宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

幻惑のフィリピン五日目! 2014.2.28



 今日で2月も最終日なんですね。フィリピンに来ようとは、1か月前の段階では思いもしなかったのが、こうやって来ちゃってるのが不思議。人生ってこんなもんですね。一秒先のことがわからない。明日のことも、1か月後のことも、ましてや一年後なんてね。今日はパラワンからマニラに戻ります。

 沖縄の離島みたいな雰囲気があるなあ、ここは。早いですがチェックインを済ませ、あとは乗るだけ。旅行時は常に早めにが鉄則。そして、冒険をしないこと。これもマイルールです。知らない人に勧められたお茶なども、普通は手を付けません。薬が盛られてるなんて100に1つもないだろうけど、ルートの徹底こそが旅を楽しむ基本的な秘訣。人生もそうだけど、適度に臆病なくらいがちょうどいい。臆病だからこそ大胆にもなれるわけ。

 ところで、昨日、歩きながら考えていたこと。それは、次はどこに行こうか。私が産まれた時代はまだ海外旅行なんて一生に一回行くかどうかだった。それがプラザ合意くらいから海外も決して特別じゃなくなり、誰でも行けるようになった。ただ、社会人になるとそうも言ってられない。お金はともかく時間の制約で。幸い私はその辺の制約はゆるいものの、子どもも小さいし、そんな好き勝手もできない。仕事だってあるしね。だけど、これからは決めた。今の時期の花粉の季節はアジア、夏はヨーロッパに行きます。今年もアイスランドの予定ですが、そろそろ最終的な決を取りたいと思ってます。どっちにしても、夏はどっか行きますが。ひとりであっても。

 で、何が言いたいのかというと、ようは「歩きながら出てくる思考」が現実になりやすいってこと。歩くと身体をフル動員します。身体は潜在意識なので、歩きながら出てくる思考は潜在意識に割と直結している。なので、その時に無意識に考えてることに注意。その点、私はポジティブが9割くらいあるので、そりゃ願望実現するよなって。次どこ行こう、だけでなく、どんな本書こう、どんなセミナーしよう、どんな企画立ち上げよう、子どもたちが大きくなったらどうなるかなあ、50歳のオレってどこまですごくなってるんだろう、いや、来年の今頃はどうなってるだろう、とか文字通りワクワクしてるんですよ。ワクワクしようと思わなくても、勝手にワクワクしてしまう。ヤバイね、マジで。

 だけどこのワクワクも海外にいるからってもの大きいだろうね。だって、こんないい天気で、空気もよくて、いい匂いのする場所でワクワクするなってのが難しいでしょ。ただ、それなら別に海外でなくとも沖縄でもいい。3月は本島と宮古島に行くのでまた楽しみですね。とにかく、こうやってワクワクしながらこれからのことを考える。これは仕事や人生にも直結してます。だからこそ、こうやって年に2回は外に出るのが大切なんです。特に私にとっては。

 フィリピンはまだマニラで一泊があるけど、ほんと、楽しかった。また来たいかと言うと、もちろんまた来たい。だけど限られた旅行機会は別のどこかに充てたいのも正直なとこ。アジアはバングラデシュとブルネイが残ってます。来年はバンコク経由カルカッタ往復を買って、陸路でバングラデシュに行こうかな、と思ってます。人生初インドがカルカッタ。あの衝撃も今ならどう感じるか、とかね。ヨーロッパはまだたくさんあるし、南米、アフリカは完全に未踏。

 まだまだ行くとこ、そしてやることがたくさん。人生、長いようで決してそんなことない。とにかく、やってやってやり尽くす!Hじゃなくてやりまくる!3月はまた楽しいイベントが目白押し。4月からどうやって生きていこうか、とか思うけど、また新たに楽しいことを創っていくんでしょう。ああ、楽しすぎる。感謝しかありません!

 ってことで、搭乗です。
b0002156_905538.jpg

 飛行機の窓から、パラワン島の周辺の小島。行ったとこかな?
b0002156_905759.jpg

 マニラに戻りました。離島を離れるといつも思う。楽園だったなあって。空港からのタクシーも二回目になると慣れたもので、すぐにホテルにチェックイン。最終日はいわゆる五つ星ホテルですが、部屋は2時からなので荷物を預けてメシへ。ファーストフードでいいのかな、ここは。途上国は一般的にファーストフードの方が値段は高いけど清潔な環境。

 最後のランチはチキンと米とビール。米は半分以上残します。こっちの人はとにかく米をよく食うなあ。って言うか、食のレパートリーってめちゃくちゃ少ない? たまたまかわからんけど、わずかな滞在に同じようなのばかり食ってたで。味付けも同じ。正直、こっちの食事は太ると思います。それは中年以降に顕著。昨日のツアーバスで隣に座った男性も異様に太ってたし、痩せてる人は少ない。おそらく大量の米食がそうさせるのだろう。

 それに比べると、日本の食事はヘルシーだし、レパートリーも以上に多い。ありがたい話です。やっぱ、住むのは日本しかないね。まあ、こう言っちゃなんだけど、フィリピンは楽しかったけど、お腹いっぱいかな。もっと深く入り込めば違うのだろうけど、フィリピン女性にもさほど魅力を感じないし、おっしーが連れてきた女の子たちも子どもに見えて仕方なかった。セックスアピールも限りなくゼロ。もっと住めばハマりますよ、と言われるかもしれんけど、ハマってもね。ラーメン二郎と同様、深めればハマるのだろうけど、世の中にはもっと費やすべきエネルギーがあるわけで。
b0002156_905862.jpg

 ホテルに戻りました。部屋に入れるのは2時からだけど、ウロウロするのも疲れるのでロビーのカフェで時間つぶしましょう。
b0002156_9105.jpg

 部屋に入りました。これで一部屋一万円です。が、何人で泊まっても同じ値段。今回は治安の悪いマニラってことで、安宿はあえて避けたけど、まあ、いろんな選択肢があるのはいいことだよね。もしカルカッタに行ったら、サダルストリートのパラゴンとオベロイの両方に泊まってみたいしね。今晩もおっしーとメシの予定。ぶっちゃけ、女の子と一緒にだとたかられるだけでだし、まあほどほどがいいよね。それでも、おっしーのおかげで理想的な異文化体験ができたのは、ほんとに貴重でした。今から街歩きでも行ってきます!
b0002156_91160.jpg

 やたらと見かける「ジョリビー」なるファーストフード。マクドナルドを抜いてシェアナンバーワンとか。地元企業が頑張ってます。基本はハンバーガー系なんでしょうが、他にもいろいろあります。私のポリシーは「日本で食べられないもの」、「一番不味そうなの」、「ありえないもの」を基準に注文。見た通りのソフト麺パスタ100円だけど、ソースが劇甘。見事に期待に応えてくれて不味かったです。
b0002156_91386.jpg

 庶民のバザールが連なっています。高架下まで伸びてます。
b0002156_91555.jpg

 上から見るとなんだかね、危険そうな雰囲気もあるんだけど、まだまだ至って健全で安全。スリには気を付けなければいけませんが。
b0002156_91854.jpg

 こういうのは躊躇しながら食います。腹壊すのもまた経験。何の肉かわかりませんが、一本10円。当然、美味くはないですよ。
b0002156_911530.jpg

 メトロがあったので乗ります。メトロって言い方でいいのかな。ガイドブックもありませんが、スマホを片手にどこまで行こうか。エルミタって地区に「城塞」らしきのがあったので、そっちに向かいます。
b0002156_911761.jpg

 こっちは日本以上に女性車両が明確です。初めての公共交通機関でしたが(タクシー以外)、いたって普通。
b0002156_911963.jpg

 着きましたので、さっそく城塞に向かいます。上で子どもたちが手を振ってます。
b0002156_912249.jpg

 ハロー!5ペソ!う~ん、興ざめ。だけど、下にいたらあげてたかもね。
b0002156_912710.jpg

 そうか、、、フィリピンってアメリカの植民地だったんだ。その前はスペイン。新市街地と離島しか言ってないので気づかなった。やっぱりですね、こういうとこは行くべきなんです。フィラデルフィアのストリートの雰囲気もあり、歴史を感じさせます。ストリートの名前もサンフランシスコとかって、もろにアメリカ。アメリカはアメリカでニューヨークなんかはオランダの地名があったりするし、歴史や地理を知ったうえで旅すると楽しさ倍増です。来てよかった。
b0002156_91318.jpg

 ここらはモロにアジアって感じですが、ほんと欧米とアジアが混ざってます。歩いてて、楽しい。できればパブとかにも入ってみたかったなあ。あいにくと時間が。
b0002156_91338.jpg

 やはりキリスト教国だけに、教会でしょ。初めて日本人の観光客グループをここで見ました。
b0002156_91357.jpg

 知らなかったけど、ここはマニラ一の歴史地区であり観光地なんだって。
b0002156_913662.jpg

 ふむ。
b0002156_913917.jpg

 うん。
b0002156_914113.jpg

 城塞を出て歩きます。一応ホテルに向かってるのですが、疲れるまで歩きましょう。マニラ思ったより面白いぞ。もっとも、一回でいいでしょうが。
b0002156_914290.jpg

 夕日。ここも知らなかったけど、観光地らしい。
b0002156_914471.jpg

 固いマンゴー。30ペソって言われたけど、25しかなかった。それでいいよ、と言われたけど、普通にボラれたね、これは。別の店では15ペソでした。ま、いいか。写真撮らせてくれたし。この後、さすがにホテルまでは歩かず、再びメトロに乗って帰ります。もう慣れました。
b0002156_914666.jpg

 そして最後の晩餐。おっしーと韓国料理。キムチたくさん出てくるのは本場スタイルだね。
b0002156_914899.jpg

 豚バラ、餃子?などが入った鍋。フィリピンは辛い食べ物が意外とないので、すごく美味しかった。他にはカルビ、豚バラなどを食べました。ビールも。おいしいです。
b0002156_915088.jpg

 この後は、、、マッサージへ。もちろん健全なのですよ。全身オイルで60分。正直、痛かった。だけど、これもいい経験です。おっしーはまだ別の店に行きたそうだったけど、、、私は明日も早いし、余計な冒険して怪我してもアホらしいし。昨日のブログにおっしーが「41歳の春を異国の洞窟探検で迎えられるとは、やっぱり男の人生は冒険なんだってことですね♪」ってコメント頂いてまして、確かにそうだ。オレの人生は冒険だ。だけど、冒険には臆病もセットで初めて成り立つもの。今回の旅の総括は明日のブログでするとして、今日は早めに宿に戻って、シャワー浴びて、露天で買ったマンゴーにかぶりついて、早いとこ寝るとしました。ついに明日帰国。十分に満喫できたけど、ちょっとまだ寂しい気もする。だけど、その辺のバランスがいいんでしょうね。おっしーとは沖縄でも会うし、楽しみだ。それではまた明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2014-02-28 23:39 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン