この世界は「喜び」に満ちた天国なんだ! 2014.7.21



 7月23日(水)の発売日が目前だ!ドキドキしてきた!FBにアップした記事ですが、今日はこっから。

―――
「夢がかなうとき、『なに』 が起こっているのか?」(サンマーク出版)

いよいよ22日配本。23日から発売スタートで、全国の店頭に並び始めます!

長い道のりだった。。。。今回の企画が通ったのが昨年9月だったので、ちょうど10か月くらい。
文字通り、誕生だね。今後どのように羽ばたいていくか楽しみです!

ところで、今日の絵。東画伯のものだけど、モチーフはグリム童話から「こびとのくつや」。
この話って昔から大好きで、ドラえもんにも出てくるから、当然、誰もが知ってるものと思ってた。
それこそ桃太郎並のメジャー度と思ってたけど、意外と知らない人が多かった。
セミナーとかで聞いても、半分以上は知らないと。意外だったな~。

「サキ読み」を読まれた方はわかると思いますが、ここでの「こびと」は「潜在意識」のこと。
童話では靴屋のおじいさんが寝ているときに、こびとたちが靴を作り上げるって話だけど、
これは願いを叶えるメカニズムそのもの。

私の経験上もそうだけど、「夢(願い)がかなうとき」って、ほとんどの場合、
「勝手に」とか「いつの間にか」であることが多い。言い換えると「寝ているとき」にかなう。
だけども、そんなこびとたちを呼び起こすには、ある条件が必要となってくる。
そのメカニズム、条件、そしてやり方について説明したのが本書の主旨。

だから誰だって「夢はかなう」。
ぜひ、本書を手に取って、そのことを実感し、どんどん夢をかなえて欲しいと思います。

ちなみにこの絵の女性は本書の編集者の金子さんだそうで。
東さんは金子さんとは会ったことがなく(FBの写真のみ)、しかも目を瞑った斜め上のアングルなのに、
本人だとすぐにわかる。すごいなあ。

企画、執筆、編集の道のりは確かに長くて濃かったけど、そろそろ眠らせてもらいます。
こびとたちが動き始めることを期待して。。。(笑)

b0002156_12201134.jpg

――――

 と言うわけで、いよいよです。そして夜、2か月ぶりにメルマガを配信しました。タイトルを「石田久二の『DO LISTEN! BE HAPPY!』 」に変えてから二回目の配信になりますが、かなり熱い内容になってしまいました!

 私の人生もいろいろありましたが、改めて振り返って、私のウリって何だろう、、、と考えたとき、一つ分かったことがあります。それは、

「エネルギーだ!」

と言うこと。確かにブログもそうだし、セミナーとかでも「すごいエネルギーだ!」と言われます。例えば今回の新刊の推薦者の一人である、この方のお声。
b0002156_1221683.jpg

 なお、「推薦者」は23日に登場する「キャンペーンページ」にてご協力頂いてるのですが、合計8名でそうそうたるメンバー。著者、経営者、有識者の面々ですが、ただ、この方はいわゆる一般の方で最年少。だけど、正直ってこの方ほど推薦者としてふさわしい方は他にいない、とさえ思っています。なぜなら変わったから。割とちょくちょく顔を出されてたので、ツアーとか飲み会とか、他のメンバーの方も知ってるのですが、本当に素晴らしくなった。これはもちろんご本人が頑張ったから。(ちなみにこの方は27日東京セミナーで受付してます)

 だけども、もし、私が何らかの貢献ができるとすれば、それはきっかけを与えること。そのきっかけがまさに「エネルギー」だと思うのです。確かに私は普段からエネルギーを強くする習慣を持っていました。滝行がその代表で、他にもいろいろあります。そしてこのエネルギーによって、願いを叶え、そして望ましい収入も得てきた。宇宙はまさに「エネルギー等価」であり、出したエネルギーしか得られることはないんです。

 例えば「月収100万円」が欲しければ、月収100万円のエネルギーを与えるしかない。それを多くの人は、10のエネルギーで100を得ようとするから失敗するんです。だけど、それが人間の煩悩の本質。100欲しければ100を出す。幼稚園生でもわかる当たり前の理屈なんですけど、どこか、自分だけは10で100を得られる「奇跡」が起こることを願っている。

 「来年はいけると思います」と稼げてない起業家(ニート)が無根拠に言うのを耳にすることがありますが、なぜ「いける」のかの説明はない。それを「根拠なき自信」なんて言う人もいるけど、いやいや、自信ないでしょ。周囲はみんなわかってるから。本当に「根拠なき自信」を持ってる人こそ、それにともなうエネルギーを出してますから。そして「いける」の根拠もしっかり言語化できる。それでもやってみないことにはわからない。だけど、どこかで「いける」との自信もある。間違っても「ぼく、いけますかね?」なんて質問はしてこない。そこで「いける」と言ってもらえばその瞬間は安心するんだろうけど、「ダメでしょ」と親切に言う人に対しては離れてしまう。他人は口に出してこそ言わないけど、みんなわかってますからね。

 では、どうすればそのエネルギーを出すことができるのか。スピリチュアル系のエネルギーワークをすればいいのか。滝行をすればいいのか。水垢離をすればいいのか。確かにやって悪いとは言いませんが、それで「やってる気」になると問題。エネルギーを出すには「行動」しかないんです。斎藤一人さんも言うように。この地球は「行動の星」なんです。ただし、行動をするのは「感情」が必要。では、その「感情」はどうやって出るか。一つは「恐怖」から。恐怖を避けるために人は動くこともある。だけど、もっともっと大切なのは「喜び」から。確かに最初は「恐怖」でいいかもしれない。例えば、かつての私は月末が恐怖でした。支払いがあるから。その恐怖に打ち勝つために、いろいろ動いた。だけどもし、その恐怖がなかったらどうなる。実家暮らしで家賃も食費も心配なかったら。動く動機にならないでしょ。

 だけど、「恐怖」で動くのなんて序の序です。本当に大切なのは「喜び」に突き動かされて動くこと。では、どうすれば「喜び」の感情を強めることができるのか。一つは「愛」、もう一つは「感謝」です。愛と感謝。一冊目の「宇宙となかよし」のテーマもそれ。ただ、その時点ではまだ抽象的だったのを、今回の新刊ではより具体的に方法論としても書いた。愛、人は与えることで喜びを得る。感謝、人は受け入れることで喜びを得る。奪うこと、奪われることでは喜びは生まれない。あるとすれば、「奪うこと、奪われること」への恐怖のみ。それを避けるための行動も最初はありかもしれないけど、最終的には「与えること、受け入れること」への喜びに直結して欲しい。そのための基本は、自分が好きであること。詳しくは新刊の第三章。

 オレは完全に「喜び」に突き動かされて生きている!エネルギーがますます高まっている!ハンパない!誰もが恐怖にかかわる必要はない。これからは「喜び」を行動のベースにして生きていけばいい。恐怖から喜びへのシフト。それがまさに新刊で起こしたいこと。上記の島崎さんが言われる通り、もう、ハッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッピーにしか生きれなくなる。おめでとう。ぜひ、新刊を手に取ってシフトして欲しい。そしてできれば、私に会いに来てほしい。まずは25日(金)に名古屋で講演するので、2時間でシフトして欲しい。いや、します。もちろんすでに喜びベースの人は、どんどん巨乳化するかごとし喜びは膨らむ。一方、まだ恐怖ベースの人は、2時間で喜びにシフトします!

 もう恐れる必要はない!エネルギー抜群!精力絶倫!(by 加賀田晃)で行こう!この世界は「喜び」に満ちた天国なんだから!!!!!ありがとうございました。

いつも応援頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング

■7月27日(日)/東京/「夢がかなうとき、『なに』が起こっているのか?」1day特別セミナー
■7月28日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(8名限定)
■8月23日(土)/東京/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション
■8月24日(日)・25日(月)/河口湖/宇宙となかよし合宿セミナー2014 in 河口湖 ~自分らしく生きるための技術~

Commented by おいちゃん at 2014-07-22 14:13 x
半引きこもりの生活になり気が付けば数年経ちました。そして今の今まで迷っていましたが明日は少し頑張って電車に乗り大きな書店に行き石田さんの「夢がかなうとき、『なに』 が起こっているのか?」を購入したいと思います。いや、購入します!絶対に書店で手にいれます!
Commented by 上原さつき at 2014-07-22 21:20 x
「夢がかなうとき、『なに』 が起こっているのか?」出版おめでとうございます。
(^^)
自分用とプレゼント用に5冊購入しました!!!!!
久米島は、書店が無いのでAmazonで。
*\(^o^)/*

Commented by y at 2014-07-23 11:44 x
出版おめでとうございます!!!
私もアマゾンではなく書店で手に入れたいです。
Commented by katamich at 2014-07-31 07:14
■おいちゃんさん!
ありがとうございます!一歩ずつ進んでいきましょう!
Commented by katamich at 2014-07-31 07:14
■上原さつきさん!
ありがとうございます!!!!
Commented by katamich at 2014-07-31 07:15
■yさん!
ありがとうございます!
by katamich | 2014-07-21 23:39 | ■精神世界 | Comments(6)