発表!!!!!! 2014.6.25


b0002156_2321064.jpg

 本日、ついに公開することができました。ありがとうございます。タイトルは、

「夢がかなうとき、『なに』が起こっているのか?」

 このタイトルにたどりつくまで二転三転あったのですが、私的にはこれ以上ないタイトルが降ってきたと思っています。と言っても、最終的にタイトルを決めるのは編集サイドなんですが。これは出版の常識ってことで。ただ、誤解なきよう言っておきますが、本を書いたのは正真正銘の私です。もちろん字句等の修正は入りますが、あの雰囲気はオレそのもの、と思ってます。なぜこんなことを釘刺すか。それは一冊目「宇宙となかよし」と文体が違い過ぎるから~。だけど、「宇宙となかよし」もまた正真正銘で一言一句オレの文章です。きっとアマゾン等で書かれそう。

 「面白かったので、他の著書(宇宙となかよし)も読んでみたけど、あまりの文体の違いに本当に本人が書いたか疑ってしまう」などと。もう一度言うけど、正真正銘に両方とも私の文章であり、決してゴーストなどではありません。いや、言っていいのかわかりませんが、経営者など忙しい人は口述で専門ライターがまとめるなんて普通にあるんですよ。それをゴーストと言えるかどうかわかりませんが、少なくとも私のに関しては両方とも完全に私の文章です。はい。

 では、どんな本なのか。ただ今、サンマーク出版公式サイトから「サキ読み」として無料で57ページまで読めるようになっています。全体は300ページあってかなり分厚いですが、それだけ読み応えあるでしょ。プロローグとエピローグに挟まれ四章あります。300ページで四章なので、一つ一つがどれだけボリューミーなんだろう。それぞれ関連しながら、独立したテーマで書いています。「サキ読み」からは目次もすべて読めます。それぞれのテーマをあえて書くなら、「第一章:願望実現のメカニズム」、「第二章:願いの叶え方実践編」、「第三章:願いが叶わないビリーフの解除」、「第四章:さとりの世界」となるのかな。後半ほどスピリチュアルになるけど、やっぱり全体的に「精神世界」のコーナーの本だね、これは。

 ただ、「精神世界」におかれるとなると、周囲にかなり中指立ててる印象かも。その辺は一か月後、書店でご確認ください。そしてこれは「読んで納得」だけじゃなく、「体感する」ための本ですから。読むだけで感覚がゆすぶられ、そして実践したくなる。その結果、たくさんの願いが叶うって仕掛けがありますので、待ち遠しいでしょうが今しばらくお待ちくださいませ。その前に金曜日(27日)の名古屋セミナーでは本の話もたっぷりとしたいと思っています。

 と言うわけで、まずは「サキ読み」からどうぞ。ご感想も送って頂けると嬉しいです(私宛に直接ではなく、返信メールの感想フォームからお願いします)。もしかしたら、いいことあるかも。それにしても、今日もいろいろ動きがありました。発売日まで一か月弱あるのだけど、まだまだやることはあります。そうそう、今日、税理士さんとこ行って、決算書をしあげ納税もしてきました。これでスッキリと7月を迎えられます。そう言えば、7月と言えば「七夕」ですよね。新刊の表紙もそれっぽい感じなので、「七夕」の前後でまた何らかの「企画」を独自でしようかな~とか考えています。なんだか、メルヘンチックにやりたい年頃ですもん。ちびQも幼稚園の宿題で「七夕」のお願いがどうとかって言って、一つは「とっきゅうじゃとがいむになりますように(トッキュウジャーと仮面ライダーガイムになりますように)」ですが、もう一つは「おとおさんの本が売れますように」だってさ。泣かせるね。もっとも、二つ目はお母さんに書かされたようだけど。

 それにしても素晴らしい表紙だなあ。彗星でもあり、流れ星でもあり、天の川でもあり。これからの季節にピッタリじゃないですか。これ、飾ってるだけで夢が叶いそうだよ。自分の本でありながら、他人事みたいですが。もちろん表紙のデザインなんか私ができるはずなくて、専門のデザイナーさんのお仕事なんだけど、本当にピッタリの表紙です。「宇宙となかよし」の「宇宙」にもきちんとかかっていて。うん、本当に素晴らしい。感謝しかない。

 と言うわけで、これからいろいろやることがありますが、7月末に向けて完全燃焼したいと思います。それから、いくつかご連絡。8月末に「河口湖」で合宿セミナーをすると昨日アナウンスしましたが、日程が変わりました。8月24日(日)・25日(月)で完全に決定です。場所は昨年と同じ会場・ホテル。と言うのも、昨日、おさえたホテルがいろいろ融通きかなくてですね。一方、昨年のところは土日が取れないことに恐縮しきりで、じゃあ翌日はどうかと言うと、ものすごくサービスしてくれるそうで、これはここに決めなきゃ男じゃないでしょ。「土日でなければならない」ってのは、実は不合理なリミティングビリーフであって、確かに土日の方が都合いい人は多いでしょうが、月曜日に有休を取ることも可能だし、参加する人はそうしますからね。だって、Q州ツアーも沖縄ツアーも普通に平日がかぶるし、アイスランドなんて丸々9日間でしょ。それでも10名以上が参加されるんだから、「土日」への配慮って自分で思ってるほど必要ないのかもね。参加する人はする、しない人はしない、ですから。

 あと、それ以外にも今日は会場をいくつか確保。河口湖の前日8月23日土曜日は東京で「願いを叶えるビリーフチェンジ公開セッション」をします。そして7月27日日曜日も朝から夕方までのセミナー会場を押さえました。いつもの両国で50名くらいの。何するかはまだ決めてないけど、出版の直後。「出版記念講演」なるものをするかも未定だけど、すべては本の成り行きだね。27日は本に関連するセミナーになると思うけど、とりあえずまだブログ・メルマガのみの呼びかけでアットホームにやりたいね。吠えまくるとは思うけど。

 てなとこ。それにしても今日はフェイスブックの動きが激しかったなあ。友達申請もたくさん頂いたし、ついに「表紙」を公開し「いいね」をたくさんもらったと思ったら、サンマーク出版の公式FBページ等でも紹介されて、それまで私のことをまったく知らないであろう人たちから「読んでみたい!」と言われ友達申請が続く感じ。確かにサンマークFBページではあっという間に「いいね」が三ケタ、「シェア」が二ケタ。なんだろ、この反響は。だけどですね、この先、もっともっと面白いことが起こりそうだし、まだ、誰も本を読んでないわけで。全体的にかなりの「胸アツ」な内容で、もう、第四章なんて書いてるオレが泣いてしまうほど。すみません、自画自賛で。とにかく、今日はある意味、記念すべき一日となりました。明日、滝行は満行です。名古屋の資料も作らなきゃ。ではまた。ありがとうございました。

いつも応援頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング

【06月27日】第10回限界突破セミナー※ゲスト講師:石田久二氏
by katamich | 2014-06-25 23:39 | ■読書・書評