宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

直感でセミを食う 2014.5.21

一週間の滝行を満行しました。とても気持ちの良い滝でした。次回は6月の札幌の後かな。そして今日の夜はボクシング。今日も左右のフック中心だったけど、亀の歩みで上達はしてるようです。急がず確実に。楽しいです。そして昼はまたメルマガの配信をしました。タイトルを「石田久二の『DO LISTEN! BE HAPPY!』」に変更しました。何にしようかと考えようとした瞬間、2秒で出てきました。最近はずっと「音声セミナー(無料)」が中心ですし、ようは、


「オレの話を聴いて、幸せになってくれ!」


って願いが込められたメルマガなんです。「オレの話を聴け」なんておこがましい言い方ですが、マジでそう思ってます。そして今日のテーマは「ビリチェンすれば月収100万円?」という話。しばしば、「ビリーフチェンジセラピー」を受けたら願いが叶いますか?と聞かれるのですが、答えは「YES」であると同時に「NO」でもある。一例としてビリーフチェンジによって「月収100万円」に到達しうるのか。まあ、常識的に考えたら、25,000円のセラピーを受けて、誰もが100%、「月収100万円」になるなんてことは考えられないけど、だけども、それで行く人は行きますから。例えば私とか。


ただ、音声では「クライアント次第」って話でよけるのではなく、むしろ「セラピスト次第」の方面から解説しています。「願望実現におけるビリーフチェンジセラピー」で大切なことは何か。その辺の話を中心に30分間、語り尽くしてますので、よかったらDO LISTEN!この「DO」は強調ね!


と言うわけでして、明日から出張。6時の始発に乗って福岡空港へ。7時のスターフライヤーで羽田。10時から受講するセミナーがスタートします。どんな学びがあるのかな。予想もつかないだけにワクワクしまくります。そして何度も繰り返しますが、週末は東京で「公開セッション」と「マネーセミナー」です。どちらもまだ席はありますので、ピンときたらお申込みください!


そんな風に何度も呼びかけをするってことは、集客ヤバいのかな、、、と思われるかもしれませんが、いずれも20名以上は集まってますので、この手のセミナーとしては上々かな。売上もそんなに悪くないし。ただ、やっぱりできる限り「満席(30名)」を目指したいし、一人でも多くの人に「人生の加速」を経験して欲しいとの願い!迷ってる方は、是非、「直観」を信じてください!


もしかしたら「直観」では参加したい、だけど、、、何かがブレーキをかけている、てな状況の人もいるでしょう。ハッキリ言います。その「ブレーキ」の正体は過去の「経験の蓄積」でしかありません。ブレーキってのは、決して霊的な何かではなく、過去に経験したパターンに照らし合わせて、違和感があればかかるだけのこと。例えば「エビ」は誰だって食べられますよね。では、「セミ」はいかがですか?私はエビもセミも食べたことありますが、両方美味しいです。特に「セミの幼虫」はエビ以上です。形だって似てますしね。だけども、いざ、セミの幼虫を目の前にして、「食え!」と言われてすぐに手を出せる人って決して多くはない。ほとんどは拒絶する。それは決して霊的な直感によるものではなく。単に「食べたことないから」です。ましてや虫なんて日本では一部の地方以外では食べませんものね。

b0002156_0505276.jpg
しかしいざ、「セミの幼虫」を食してみるとどうなるか。ハッキリ言って美味いです。食材です。こちらでレポートしてますが、写真がセミ幼虫の素揚げ。2012年の秋に内山先生の「バッタ会(昆虫料理を食べる会)」に参加したときのこと。それはそうと、「直観」に従って生きると人生は加速します。潜在意識のブレーキに負けることなく突き進むこと。こちらにフォームをご用意しましたので、いざ進まん!!!


■5月24日(土)/東京/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション 
■5月25日(日)/東京/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー 


てなとこで、明日は早いので短いですが今日はこの辺で。早いとこ、集客楽勝ゾーンに入りたいのだけど、そうなると今みたいに一生懸命になることなく、成長も鈍化するから、これはこれでいいのかな。そのうちにゾーンに入って次のチャレンジに向かうことになるでしょうし。それではまた明日。ちなみに明日のホテルは新大久保の「韓式旅館」のようです。だって、急だったからいいホテルがなくってね。カプセルかバカ高いか、または評価がめちゃくちゃ低いとこしかない。そう言えば、新大久保って街も初めてかも。韓国っぽいと聞くので、それはそれで楽しみたいと思います。ありがとうございました。

by katamich | 2014-05-21 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン