「離島」と「ッ」と「炭水化物」の話 2014.2.18



 健康診断に行ってきました。今までは国民健康保険だったので、自治体の健康センターでの健診だったけど、今回は会社の保険。自治体のは単純に流れ作業だったけど、今回のは着替えもあって、一人ひとりきちんと付いてくれる、グレードの高い健診になりました。やっぱ、上がっていかないとね。ちなみに昨日は張り切って夕方4時にパンを食べてから何も飲まず食わずで9時からの健診に突入。夜中に口が渇いて何度も目が覚める。ああ、水が飲みたい。けど我慢。胃がん検診ではバリウム飲んで宇宙遊泳したのだけど、これだけ医学が発達しても、胃の検査はアナログだなあ。レントゲンみたいに一発でできればいいのにね。だけどまあ、これぞ健診の醍醐味かな。空腹でバリウム飲んで、昼からは気分の悪さやら眠さやらでグダグダしてました。本読んだり昼寝したり。フリーランス、万歳!

 ちょっと告知予定。3月12日の夜に東京でミニセミナーします。テーマは「お金とスピリチュアル」って感じでいいかな。20名限定。2週間後だけど、2~3日以内には案内開始します。気軽に楽しく密にやる予定。今のところそれだけ。そして沖縄ツアーの専用掲示板の案内もスタート。これは参加者限定のだけど。で、早くも参加者さんの書き込み見てピンときた。脈絡はないのだけど、「沖縄の離島、全部行こう!」って。40代で100か国行くって決めたけど、同じように沖縄の離島もすべて行きます。で、見ると無人島も合わせて56もあるのか。ざっと数えて20しか行ってないぞ。小さい島はどうしようか迷うけど、まずは伊江島、伊是名島、久米島、南大東島、北大東島、大神島、多良間島、黒島、小浜島、西表島、波照間島、与那国島には行きたいぞ。

b0002156_1454131.jpg それから謎の島、新○島にも行きたいぞ。その島は離れてるから、別名、パ○○とも呼ばれてるそうで、その存在を知ったのは1997年のブダペストの安宿でのこと。教えてくれた旅人は離島マニアを名乗るほど詳しくて、特にこの島のことは熱く語られてた。人口3人、交通手段なし、だけど数年に一回のお祭りには、島の親族や関係者が400人くらい訪れるとのこと。観光客、部外者は一切立ち入り禁止。秘祭中の秘祭だそうで、島の人もその祭りの話は一切したらダメだとか。警察も立ち入れない。祭りの内容を知る人は全国でその400人くらい。噂によると、一度、カメラを持ったジャーナリストがその祭りに潜入したのだけど、なぜだか消息不明になったとか。普段は行こうと思えば行けなくもないそうだけど、当然、島内はガイドが必要。立ち入っては行けない場所が至るところにあり、間違えて入ってしまったら神隠しにあうとかどうとか。写真撮影禁止の場所も。いつか行ってみよう。

 そして今度行く久高島も、そこに負けず劣らず神秘的な島。12年の一度のイザイホーは今年がその年なんだけど、おそらく中止になるのかな。そして立入厳禁な場所が至るところにあり、できればガイドが必要。今年も真栄田苗さんにお願いすることができましたが、苗さん自体が強力なパワースポットでもあり、神秘そのものだもんね。私自身も苗さんに会うたびに霊的な成長を遂げ、特に今年は出版もあるので、どうしても会っておきたいわけで。中でも有名な立入厳禁場所にフボー御嶽があります。それにまつわる恐ろしい話がたくさんあって、やはり書かないでおきましょう。世の中には本当に不思議なことがあるもんだ。

 で、久高島の後はオプションで宮古島に行き、これまた神秘の島、大神島に行くのだけど、ここもやはりガイドが必要。何があるのかな。とにかく今年もまたハンパないツアーになりそう。メンバーも面白くて、ハッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッピー!!!!!とか言う人もいる。いいね。ちなみにそれはオレが言い出したと思われがちだけど、オリジナルは加賀田晃先生だから。加賀田先生はパピプペポの前に必ず「ッ」でタメを作るんだけど、ハッッッッピーも連発するからね。「プロ」って言うのも、「ッップ~ロ~」だもん。どこまでやねん。あとは、「百パーセント」を「ヒャクッッッパー」とか。これは最近、オレも連発するけどね。とにかく、ミソはパピプペポの前の「ッ」ですから。ッッパン!ッッパンツ!ッッピース!ッッパイナップル!ッッペペローション!とか、オレも言いまくろっと!

 沖縄の話はさておき、そうそう、また話変わるけど、やっぱり「炭水化物」は採った方がいいみたい。確かに炭水化物をカットすると、面白いように体重が減るのだけど、当然、ある一定からは減りがなくなってくる。そこで年末くらいから、炭水化物は三日に一食とかやってたら、どうなったか。体重はほとんど減らないばかりか、何となく気分が乗らない。実を言うと、フィリピン(どこか外国)に行きたいと思ったのも、これが原因かも。1月の21日滝行では、それこそ極端に炭水化物をカットしていて、一週間に2~3食にチャレンジとかしてた。すると、体調がいいのかどうかもわからないし、肝心の体重の減りもさほどでない。そして人生初のインフルエンザにまで罹ってしまった。なんだろうな~と思いながら、この記事を読んで納得。

 引用すると、炭水化物をカットし過ぎると、例えば心筋梗塞、脳卒中、肝機能低下のリスクが高まるばかりでなく、実感として「脳が栄養不足となるので、ボーッと したり集中力が続かなくなる」、「無気力になったり、疲労感がでる」はすごく心当たりがある。この状態を「スランプ」と称し、どうも脳からドーパミンやセロトニンの分泌が低下してるようなので、魂に栄養を与えるべく「海外に行かせてください!」とツレにお願いしたのがフィリピンのきっかけ。あまりに急な決定だったしね。

 で、この2~3日、朝はフルーツ、夜は原則として米抜きにしてるのだけど、昼はご飯、パン、麺類などしっかり炭水化物を採るように切り替えました。身体は正直だ。やっぱ、テンションが上がるんですよ。カットしてるときよりも。当たり前の話だけど、三大栄養素の一つである炭水化物はとても重要。もちろん採り過ぎは良くないけども、採らなさ過ぎもダメダメ。実際、炭水化物をカットしていたら、無性に食べたくなるときもあって、それを我慢して、そしてイライラしてたのも事実。やっぱ、ご飯は大事なんです。主食には意味があるんです。だって、エネルギーですから、炭水化物をカットしていたら、本当に電池が切れたようになってしまう。やってみるもんだけど、やって身体から理解しました。

 と言うわけで、あくまで採り過ぎには注意だけど、炭水化物ものは毎日食べるようにします。ダイエットについては、運動やロングブレスを取り入れ、何ごとも偏らないやり方が大切ってことですね。今日は「離島」と「ッ」と「炭水化物」の話でした。また明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■3月10日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション

■3月14日(金)/沖縄/「人生脚本」をぶち破れ!新たな人生に向けた決断セミナー

■3月29日(土)/大阪/90日で願いを叶える「引き寄せの法則」実践セミナー(近日受付)

■3月30日(日)/大阪/ビリーフチェンジ個人セッション
by katamich | 2014-02-18 23:39 | ■旅・ツアー | Comments(0)