の伝えたいスピリチュアルとは何か。それは「目に見えない世界」の不安を語るのではなく、「この宇宙は絶対的に大丈夫だ」ってこと。宇宙は100%あなたを愛してるってこと。だから、何をやっても大丈夫だってこと。杖をつく必要はありますか?
 
もちろん人によっては杖が必要なときもあるでしょう。誰だって弱いときはありますから。そんな人から杖を奪うほど、私は冷酷でもありません。だけども、本当に幸せを感じたいなら、次は杖を捨てて成長に向かって欲しい。いつでも宇宙はあなたを見守ってくれているのだから。
 
イラストはいつもの東さんの作ですが、まさに杖をぶち壊してるところ。そして宇宙の化身である天使が「いけ~」と言ってるシーン。これ、これなんです。これがスピリチュアルなんです!
 
さて、明日は名古屋で出版後初めてのセミナー(トークライブ)をします。告知時間も短く、そして私の力不足もあり、名古屋で100名ものキャパを埋めるのは、かなりのチャレンジでした。ブログのアクセスにしても、もっと多ければ主催者の皆さんに苦労を掛けることもないのに。
 
だけど、こうなった以上、やるしかないんです!
 
「そのままでいいよ~、必要な人だけ来たらいいから~、すべてはベストだから~」
 
などと言ってはいられません。100名。だったら、100名を満席にするために、最後の最後まで「執着」することが大切なんです。もちろん宇宙はベストです。だけど、それはできることを放棄して言う奴のセリフではありません。やれるだけやった、もう、思い残すことはない。まさに人事を尽くして天命を待つ、だ。
 
その時に初めて「すべてはベスト」の真意を知ることができるのです。ぶっちゃけ言うと、こないだ連休の段階で、名古屋トークライブはガラガラでした。それでもいいかもしれない、まさにベストなんだから、、、と思いかけた瞬間、オレの中の天使がささやきます。
 
「それでいいの?それでハッピーなの?それで成長できるの?」
 
答えは、、、もちろんノーだった。そこで、自分のことを思いっきり棚に上げつつも、主催者の皆さんに思いをぶつけてしまった。そんなに言うならもうしない、と言われること覚悟で。だけど、その思いはしっかりと受け止めてくださり、そこからどんどん参加者が増えてきたようだ。
 
だけど、まだいける。まだ、100%じゃない。私の手元に参加者データはありませんが、キャパを超えてもいい。消防法とかクソくらえ。そんなの人間が決めたこと。もし今、明日の名古屋トークライブに行ってみたい!思った人は、全員来て欲しい!
 
参加された皆さんが、心の底から来てよかったと思えるような、そして皆さん全員が「喜び」ベースの生き方へとシフト、または「喜び」の巨乳化が加速するような、そんなトークライブをぶちかまします!ぜひお待ちしています!(この記事をシェアして頂ける方は大歓迎です!)
 
>> http://bit.ly/1qXd59f  
 
【日時】7月25日(金) 19:00-21:00(18:30開場)
【会場】ウインクあいち 1202
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
    http://www.winc-aichi.jp/
    名古屋駅より徒歩五分
【参加費】3,000円
     ※おつりがでないようにし、当日受付でお渡しください。
 
出演:石田久二
主催:アウルズ・エージェンシー
b0002156_8574547.jpg

----


 と言うわけで、今日もまた長い一日でした。だけど、楽しい一日です。上記のフェイスブック記事も気が付けば10名以上にシャア頂いてて、これはマジで消防法ヤバいかも。だけど、いいです。すべてはエネルギー!宇宙はベストの意味がさらにわかる。明日は名古屋に移動。土曜日に東京です。東京でも以下のセミナーとセッションがあります。

■7月27日(日)/東京/「夢がかなうとき、『なに』が起こっているのか?」1day特別セミナー
■7月28日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(残4)


セミナーでは面白い人もたくさん参加されて、楽しみ過ぎですね。例えば、冒頭に紹介したミノッキーとか、ハッッッッッッピーのたまごとか。編集者の金子さんも参加される予定とか。個人的に楽しみなのが鉄平君との再会。鉄平君とは2005年5月にインドはバラナシでお会いしました。なので、おそらくは参加者の中で誰よりも前から私のことを知っている。

 思い出します。ラダックで悟りをひらいて、デリーからブッダガヤに行こうと思うが、列車が満席でバラナシに変更。デリーでの熱帯部屋に体力を奪われ、バラナシに着いたときは確実に熱があってヘロヘロに。常宿のヴィシュヌレストハウスもいつもは日本人でにぎわっているのに、5月の酷暑期はインド人も出歩くのを嫌がる季節。旅行者も少なく、日本人は私だけ。そこでボーっとしてたら、ガンジス川のガートから鉄平君が上がってきました。久々の日本語でまた意気投合。何をしゃべったかは覚えてませんけど。それにしても感慨深い。当時は会社辞めたばかりで、どうやって生きていこうか、インドで悩みまくっていた。あれから9年。ああ、人生って不思議だ。これは当時のヴィシュヌレストハウス。「ガンジス河でバタフライ」で長澤まさみも泊まった(ことになってる)宿です。
b0002156_9111132.jpg

 と言うわけで、明日からまたエキサイティングな日々が続きます。月曜日の個人セッションもまだ枠はありますので、ぜひシフトしに来てくださいね。ではまた明日。ありがとうございました。

いつも応援頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング

■8月23日(土)/東京/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション
■8月24日(日)・25日(月)/河口湖/宇宙となかよし合宿セミナー2014 in 河口湖 ~自分らしく生きるための技術~

by katamich | 2014-07-24 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン