幸せだなあ 2014.4.7



 昨日は3時まで作業していました。0時に「キン肉マン」の更新を読んでから、4月19日(土)の案内文の作成、10日の打合せ原稿の見直し等。久々に力尽きて寝る感覚を味わいました。そして起きたのは8時。ちびQの「お父さん、まだ寝とう」という声で目が覚めました。8時まで寝てられる環境に感謝。その後、税理士さんと決算について相談、それから滝行。昼食、という流れでした。ところで、先日、沖縄ツアーにご一緒した麻井克幸さんのブログが興味深いです。


真栄田苗さんの心得その① 
真栄田苗さんの心得その②←ちょっと不思議な話
真栄田苗さんの心得その③ 



 さすがはテープ起こしのプロ(笑)。それはさておき、苗さんと言うと、どちらかと言うとスピリチュアル系で有名な方。麻井さんはバリバリのビジネス系。だけども、スピリチュアルな影響もしっかりと受け入れる柔軟性・積極性が成功の秘訣なんだな、と思います。あえて、「スピリチュアル:ビジネス」って分類にすると、「2:8」くらいの割合かな。一方の私はその反対で「8:2」ですね。こう見えても、バリバリの「スピリチュアル系」ですからね。ただし、それはオカルトでもサイキックでもなく、文字通りのスピリチュアルって意味で。その真反対の属性を持つ二人のコラボがついに実現。14日(月)の「人生計画書作成セミナー」も残り3名です。ちなみに、参加者はかなり「濃い」です。麻井ちゃんにも言ってませんが、このブログにも登場するような名前がチラホラ。その他、台湾人の女性、セラピスト養成講座の大先輩などなど、非常にユニークな場になろうかと思います。

 で、話を戻しますが、上記の苗さんの言葉の中にこんなのがあります。


「だから小さなことの積み重ね(をすれば)が、きっとね、大きなものになった時によく目で分かるんじゃないかな。小さいんだけど、些細なんだけど、という積み重ねを幸せとして捉えることができればいいよね。」


 「幸せとは?」に対する答えの中からなんだけど、ようは、「幸せ~!!!」とかって大きな夢は目標をかかげる必要もなくて、ただ毎日、淡々と「小さなこと」を積み重ね、それを「幸せ」と感じることができればいいじゃないかって。それって、、、めちゃくちゃ共感。まあ、普段は「基準を上げろ!」とか、「ロックオンしろ!」とか、「求めて求めて求めまくれ!」って言い方しますけど、それも「成長」にとって必要なことでありながら、毎日の小さな積み重ね自体が「幸せ」だって思えることもある。

 特に子どもができてから、いつもそう思う。子どもたちの寝息を生きながら、「ああ、今日も一日、無事に過ごすことができた」って、これだけは毎日感謝して眠りにつくような習慣がある。どの親もそうかと思いますが。そして個人的なことで言うなら、「毎日ブログを書くこと」が本当に幸せ。

 同じく苗さんから言われたのだけど、「使命(ミッション)」とは「いろいろやる中」から見つかるもの。決して占い師とかに聞くのではなく、まずは「やってみる」ことから。私の場合、2004年5月に「まずは」のつもりでブログを書き始めたんだけど、今さらながら、これこそが私の「やりたいこと」であり「使命(ミッション)」につながるあり方なんだな~と思うのです。だから、毎日ブログを書いてると、とても幸せです。

 そのこと関連するのだけど、先日、大阪で個人セッションをしたとき、一時間ほどのセッションの中でいろいろワークをさせてもらう中で、「手紙を書くことが好き」という言葉が出てきました。その言葉を聞いたとき、なぜかピンときて、「よかったら、毎日、書かれてみませんか? もしかしたら、お手紙をもらって幸せになる人、もしかしたら、命を大切にする人などが出てくるかも・・・」と声をかけたら、非常に喜んで頂き、まあ、無理のない範囲で毎日書かれるとのことでセッションが終了しました。まずは私に頂けるとのことで、このようなお手紙を頂戴しました(公開了承済み)。
b0002156_2361734.jpg

 画像ではなかなか分かりにくいと思いますが、正直な話、そこまで大きな期待をすることもなく開封して手紙を開いた瞬間です。ビックリしました。

「なんて、美しい手紙なんだろう!」

 字の上手さ、文面の丁寧さもありますが、何よりも全体に漂う美しさ。フェイスブックではもう少し大きく紹介できたのですが、「いいね」もたくさん付きましたし、「もう本当に、「素晴らしい」の一言ですね。
写真なのだけど、共有した時、温かいものが湧きあがってきました(^.^)」というコメントまで頂きました。ただ、実物はもっとすごいです。この方に手紙をもらった方は、同じようなハッピーな思いをされるのだろうなあ、思うとやっぱり「使命」なのかもしれない、と。だけどまあ、何も期待せず、ただ、毎日、淡々と書く。すべては自分のため、そして誰かのために。そうやって、自分を「幸せ」にしつつ、誰かの幸せにつながる。素晴らしい人生じゃないですか。

 同じように私も、毎日、ブログを書くことが幸せです。好き勝手、言いたい放題ですが、それでも私のブログを楽しみにしてくださる方もいる。一方で嫌う人だっている。だけど、それでいい。誰にでも好かれるようなブログなど書けない。ただ、毎日、淡々と書くだけ。自分のために書く。そしてできれば、誰かのためになれば、、、とは少し思う程度。そして再び苗さんの言葉。


「幸せねぇ、、、1日無事に終われたら一番幸せかな。だから夜寝る時に、今日1日夜を迎えることができたことに感謝ですよね。1日1日を感謝することね。それが幸せかな。だからそれを大事にして1日1日を丁寧に生きていれば、感謝して翌朝を迎えられることを継続できるよね。毎日アクシデントだったら疲れると思うよ。ときどきはストレスも必要だと思うんだけど、頻繁にストレスばかり感じちゃうと、人間って枠(ストレス忍耐力はバラバラという意味)があるわけだから、その差は全部バラバラだと思うのね。その中で自分のできる範囲(ストレスの許容範囲)の中で1日を終えたら、朝昼晩もご飯も食べれてっていうことができれば一番幸せかな。私1日一食食べれたら幸せかな。」


 私も今日一日、ちゃんとご飯食べて、そしてブログも書かせてもらった。なんて幸せなんでしょう。できれば明日も書かせてください。明後日も書かせてください。一年後も書かせてください。10年後も書かせてください。そして47年後も書かせてください。そのとき、私は88歳です。そこまで毎日ブログを書かせてもらったら、それ以上の幸せはありません。それ以降は、、、わかりません。だけど、まだまだ人生の倍以上もあるので、明日も明後日も明々後日も、、、淡々と書かせてもらいます。ほんと、幸せな人生です。それではまた明日。ありがとうございました。

ランキングアップへのご協力お願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月14日(月)/東京/麻井克幸/人生計画書作成セミナー

■4月19日(土)/福岡/願いを叶えるビリーフチェンジセラピー・公開セッション
by katamich | 2014-04-07 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)