宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

最も効果の高いビリーフチェンジとは・・・ 2014.5.31



b0002156_23301273.jpg 今日はビリーフチェンジライブセミナーに参加してきました。全6日間の3日目ですが、今シリーズへの参加はこれで最後。明日は私用で、来月は名古屋ですから。残りはまた次の期か別の場所で参加しようと思います。これに参加する目的は師匠のセラピーを定期的に見て、学びを深めること。そして今日もいろんな気づきやリソースを頂いたと思いますが、終了後、久々に懇親会に参加しました。アルコールセラピー(通称アルセラ)と呼ばれてるのですが、棚田さんご自身もこの時間を大切にされてるとのこと。

 実は私もこれまでずっとセミナーをやってくる中で、「懇親会」を非常に重要視してきました。今日は「ビリーフチェンジ」というタイトルのセミナーですが、実は世の中のセミナー・研修の目的はすべてがビリーフチェンジです。メンタル系・スピリチュアル系のその要素は強そうですが、フィジカル系、ビジネス系も同じ。ようするに、ビリーフ(思い込み)が変われば人生は変わるわけで、例えばビジネス系セミナーだと、お金を稼ぐノウハウを学んだとしても、それによって「もっと稼げる」というビリーフにチェンジする具合です。フィジカル系にしても、ちょっとした「身体」の変化によって「心」も変わり、そして人生が変わる。ボクシングジムもそう。それまで知らなかったパンチの打ち方をマスターするだけで、「強くなった」と実感し、「ちょっとやそっとじゃ負けないぞ!」という前向きな気持ちになる。

 ですので、「学び」とはすべて「ビリーフチェンジ」が目的。ただ、その「学び」をより強化する上で、「人」の存在がものすごく関与してくる。実のところ、ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けないように、人を磨くのもまた人。人は「人」を通してしか真には変わらない。もちろん本や映画を見て変わることもあるけど、読むだけ、見るだけでは本当に変わることはない。それを実践するなり、「人の場」で揉まれて初めて「変化」を実感することができるんです。

 セミナーは確かに講師や参加者の「人」がいますが、メインは「情報」と「体感(疑似的)」。例えばセミナーやセッションで何らかの「体感」を得たとしても、本当に変わったかどうかはシャバに出て見ないとわからない。先日、アレルギー改善のセミナーに参加したのだけど、一つのワークを試すことで「想像上の花粉」に対しては改善したような気になるものの、それが本物かどうかは来年3月にならないとわからない。セミナーで営業テクニックのワークをしたところで、本当にうまく行くかどうかは実際に営業の現場に出てみないとわからない。つまり、本当の意味での学びは「グランド」にしか落ちてないのです。

 では、「懇親会」とは何か。私流に言わせると、それはセミナーの学びをより深める場。もちろん意図的にそんな仕掛けがあるわけじゃない。だけど、セミナーという一つの「共有体験」の延長上に、その体験を強化するような「交流」が行われることで、セミナーの効果が数倍になることもある。ただ、だからと言って「飲み会」だけすればいいわけじゃない。しばしば過去のセミナー参加者さんから「懇親会だけ参加していいですか?」と聞かれるのだけど、すべてご遠慮頂いています。どんなに馴染みのある方であっても、セミナーと参加者は、まさに「その時その場」でしか生じ得ない一瞬の「エネルギー」であり、そのエネルギーを共有してない人が突然その中に入ると、どうしようもない疎外感を感じるものなのです。そうなると、本人だけでなく主催者や他の参加者にも居心地が悪くなる。単純に言うと、例えばセミナー内で出た何らかの「言葉」があったとして、参加者間ではその言葉の深い意味まで共有してるのだけど、参加してなかったら、もう一度その意味を教える必要があり、そこでエネルギーの乱れが生じるのです。

 いずれにしても、セミナー&懇親会をそれこそ数百回は開催してきて、その辺の一瞬の「エネルギー」を感じる力はかなり強くなってきました。そしてその「エネルギー」の中で真のビリーフチェンジが起こったりする。その意味で言うと、私が提供してるサービスの中で最もビリーフチェンジ効果が高いのは「ツアー」なのです。しかも私は「ツアーのビリーフチェンジ効果」について意図的、確信的に取り込んでいます。もちろんすべてが心地よいとは限らない。時には自分の価値観を揺るがすような、大きな地殻変動が起こる可能性もあり、人によっては大きなストレスになる場合もある。しかし、そのようなストレスも含めてビリーフチェンジなのです。ストレスを超えると、自然とリラックスに転じ、その時、何かを悟るのです。

 「ツアー」のビリーフチェンジ効果については、実は棚田さんもすごく実感してるとのこと、確かに私の提供してるサービスについては「ツアー」のことをよく口にされてました。実際今日も「Qちゃんがやってる中で特にすごいな~と思うのはツアーだね」と言われました。ほんとにその通り。本を読む、映画を見る、話を聞く、セミナーに参加する、懇親会にも参加する、セッションを受ける、、、など「効果」にはそれぞれの段階がありますが、「ツアー」はそのすべての要素を含んでいます。見る聞く話す感じる味わう嗅ぐ触れる、、、五感から六感にかけてすべての感覚がフル動員される。そりゃ、ビリーフチェンジしないはずない。そして実際、過去の参加者を見ていて、しかもそのほとんどの人と継続的に交流が続いてるのだけど、大なり小なり、その後の変化は本当に目をみはるばかり。

 と言うわけで、話は変わりますが、6月末に名古屋に行きます。何しに行くか。7月末に出版される二冊目に関連した「動画」を撮りに行くのです。福岡や東京でなく、なぜに名古屋か。それは私のことをよく知ってる人に動画の編集までお願いできるから。つきましては、そのためのセミナーを28日の日中に開催するのですが、、、参加条件はフェイスブックの「宇宙となかよしグループ(ツアー参加者限定)」に参加してること。参加費は2,000円と超破格なのですが、それもあってか告知後数時間で20名ほどが参加表明。動画を撮るのが目的なので、本当は8名くらいでこじんまりする予定が、東京や大阪からも参加表明がありあっという間に満員となり会場を変更することに。それでも20名が限度。今回の目的としては。ただ、その前日の夜にオープンのイブニングセミナーを開催する予定ではありますが。

 と言う感じで、なんやかんやと動いてます。出版の準備も忙しい中で、来週は「Q州ツアー1」で再来週は札幌。なんとまた面白いことに、札幌セミナーとは別に急に札幌で重要な用事が出来てしまいました。いろんなタイミング、シンクロニシティが完全に「流れ」を作ってるな~と実感します。話を最初に戻しますが、棚田さんらとのアルセラ(懇親会)の後は、その中の女性二人とバーへ。オレはタクシー覚悟だね。写真の上段は一次会でなぜか棚田さんの誕生月プレゼントの手羽先と、下段はバーと思って入ったらカラオケバーだったってことで、きちんと歌ってきました。三人とも完全なる同年代でして(昭和47・48年)、ユーミンメドレーになったかと思うと、またすぐセ〇クスの話ばかりするオレたち。さらに。そこのママがどうやらスピリチュアル好きのようで、焼酎を飲みながらしばしスピリチュアル談義。でも何しゃべったか覚えてなく、お店を出たのは二時で、それからタクシーで帰宅して三時頃に寝た感じかな。まあ、すごく楽しかったからよかったのです。明日もまた楽しいことばかり。ありがとうございました。

いつも応援頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング


■6月14日(土)/札幌/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■6月15日(日)/札幌/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション
by katamich | 2014-05-31 23:39 | ■願望実現
ブログトップ | ログイン