体軸を整えればお金持ち! 2014.5.17



b0002156_043298.jpg 今日は滝行、ボクシング、子どものプール、車検でした。昨日は宝満山に登りヘロヘロになりましたが、今日はボクシング。身体を動かすのはいいことだ。今日は「フック」を習いました。ジャブ、ストレートに続き。やってて実感するんですが、大切なのは「体軸」ですね。パンチにしてもキックにしても、それぞれは決して腕や足で出すのではなく、「体」で打つ感じ。その際、身体を前に持って行くのではなく、天地に軸を突き刺して、身体をクルクル回転させる感じ。写真は左フックですが、腕を直角に曲げて、そのまま腰を回転させて打つ。やってみるとわかるのですが、腕を振ると威力はないばかりか、スタミナも消耗します。腰を回転させて打つと、手応えはかなり抜群です。この「体軸」ってのは、ボクシングだけでなく、他の格闘技からスポーツ、そして人生全般においても重要です。
 
 セミナーではしばしば「アクティブセンタリング」なるワークをやるのですが、特に難しいことじゃなくて、ようは常に身体をブレないよう保つこと。ロバート・ディルツの「NLPコーチング」から。

自分の中心に焦点を当て内面的な一致を図ることは、スポンサーシップに欠かせない技術です。同時に、非常にリソースに満ちた状態を生み出します。たとえば武道を行う人々は、激しい戦いの真っ最中でも「中心とつながり」、冷静さを保つことの重要性をよく口にするものです。実際彼らはこんなことを言っています。「対戦相手に対している自分の中心を失えば、もうその試合には負けたも同然だ」と。自分の中心を失い、取り乱した瞬間から、人は他のリソースを失い出し、結局自分との戦いを始めてしまうのです。


 「心と身体」は同じものを別の角度から見たに過ぎない、とよく言うのですが、「身体」にブレがあったらそれはそのまま「心」にもブレをきたします。あれはもう二年前になるんでしょうか、そう、棚田克彦さんのビリーフチェンジ公開セッションに「ひやかし」で参加したのが。まさか今、こんなにディープに活動するようになるとは、あの時点ではまったく想像してませんでした。で、そのとき、運よくセッションのくじ引きに当たったのですが、テーマは「金っすね、金」。マジでこんな口調で。

 具体的には「年収2,000万円」だったのですが、当時はまだ800万円にちょっと満たないくらいだったかな。それでも良くやってるとは思ってましたが、やっぱり独立当初から掲げていた「年収2,000万円」には到達しておきたかったのです。「金っすね、金」と言ったとき、周囲はクスクス笑ってたように感じましたが、棚田氏は至ってクール。結局、セッション自体は10分ほどで終わってしまったのですが、あれからどうなったかは言うまでもない。きちんと「年収2,000万円」に到達した現実があるのですから。

 そのとき、どんなセッションだったのか。年収2,000万円に到達するために、今、何をすべきか、したいか、、、って話になったのですが、私が「○○の方向を考えている」と言った瞬間、無意識に身体がよじれたんです。その瞬間、棚田氏から「何で今、身体がよじれたんですか?」と質問されてハッとなった。そうか、これは不一致だ。「○○の方向で考えている」と言いながら、身体は、つまり「潜在意識」はそれを許可したなかった。もう、その瞬間にセッションは完結してしまい、それを感じて棚田氏も、「これで終わりますね」と言って終了。ダラダラ長引かせることもなく。

 つまり、それ以前は「体軸」がブレてたんですね。それを「気づき」によって修正することができた。もちろんこれは私の感受性もあったのでしょうが、どこかで「こんなセラピーをやってみたいな~」と思ったものです。そして今、それが現実となっています。24日(土)に開催する「願いを叶えるビリーフチェンジセラピー」は、まさに二年前の公開セッションを受け継ぐもの。もちろんいろんなバリエーションのセッションをしますが、24日に関しては面白くも「金っすね、金」をテーマとする人が8名中6名。では、その「金」に対して、私がどのようにアプローチするのかは絶対に見ものだと思います。ビリーフチェンジによって「年収2,000万円」まで到達した本人ならではの一貫性がありますから。もちろん2,000万円で終わるのではなく、まずは「年収一億円」を目指しているのですが、私自身も発展途上なだけにクライアントを導く自信もあるんです。オブザーバーはまだ受付中ですので、収入を上げたい人も、願いを叶えたい人も、よろしければお待ちしています!

 とにかく、うまく行ってる人と行ってない人の違いもまさにこれ。「体軸」がしっかりしてるかどうか。「心」がブレてたら「身体」もブレるし、「身体」がブレてたら「心」もブレる。どちらも重要ですが、私はどちらかと言うと「心」からアプローチする活動を展開しています。セラピーやコーチングによって、まずは「心」を整え、その結果として「体軸」を強化します。キネシオロジーなんかを使うとわかりやすいかも。例えば、セッションの前に「月収100万円、超えました!」と声に出してもらう。その瞬間、それ未満の人であれば身体が弱くなる。その後、セッションを受けてからもう一度同じことを言ってもらう。うまく行けば身体が強くなってて、しかも測定することができる。よし、それやろう。24日も25日も「お金」がテーマになってるので、その機会は回って来るでしょう。ちなみにお札を揃えずに財布に入れてても身体は弱くなりますから、そのデモもやってみましょう。

 そうそう、このお札のワークですが、実は以前、大阪でNLPマスタープラクティショナーを受講してるとき、順繰りでそれぞれの持ちネタを披露するワークがありまして、私はそれをやってみました。「揃えたお札は身体を強化する」ってワーク。それに感動したある受講生がいまして、それをきっかけに本格的にキネシオロジーを学び、さらに発展させて「ブレインジム」のトレーナーとして本を出版し、テレビにも出て大活躍されています。灰谷孝さんと言い、その方から、「Qさんは恩人です」と言われましたが、実はその場には面白い受講生が他にもいました。「一生お金に困らない「華僑」の思考法則」の大城太さん、「人前で話すがラクになる!5つの魔法」の金光サリィさんなど。灰谷さん、大城さん、金光さんは、そのときは誰も本を出してませんでしたが、今はめちゃくちゃに大活躍中。オレも頑張ろう。

 話を戻しますが、ボクシングを始めてみて、いろんな気づきがあるもんですね。強固な体軸からパンチを繰り出す。人生も同じ。体軸を整えれば何でもできる。なぜ思ったように収入アップしないのか。例外なく体軸が歪んでいます。もちろんいつもってことじゃなく、特に「お金」に向き合ったときに崩れるのです。と言うことは、「お金」を前にしても崩れない「体軸」を作ってしまえば、もう、思った通りに入ってくる。私自身は2~3,000万円では崩れませんが、まだ一億円では頼りない。一億円でもOKな体軸になれば、自然とそこに到達するんでしょうね。頑張ります。

 そう言えば滝行も「体軸」がすべてですね。体軸が歪んだ状態だと苦しくて出たくなるけど、逆にきちんと整っていたらこんな気持ちいいこともない。真冬であれ。明日も早朝、滝行を楽しんできたいと思います。体軸、体軸、体軸、ですね。ジャブ、ジャブ、ジャブ、ワンツー!ありがとうございました。

「勝ち」たい人はクリックを!
↓ ↓

人気blogランキング


■5月24日(土)/東京/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション

■5月25日(日)/東京/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■5月26日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション

■6月14日(土)/札幌/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■6月15日(日)/札幌/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション
by katamich | 2014-05-17 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)