最後の夜は静かに・・・ 2014.6.17



 北海道の日の出は実に早い。今日も3時過ぎに一度目が覚めたのだけど、外はすっかり明るい。そう言えば今年の9月、アイスランドに行きます。アイスランドの夏は白夜で冬は真っ暗。9月はちょうどその中間くらいで、日本よりはまだ日照時間は長いようだ。昼間も楽しめ、そしてオーロラの可能性も高い。中途半端だけど時期的にはOCかも(※OC=美味しい・オイシイ)。で、朝から「ぬくもりカフェ」のおススメ、カレーうどんで朝食となり、私も「夢」を貼り付けてきました。なんにしよう。収入とか出版とか今さらだしなあ。最近、ずっと思ってる「夢」は何か。それはご縁ある人(特にセラピー、コーチングを受けた人)の「夢」が叶うことだなあと思い、その辺をたくしてきました。うん、確かにこれが一番嬉しいもんね。手に持つ杖で「クルリンパ!」と叶えてくれるらしい。せーちゃんとオレ。
b0002156_7303542.jpg

 今日は札幌に戻る日。天気は今一つだけども、なるべく下道を走ろう。行きと同じじゃ面白くないので、富良野にちょっと寄り道。どっかの湖。北海道は湖が多いですね。車で走ってると信号がなく、余裕で100キロ出せそうな道が続きます。安全運転でお願いします。
b0002156_7304676.jpg

 こんな感じ。途中、何度か犬、、、かと思ったら「キツネ」に遭遇しました。あの尻尾は間違いない。最初はレアな出会いだと興奮したのだけど、割と珍しくないみたいね。生キツネなんて生まれて初めて。さすがは北海道、贅沢だなあ。
b0002156_7305643.jpg

 富良野に到着。ラベンダー畑にも寄らず、何するともなしにランチ。三食丼(イクラ、鮭、イカ)だけど、めちゃくちゃ美味しいぞ。これまたさすがは北海道だなあ。
b0002156_731758.jpg

 そんなこんなで夕方には札幌に到着。順調すぎるほど順調。さて、夜は何しよう。まだ食べてないものと言えば、ジンギスカンだ。周辺をブラブラ歩いてますとカウンターばかりのお店が。店名忘れたけど、とても美味しかった。ラム肉、レバー、野菜、ビール1杯で3千円はやや高いと感じたものの、羊のレバーはかなり貴重らしく、いい体験できました。確かに羊レバーは初めての経験かも、、、と思いながら思い出した。昨年9月にアブダビに行ったとき、さっきまで生きていた子羊にかぶりついたのを。内臓だけじゃなく、脳みそとかも食べて、やっぱ申し訳ないけどあの羊を超えるものはないね。だけど、ジンギスカンは楽しめました。

 う~ん、暇になった。ジャズでも行こうかと思ったけど、やっぱローカル。スージー黒岩クラスの人がいたらいいけども、一流は都内にどうしても集まりますからね。そう言えば昔、ルクセンブルクで出会ったイトウさんっておじさん、いるかな~と思い、行きつけとされる居酒屋に電話。その方は携帯を持たずに、いつもフラフラ。今も変わってなければ、一年のうちの何か月かは日雇いの仕事して、それ以外はヨーロッパ。電話してみると、

「最近来てないんですよね~」
「そうなんですか、まだ生きてますか?」
「あ、それは大丈夫と思います。お客さんの中に最近見かけたって人がいましたから」
「そうなんですか、よかった。生きてたらまた会うこともあろうし、見つかったら私の連絡先教えてください」

と言って今日はここまで。1997年にルクセンブルクで会って、相当ご馳走になり、その数年後に博多どんたくの季節にフラッとやって来て、そこでも相当高いお料理をご馳走になり。変人だからあまり相手にされないためか、私にはすごくよくしてくれました。ま、オレも変人扱いかもしれないけどね。1997年は私は24歳、イトウさんは確か40代。ってことは今は還暦か。人生は何でもアリだね。その出会いのときの日記

【初酒浸り】
 キャンプ続きの生活から、今日は、首都のルクセンブルク市に入り、久々にユースホステルに泊まる。ルクセンブルク市は、かつての城塞都市で、城壁を取り囲むボックの砲台が名所だ。

 ユースホステルは約1,600円。キャンプ続きからすると、若干高めだが、一週間ぶりのベッドが楽しみ。チェックインするためにカウンターで並んでいると、ちょっと身なりに味のある日本人っぽいおじさんが並んでいた。チェックインをすませると、そのおじさんも同じ部屋だったことで、久々に日本語が話せる嬉しさで、「日本人ですか?」と話しかけた。思ったとおり日本人で、言葉に飢えていた俺は、会話が楽しくて仕方ないのだが、彼も俺以上に話し好きで、しばらく部屋で話し込んでいた。彼の名は伊藤さん。40代前半で独身。地元はよくわからず、北海道の居酒屋が彼の日本の連絡先になっている。半年日本で働き、残りはヨーロッパやらいろいろとうろついているそうだ。とにかく話し好き。しかし、その話は決して退屈なものではなく、非常に博学で機知に富んでおり、飽きさせない。また、美食家でもあり、酒は好きだけど安酒は飲まないという、明確なポリシーを持っている。その日は、ワインバーに誘われ飲み、ついでにレストランに誘われ、3,000円の手長海老のディッシュに、ワイン。その後も、ワイン、そしてビール。これらはすべておごり。毎日、キャンプでハンバーガーに涙する俺が、ここにきていきなりの贅沢。ものすごく酔っ払った。


【変人】 
 久々に酔いの目覚め。朝食をとりに行くと伊藤さんは既にコーヒーを飲んでいた。今日は、まち歩き。首都とは言えど、もともと国が小さいため、半日で全て見終える小ささ。午前で一通りみて、スーパーで買物。パスタを買い、ユースで料理。腹いっぱい食べる。しばらくして伊藤さんが帰って来て話す。彼はルクセンブルク語の本とか、美術の本とかいろいろ買い込んでいた。そして今日も伊藤さんのおごりで飲みに行った。宗教、美術史、音楽史、東欧社会、語学など幅広い見識を持っており、半分もまともにわからなかったが、面白かった。酒と食べ物の話は俺にもわかりもっと面白かった。伊藤さんの行動は、どんな人にでも気軽に話しかけ、好かれ、いろいろ話を聞き、メモり、世界各国に 行きつけの飲み屋をつくる。面白い人だが、日本に帰ると変人だろう。こんな「変人」と意気投合する自分のことが、さほど嫌いではない。
(7/25)

―伊藤さんの後日談―
 2004年5月現在、実は伊藤さんとはまだ付き合いが続いている。伊藤さんからは 今でも時々葉書が来る。2年前は5月のどんたくの週に福岡に遊びに来て、ここでも2人で4万円もする和食をおごってもらった。福岡にも既に何軒か行きつけをつくったようで、俺よりも詳しい。外国とまったく同じのりで、当時のことを思い出し胸が震えた。いい酒になった。その後、北海道からメロンを送ってくれ、会社のみんなで食べた。さらにこないだ、突然、電話がかかってきて、「魚」を送ってやると言ってきた。久々に聞いた声。笑った。送ってきたのは本場の「ししゃも」だった。初めて食べた。(下は伊藤さんから時々来る葉書の一枚。字小さい。)


b0002156_7293821.jpg

 と言うわけで、北海道最後の夜は静かに過ごしました。明日帰ります。ありがとうございました。

いつも応援頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング

【06月27日】第10回限界突破セミナー※ゲスト講師:石田久二氏
by katamich | 2014-06-17 23:39 | ■旅・ツアー