ミッションの超克 2014.3.10



b0002156_19452295.jpg 本日はダブルヘッダーでした。10時から18時まで個人セッション、同じ会場で19時から21時半までワークショップ。ワークショップは土曜日の早朝に告知した割には12名もの方に来て頂き、なかなかの盛況でした。これからも機会を見つけては、Q&Aだけの少人数のワークショップを開催したいと思っています。基本的にブログを読んで頂いている方ばかりなので、その中での疑問やさらにはスピリチュアルな話などにも展開して、私らしい濃い時間になったと思います。個人セッションもまた詳しくは書けませんが、いろんな方がいらっしゃり、いろんなアプローチで対応させて頂きました。ある男性のセッションでは、かなり激しい内容となったりもして、その辺は「9ステップ」のリソースが生かされたかな、と思います。

 夜のゲリラワークショップでは、最初は「9ステップ」の私なりのシェアから始まりました。「それはブログには書けませんよね」ってな内容にも及び、今回のワークはかなり濃密になったかな。と言いながら、少しだけ私ならでは見解に触れたいと思います。9ステップのハイライトはおそらく火渡りでもなく、板割りでもなく、矢折りでもなく、「ミッション・インストール」だと思ってる人は多いと思います。私もそう思います。つまり、人生の目的を定め、その通りに生きていくとの一貫性ある決断のこと。私はこのワークで気絶までしました。ただ、本音を言うと、気絶しながらもかなり客観視した、言い換えると、覚めた姿勢でこのワークに取り組んでいたのもまた事実。覚めているからこそ、制限を外して思いっきり取り組めたところもあるでしょう。

 ミッションの多くは、「~のため」なるスタンスとなります。日本を元気にする、人々の笑顔を増やす、子どもたちの良き未来を創造する、日本経済を活性化する、世界平和に寄与する、、、などなど。もちろんそれだけでなく、単純に「幸せになる」のようなミッションもありです。私にしても「オレを生きる」ですから、必ずしも「~のため」でないながらも、それが多いのもまた事実。

 しかし、です。セラピストとしての活動を通してみると、多くのクライアントが苦しむ原因の一つもそこにある。私たちは幼少期から、例えば「急げ」、「一生懸命やれ」、「完璧にやれ」、「我慢強くなれ」、そして「他人のためになれ」と言われ続けて大きくなりました。交流分析ではこれらを「拮抗脚本(ドライバー)」と呼ぶのですが、それが強すぎることで自分自身を不自由にしてる側面があります。つまり、「急がなければ価値がない」、「一生懸命やらなければ価値がない」、以下同文のように。私がやってるセラピーは最終的に「無条件に価値がある」という事実を気づかせること。完全なる自己承認に根差してこそ、その人の本当の人生が始まる、と考えています。そしてそれはよりよく生きる上での不可欠なこと。

 ですので、「ミッションを生きる」のは確かに素晴らしいのですが、それが「ミッションに生きなければならない!(ミッションに生きない自分は価値がない)」に転化されてしまうと、言語化したミッションそのものが自分を苦しめるようになります。そしてミッションの本質は、意図的にインストールすることではなく、自分らしい生き方を通して「与えられるもの」だと考えています。ある日突然、天啓がやってきたようにミッションが降りてくる。自分らしい生き方とは何か、私の言う「オレ」とは何か。それが一瞬のうちにわかる体験があるんです。その体験があると、一度自転車の乗り方を覚えたら一生忘れないように、もはやミッションを手放すことはあり得ず、力まず、苦しまず、ごくごく自然に「自分」を生きられるようになるのです。

 それを私は「ミッションの超克」と呼んでいます。

 ミッションに生きようとしなくても問題ない。もちろん生きても問題ない。って言うか、すでにミッションに生きてるもん。いかなる条件をも超えて。ようは「私はミッションを生きる!」ではなく、「私は生きている!」だけですべてが満たされるようになる。なので、当然のこと、自分が「やりたい」と心から思ってことはできるようになるし、そのための時間や費用も必ず手に入る。だから、楽。

 ただし、これもまた段階があります。それは次の三段階。


1.ミッションに迷う
2.ミッションに生きる
3.ミッションを超える

 
 「1.ミッションに迷う」とは、よくありがちですが、自分がどうやって生きていけばいいかわからない、なる状態。いわゆる自分探しから、自分探し以前の状態。生き方の軸が定まってないので、当然、やりたいことにも制限がかけられ、そのためのお金や時間も十分には与えられない。多くの人がこの段階。

 「2.ミッションに生きる」とは、自分の生き方に自覚があること。目の前の仕事に没頭している人、充実している人など。これがオレの生き方だと大声で叫んでいる段階。これはこれでいいけど、万一、自分の仕事が奪われ、他人から大きく批判されたりなどすると、途端に自信を喪失し、自分と言うものがわからなくなる。これまで会社や家族のために一生懸命働いてきたのだけど、リストラにあった途端にすべてが信じられなくなる、など。

 そして三つ目の「3.ミッションを超える」だけど、ミッションそのものを意識することもなく、ただ自然に自分を生きている状態。勤めていた会社をリストラにあったとしても、それで自信のアイデンティティをうしなうこともなく、常に「自分」を認め生きているので、「ま、何とかなるか」とごく自然と前向きに考え、そして何とかなってしまう。

 そして私自身はすでにこの三つ目の段階に2008年10月には到達してしまっていて、その段階から二番目を見ると、どうしても客観的に見てしまうわけ。だからこそ、自分を気絶するまで追い込めるわけで、自分のミッションがなんであろうと、オレはオレ。迷いがないものだから、自分の限界を突破することにも遠慮がない。だって、どうあっても大丈夫なんだもんね。だからこそ、「やりたい」と思ったこともすべてできるし、そのための条件も自然と整ってしまう。

 ただし、これもまた順番。仮に今、「1」の状態であるならば、「2」を経ずして「3」に到達することはできません。なぜなら「1」にとって「3」のメッセージそのものはとても危険だから。自分の生き方に迷い、仕事への充実感もない、実家暮らしで何となく生きてるだけの状態の人に対して、「どっちも素晴らしい」は成り立ちませんから。確かに表面上は「1」と「3」の違いはあまりよくわかりません。だけども、その内面、状況はまったく逆。例えて言うなら、


1.貧乏で稼ごうともしていない
2.貧乏であれお金持ちであれ、稼ごうと努力している
3.お金持ちで稼ごうとしてない



 すべての人がいずれかに当てはまると思いますが、多くは2番目でありながら、ニートやパラサイトしてる人などは1番目が多い。3番目の「お金持ちで稼ごうとしていない」はいわゆるお金がお金を呼ぶ状態で、何もせずとも一定の収入が入ってきている。そこでもし、1番目の人が3番目の人のマネをしたらどうなるか。何も動かないのは明白。だからこそ順番が大切。

 これはミッションについても同様。どう生きたらいいのかわからない人は、まずは目の前の仕事に懸命に取り組む。その中で自分の生き方を見つけ、それに没頭する。そしてある日、突然、「あ、そうか」とわかる日が来る。ミッションは見つけるものではなく、ましてやインプットするものでもなく、突然、与えられるもの。ただ、世の中には一足飛びに「3」に行く人もいるにはいる。いわゆる「天才」と呼ばれる人。どのような因果でそのような「天才」とそれ以外がわかれるかは知らないけど、スピリチュアルな観点からすると、おそらくは魂の成長の度合いなんでしょうか。「天才」と呼ばれる人は、それ以外の人たちと比べて魂が極めて高い位置にある。一方でそれ以外の人は、魂の成長がまだ途上であるため、この世でしっかりと修行をする必要がある。そして今生において真の「ミッション」が与えられる日を待つしかない。そしてその「ミッション」とは、、、まさに「自分」を生きること。

 と言うわけで、そんな話をしながらも、次々と9ステップについてのシェアをしながら、後半は純粋なQ&A。秘伝、ハイヤーセルフ、目標達成の順番、などなど、、、もう覚えてないけど、かなりの情報を提供したと思います。喉の調子は完璧ではないものの、なんとかセッションとセミナーを終えることができました。やれやれ。

 ってことで、9ステップも無事に参加でき、半年前に申し込んだのもしっかりと着地しました。私にとって、もはや「予定が立たない」はあり得なくて、少なくとも半年とか一年のスケジュールについてはすべて完璧に進むわけですね。来週の沖縄ツアーも、日程を決めたのは昨年の11月。苗さんはじめ、各方面との連絡もすべて完璧につき、今のところ本島・宮古島ともに天気はよさそう。完璧な流れですね。そして来月はアンソニー・ロビンズ。それ以降は細かくは決まっていないけど、出版を中心にどんどん動きそうな感じですね。そうそう、4月19日は福岡でグループセッションをします。最近は東京や大阪でやってないので、近々やろうかな、とも思っています。そんなとこで、明日、福岡に帰り、木曜からまた沖縄です。ではまた。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■3月14日(金)/沖縄/「人生脚本」をぶち破れ!新たな人生に向けた決断セミナー

■3月29日(土)/大阪/90日で願いを叶える「引き寄せの法則」実践セミナー
Commented by Chikahana at 2014-03-13 16:41 x
10日夜のゲリラセミナーに参加した者です。
セミナーは初めてでしたが、とても濃い内容で思い切って参加して良かったです。お話も分かりやすくて「なるほど!」と思うところがいろいろありました。
教えていただいた「秘伝」をその日の夜からやっています。嬉しいご報告ができたらいいなと思っています。これからもブログを楽しみにしております。
Commented by katamich at 2014-03-14 08:27
■Chikahanaさん!
ぜひ、ご報告お待ちしています!まずは続けること。先日もそうだったように、あれだけのことが続かないのは、まさに潜在意識の力ですもんね。
by katamich | 2014-03-10 23:39 | ■人生哲学 | Comments(2)