宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

赤鬼のQ州ツアー2(3日目)! 2014.7.14



 ほんと、最高です。正直な話、このツアーの一週間前は台風を心配してて、それが去ったと思ったら天気予報が突然、三日間とも「雨」に返信。テレビでも「この週末は九州全域でまとまった雨が降る」とか言ってやがる。しかも、今回は初対面も人も多い。東京や大阪での飲み会の常連で言えば二人くらい。どんなツアーになるんだろうか。天気もアレだし今回については「不安」がかなりありました。前回6月は馴染みの人も多く、まずハズレはない。楽しくなるに決まってる。常連の皆さんも「あの人が行くのなら・・・」との判断で参加を決めた人もいるだろう。だけど、今回はそうじゃない。半分以上の人が誰も知り合いがいない中の初参加。かろうじて私とは会ったことがある程度。いや、私と会ったことさえない人もいる。一週間前にブログを発見した人だっている。しかし、そんな不安も見事に杞憂だった。そしてまたしてもこのセリフを言わなければならない。

「史上最強のツアーだった」

と。こう言うと今までのが劣るように読めそうだけど、決してそうじゃない。毎回毎回が「最高」なのは間違いなくて、単にそれを「更新」するだけのこと。なので、オレとしてはいつも不安。今回、こんなに楽しかったのだけど、次回、これを超えることができるだろうか、、、と本当に毎回毎回思ってきた。そしてやはりその心配は見事に杞憂となる。今回は割と馴染みの女性で、昨年の河口湖から始まり、伊勢神宮、沖縄とツアーに参加し、それ以外にも飲み会にはちょくちょく。おっしーのフィリピンツアーにも行った方も言ってました。今までも最高に楽しかったけど、Q州ツアーがやはり最高だった、と。

 確かに直前の記憶が美化される傾向はあろうけど、私から見てもそう思わざるを得ない。Q州ツアーをやってていつも最高の瞬間があり、それは二日目のペンションでワインを飲んでるとき。ワインが美味しいから。それはもちろんだけど、ほとんどの人が「前日の夕食時とまったく違った表情を見せている」と言うこと。これまでもそうだったけど、初日って空港に集まって、ほぼ初対面のままに宿坊(宿)に連れていかれて、そこで自己紹介と簡単なワークショップ。そして滝行。中にはそれで具合を悪くする人もいる。そして入浴してから夕食なんだけど、まだ緊張が続いてるのか、心なしか口数も少ない。だから、オレが頑張ってしまう。気が付けば、オレの独演会のようになってる瞬間もある。

 そんなんだけども、二日目のペンションでは誰もオレの話とか聞いてない。いや、普通に会話はしてますよ。前日の宿坊のように、全員がオレを注目してるってことじゃなく、それぞれめいめいに盛り上がってる。オレももう頑張らなくていい。ただ、好きなようにワインを飲んでいればいい。夕食後もそれぞれが買ってきたお酒やつまみで会話を楽しむ。そして好きなように部屋に戻って寝る。朝にはまたすっきりした表情で朝食とコーヒーを楽しむ。素晴らしい朝。

 8時半にはチェックアウトして、ペンションのご夫婦とお子さんに見送られながら湯布院方面に。途中、少しくねくねの道があって、人によってはつらいかも。途中の休憩で席替えなどしながら、11時40分にはいつも「輪葉葉」に到着。そう、輪葉葉ですよ。これまでツアー主催者として数えきれないほど来たこの場所。この工房の招き猫を手にすると、お金や人がどんどん引き寄せられるって噂が広がり、今では抽選でしか手に入らないように。何とかネット抽選が始まったようなので、以前ほど手に入りにくいものでもなくなったもののそれでも、一日40前後の招き猫に対し、少ないときで100人、週末なんかは300から500人くらい求めてくることもある。前回6月は見事に外れました。が、自営の方を中心に当たるべき人が当たったのは驚きだった。

 そして今回、どうしても当たらなければならない理由がある。それはもちろん出版。多くの人の元に本を届けたい。オレの本を10万人以上の人に読んでもらいたい。30万人でも50万人でも、多くの人の手に羽ばたいて欲しい。そんな願いの中、できるなら招き猫頼りでも何でもするぜ。メンバーのみんなも口にこそ出さないけども、それは全員思ってたはず。当たればいいけど、外れたらどう接していいかわからないじゃない、オレに対して。もうね、今日と言う今日は当たって欲しかった真剣に。ただ、幸いなことにこの週末は天気が良くなかったためか、心なしか人数も少ない。それだけ当たる確率は高まるわけで。メンバーの一人がどうやら常連の方としゃべっていると、そんな遠方から来られて~みたいなこと言われて、抽選が始まると、「みんな、前に出てパワーもらって!」などと言われてた。いいな、この人情。

 もうほんと、緊張した。二人目の方がメンバー。盛り上がる。そっから4人連続でメンバーが当選。盛り上がる。だけども、なんでオレは呼ばれない!その後も次々とメンバーが呼ばれる。今日は異常に当選率が高いぞ。そしてすごく欲しがってた女性が当たった。そして、、、「石田久二さん!」。うお~!!!!当たった~!!!!もう泣いたね。

 実はこのとき、編集者さん、その関係の方からじゃんじゃんメッセージが入っていました。スマホ片手にやり取りをしながら、抽選に立ち会っていたのです。そのメッセージの一つとして、出版社の元に見本が印刷所から届いたらしい。つまり、完成品です。写メで見たけど、、、すごい。実際に手にしてからのお楽しみだけど、とにかくすごい本ができた。そんなことを思ってるときに名前を呼ばれたのだから、これを「何かある」と言わずしてどう言おう。結局、16名中12名が当たりまして、オレのは右端の「メダル猫」です。このメダルは「お金」らしくて、どんどん金持ちになってしまうよ~。
b0002156_22263269.jpg

 今回もお店やってたり、自営だったりの人もいて、皆さん、当たってました。実は今回、約2名ほど「きわめて不思議な男性」が参加されていました。なぜにオレのツアーにはこんなのが参加するんだ!と思うような。正直、ピストンやおっしーは超えたね。嫉妬してくれ。もう、初日の自己紹介のときから笑いが止まらないんですよ、面白すぎて。だけど、きっと世間では変人扱いなんだろうな~、そんなのが好き過ぎるオレもなんだろな。で、その二人ももちろん当選。全体も確か「持ってる人」がすべて当選してたね。当たるから運がいい、ではなく、もうすでに当たる人が決まってるんだろうなあ。だから今回はオレもそうだったってこと。来てるね、来てる。

 その後、金鱗湖の近くのそば屋でランチ。言っておきますが「湯布院=そば」では決してありませんので。湯布院にはもっとおしゃれなランチ、スイーツ、雑貨など、見るべきところがたくさんあります。それをなぜにか「そば」なのか。しかも前回に引き続き全員がそば。確かにそのそばは美味いのだけど、湯布院に来てまで、、、と思うのだけど、そこはやっぱりQ州ツアー。普通であっては楽しくないもん。そして前回と同様、オレたち16人が入るときはなぜかガラガラで全員座れる。そこで一時間ほど時間を潰すのだけど、何度も言うけど、湯布院はもっと見るとこあるからね、本来は。

 そんなわけで、湯布院もそうやって楽しみ、2時にまた出発。すっかりいい天気。もっと早く天気になれ~とはちょっと思ったけど、天気が悪かったからこそのラッキーもたくさんあったので、今回もまた最高ってこと。何よりメンバーがまた最高だったね。そして5時前に福岡空港。初日の集合場所と同じ場所で解散。やっぱ、しばらくは名残惜しいのよね。涙ぐむ人たち。だけど、今はフェイスブックもあるし、またナンボでも会えるからね。これからもヨロシク!
b0002156_22254533.jpg

 ってとこで、この後は10名で反省会。博多名物の居酒屋、そしてアイリッシュパブ。お店を出たのは1時でした。めいっぱい遊んだ。最高。明日は山笠。いい時期に来たね。ちなみに今回もいろんな「名言(キーワード)」が流行しました。めっちゃ内輪ネタだけど、整理のために羅列すると、、、赤鬼、全部マシマシ、第一チャクラ、モアイ像、照れや羞恥心、マルチチューブ、たまご、BCL霊、夢の中で作曲、文殊菩薩と雷、大学受験、スクワット、エムリタ君、宇宙、みなしご、アイスランド行こうや、、、などなど。そんなとこかな。他にもあったかな。そんなとこでして、今回もまた史上最高のツアーになりました。2014年はあと8月の河口湖と9月のアイスランドです。アイスランドはクローズですが(過去のツアー・合宿参加者限定で残り3名)、河口湖はオープンでまだまだ申込できます。本の発売までに申し込んでおいた方がいいかも(笑)

 これからもどんどんツアーや合宿はやっていきたいと思います。だって、ビリーフチェンジの最高峰だからね。ありがとうございました。

いつも応援頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング

■7月27日(日)/東京/「夢がかなうとき、『なに』が起こっているのか?」1day特別セミナー
■7月28日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(8名限定)
■8月23日(土)/東京/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション
■8月24日(日)・25日(月)/河口湖/宇宙となかよし合宿セミナー2014 in 河口湖 ~自分らしく生きるための技術~

by katamich | 2014-07-14 23:39 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン