宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

人生がまた変わっちまった・・・ 2014.4.13



 思えば、アンソニー・ロビンズってかつては二番目に会いたい人物でした。一番は加賀田晃先生。どっちが会いにくいかと言うと、当時はその消息すら不明だった加賀田先生。一方のアンソニーはお金を出して海外に行けば会える。それが、2007年、数々のシンクロが重なり加賀田先生と対面。一番会いたい人と会えたものだから、アンソニーに対する熱も冷めつつ、、、ってことを思い出しました。そして今回、「初来日なら『とりあえず』参加しておこう」ってノリで申し込んだのが去年の10月。そう言えばこのイベントのことを私に教えてくれた人は参加されたのかな?その時、1分で決断しました。それも二番目に高い40万円のダイヤモンド席。一番高い100万円のVIP席は受付開始15分で満席になったのだと。すごい世界だなあ。どんな人がVIPなのかなと名刺交換に行くと、まあ、うなずけること。中には明らかに異彩を放ってた年配の女性がいたのですが、その方は某マルチビジネスのトップディストリビューターだとか。なるほど。月収500万円。それを聞いて、「意外と少ないんだな」と思ってしまったオレの感覚は完全にどうにかしてるよ。

 とにかく、どのセミナーでも言われることは同じで、成功する、望ましい人生を手にする絶対のプロセスは次の三つ。

1.基準を上げる
2.決断する
3.大量行動する


 細かく言えば他にもあるのでしょうが、この三つがなくして「成功(成幸)」とかあり得ませんからね。いや、もちろん「現状」が十分に幸せならばそれで文句ありませんし、そのままの人生でまったく問題なし。だけど、私に関して言うと、やっぱり「もっともっと」楽しくなりたい。今でも十分過ぎるほど楽しいけど、せっかく3次元に産まれてきたのだから、もっともっと味わい尽くしたい。そのためにはまずは「基準を上げる」こと。確かに基準を上げるのは心地悪い、苦しい。だからこそ「(基準を上げずに)ありのまま」なんて言葉にホッとする人が多い。だけど言います。経験者が言います。

「基準を上げずして『ありのまま』とかあり得ません」

 なぜなら、赤ちゃんを見てるとわかります。好奇心に任せてどんどん突き進むでしょ。ハイハイして前に進み、立ち上がり、何度も転び、そして歩けるようになると走り、また転び、それでも走り続ける。なんて基準が高いんだろう。それをですね「転ばぬ先の杖」とか言いながら、起こってもいない「未来」の「恐怖」にばかり気を取られる。もちろんそうですよ。誰だって未来は怖いのです。だって、わからないから。それを少しでもわかろうとするのが「占い」など。だけど、占いで人生がわかることはありません。占いなんて、所詮は将来における行動指針の一つに過ぎないのですが。いや、それこそが占いの存在意義なんですけどね。

 それはともかくとして、占いに限らず、「転ばぬ先の杖」ほどクソなことわざもないね。何度も言うけど、転ばないと「感性」など磨かれませんから。そしてもう一つ。基準を上げずして磨ける感性などありません。そうやって感性・感度を磨きながら、常に今日よりも成長した明日を目指すのが、本来の「ありのまま」です。そして基準を上げれば上げるほど、自分らしくなり、そして物心ともに恵まれハッピーになるもの。ほんとですよ。中には「目標設定しても、願望実現しても、キリがない」などと言って、「悟り」なんて言葉に救われる気がする人だっている。さも、精神性が高いかのような錯覚をしながら。違いますからね。基準を上げる(高い目標・願望を持つ)のが「苦しい」って当たり前の姿でって、それをして「精神性が高い」なんて勘違いしないでくださいね、マジで。

 さっきの「キリがない」ですが、ま、その人たちは高い基準をクリアしたことなどないんですよ。だって、実際に自分の上げた基準を超えちゃうと、そこにはエクスタシーしかありませんから。ドーパミン、ドバドバです。瞑想で得られる快感もいいでしょうが、同じくらいかそれ以上に「基準を超える」ときのドーパミンの量たるや。それは目先の「苦しい」を超えたときにこそ得られる快感。だってそうでしょう。例えばダイエットで食事だけでなく運動などして身体に負荷を与えますよね。それは苦しいこと。だけども、「似非のありのまま」って言葉に騙され、それらの苦しいことを一切避けてるとどうなるか。食べたいもの食べ、まったく運動しないで寝たいだけ寝て。ぶくぶく太って病気になりますから。そっちの方が苦しいじゃん。

 お金も同じ。収入を上げるって、何もしないより苦しいですよ。仮に月収15万円だとしましょう。ちょっと地方に住んで、家賃が5万円、水道光熱費・社会保険等で2万円、食費が3万円だとして、残り5万円。それでもカツガツ。こっから、本を買って、遊んで、貯金して。そっちの方が苦しいでしょ。だけど、仮に今15万円だとしても、まずは「月収100万円」って基準を上げたら、そりゃ、一時期は苦しいでしょうよ。だけど、一度でもその基準を超えてしまうと、身体がその感覚になじみ、それが当たり前になる。するとまた次は「月収200万円」とかって基準を上げるのだけど、それでも15万円と100万円とどっちが楽しいかって。どっちが自分らしく生きられるかって。悪いけど、月収15万円とか20万円とか30万円では、何もできませんから。ただ、生きるために生きるだけ。それでは「上質」の世界を知ることなどできない。自分を成長させる機会も得られない。だから、何度も言うけど、まずは基準を上げるんです。

 そして次に「決断する」ですが、これは文字通り、決めたらすべてを断つこと。それ以外のオプションを許さないこと。ロックオンすること。私は今日、一つの決断をしました。ロックオンをしました。それは、「来年4月にゴールドコーストで開催されるアンソニー・ロビンズのDWDに参加する」こと。詳細は避けますが、DWDの費用も決して安くないし、それ以外にも旅費が必要。ただ、私にとってもっとハードルが高いのが「時間」です。いろいろ考えますよ。もしかしたら来年、3人目が産まれるかもしれない(まだ種もできてませんが)。そうなると、いろいろ大変だろうなあ、とか。仕事なんかはどうにでもなるとして。しかも、これ書いてる時点ではツレは知らない。パソコンでこれを読んで、「また~!!!」と言ってる姿が目に浮かぶ。だけども、男にはロマンが必要だし、そして成長し続けるのが重要。まだ一年先のことですが、いつかは「海外でセミナーに参加する」って目標を来年4月にクリアしたいと思います。

 え?!まんまとやられた?今回のセミナーに参加した目的は「トニーが来日するなら『とりあえず』行っておこう」ってノリだった。まあ、この手のセミナーでは必ず次の高額セミナーへの案内がある。先日の9ステップもそうだったし、今回もたくさんあった。それもわかってたし、トニーも一度見とけばいいやってノリだったからDWDとかとんでもない。だけど、やられちゃいました。来年4月に参加します。いろいろ考えました。1分で決断はできず、18時間くらいはかかったと思います。お金よりも時間云々で。だけど、もしもここで申し込んでおかなかったら、一年間悶々と過ごすんだろうな~と考えると耐えられない。お金は稼げばいい。時間は空ければいい。それも技術です。

 ってことで、いろいろ決断はあったけど、まずはDWDに参加すること。それ以外にもボクシングジムに半年分払って目標をもって取り組む。二冊目の本にいろんな方法で妥協しない。間違いなく一年後、いや半年後、三か月後にはまったく違う基準に立ってると思います。だって、今までもそうだったからね。で、決断したらあとは大量行動あるのみ。何度も言うけど、高い基準の世界って素晴らしいですよ。そしてまたまたしつこく言うけど、30代で実家暮らしとかあり得ませんからね。基準が低すぎる。それを肯定する言葉はないけど、だけどもそれで望まず慎ましくを選ぶならそれでいい。それも人生だから。だけども、オレは嫌だね。実家暮らしはともかくとして、今のような低い基準で生き続けるなんて、もうごめん。

 ってことで、言います。今回のセミナー、トニーが登場した2~3日目は「生涯最高のセミナー体験」でした。ただ、経験者が言われます。今回の二日間はまだ入り口のドアを叩いた程度だ、と。だってさあ、ごにょごにょ。。。そんな話を聞くと、やっぱりDWDに行くしかないじゃんか。ジェームスの9ステップに参加された方は口をそろえてこう言います。「あれはあれでいいんだけどね・・・」、と。多くは語りませんが、トニーに会ってしまうと、あの高揚した9ステップでさえも「あれはあれで」の扱い。これはマジです。ジェームス本人も認めてることでしょう。

 とにかくすごかった。すごすぎた。あれが世界ナンバーワンなのか。ちなみに数日前、フェイスブックで「今回のセミナーに無料で参加できます(三番目に高い席)」ってアナウンスをして、すぐに誰かがゲットしたようですが、今思うと、土日だけでも行けばいいのに、と。いや、土日だけでいい。何が言いたいかと言うと、「考える前に飛べ!」ってこと。すべてにおいて。

b0002156_8525395.jpg 思えば、先日のスカイダイビングから始まったね。もう、遠慮せずに飛ぶってことを。実際今、人間関係がまた変わろうとしています。だけど、それはそれでいい。だって、自分の一貫性の方が大切だから。ともかくも、これからもガンガンに行きます。ますますガンガンに。今回のことに関して、まだ書きたいことはたくさんあるけど、また追々ね。ちなみに写真は鳥居祐一さんと久々の再会と、隠れてますがメルマガ「平成進化論」の鮒谷さん。他にも著名な方がたくさんいて、名刺交換してビックリなんてことも連続。そんな基準の高い人がうじゃうじゃいました。前の方の席には。やっぱり世界一は見たいですもんね。とにかく、行ってよかった。間違いなく今回の体験は人生のターニングポイントになります。てなわけで、明日は一つセミナーをして、火曜日に帰ります。2月後半からの怒涛の日々を送りましたが、これからが本番。本当にオレを発揮する本番です。テンション上がってきた~!!!ありがとうございました。

いつも応援頂きありがとうございます!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月19日(土)/福岡/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション

■5月以降のセミナー・イベント
by katamich | 2014-04-13 23:39 | ■セミナー・研修・講演
ブログトップ | ログイン